カテゴリー別アーカイブ: 宗教

信仰と宗教

信仰と宗教 | カレスティア

ハナミズキ

信仰を持つことは、とても大切だと私は思います。
しかし、信仰と宗教は別であり、似て非なるものだとも考えています。

今日は、「信仰とはなにか、宗教とはなにか」について、私論を書こうと思います。

まず信仰ですが、これについては「○○は○○」という決まりは一切ないと思います。Aさんがもっている信仰とBさんがもっている信仰は全く違っていて良いと思います。

では、私がもっている信仰について、いくつかをとりあげて簡潔に説明します。
・「人は生かされている」ということをいつも感じつつ、感謝と謙虚でいること
・「自分はやるべきことがあって、この世に来た」ということを念頭に置き、そのための人生を送ること
・「人(他人と家族)のためになること」を日々行う
・そして「愛に生きる」ことを目指すこと
です。他にもいくつかありますが、省略しました。

「誰に生かされているのか」つまり、神とは何であるかを知りたいと渇望していた時期もありますが、必ずしもそれは必要ではなく、単なる知識の欲求でしかないと今は自粛しています。

信仰とは何かを、より普遍性のある言い方に変えるなら「自分の中に、人生を賭(と)するルールを作り、それを守り、さらなる高みを目指すこと」と表現してもよいかもしれません。

そういった「信仰」に対し、「宗教とは、安易な答えを授けてくれるところ」だと私は考えています。

宗教は
「神は○○です」とはっきり答えてくれます。
「○○を守っていきましょう」「○○をしてはいけません」といった戒律とタブーもあって、ルールを提供してくれます。
そして、「神に祈りましょう。そうすれば、救われます」と、いとも簡単に救済までしてくれます。

しかし、それって本当なのでしょうか。

神様って、宗教の数と同じくらいたくさんいるのでしょうか?

戒律やタブーは本当に神が言ったことなのでしょうか?
宗教の幹部が言い出したことに過ぎないのではないでしょうか。宗教が誕生した初期の頃と現在では戒律が変化している、なんてこともよくあります。

祈っているだけで救われるのなら、この世に悲しみも、苦しも、痛みも、もうとっくの昔になくなっているはずです。

私が考えるに「宗教は初心者向け」なのだと思うのです。

戒律やタブーが存在しないと何をしでかすかわからない人たちや、何かにすがって生きたい人たちにとって、宗教は一定の役割を果たしています。

しかし、初心者向けの教えに、いつまでもしがみついているのは考えものです。

集会に足しげく通って、教典を朗読し、歌を歌って、指導者の説教を聞く、これらをどんなに繰り返しても、救われない自分がいて、信者同士も愛でつながっていなくて、もやもやしたものを感じている。

もしそう感じているのだとしたら、あなたは宗教から卒業の時が来たサインかもしれません。

魂が成長したら、入門書は捨てて、次のステップに移ってみてはいかがでしょうか。

家族が宗教にどっぷり浸かっていて、大変な思いをしている。
そういったときはスピリチュアルカウンセリング で指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
宗教の功罪
宗教の呪縛(じゅばく)
裁かれない

宗教人間

宗教人間 | カレスティア

今日はクリスマスです。
イエス様の生誕をお祝いして、聖なる一日を穏やかに過ごしたいですね。

ところで、街の装飾を見ていると、「Christmas」の文字が書かれていないことが多々あり、「Merry holiday」や「Happy holiday」だったりします。
一体誰に忖度(そんたく)しているのでしょうか。ちょっとやり過ぎな気がします。

さて今日は、自分が正しいと思って、人を批判したり、相手を変えようとしているあいだはうまくいかない、という話について書きます。

私を含めて、誰でもそうですが、どうしても人を批判的な目で見るクセがついています。
「なんであんなことするんだろう」「普通やらないよね」「常識ないんじゃない」と、ついつい心の中で思ってしまいます。

これは自分の中にある尺度を持っていて、その尺度が本当に正しいのかどうかの真偽も検証せず、ありとあらゆることを測り、間尺に合えば肯定、合わなければ批判するというものです。

このことを私の師である山本貞彰氏は「宗教人間」と表現していました。

宗教や宗派によってそれぞれに教えがあり、それを牧師や指導者から、徹底的に教え込まれます。そして、その教えに反するものや、そぐわないものは悪である、異端であるとします。

古代から現代に至るまで、あらゆる戦争や紛争、テロの根っこにあるのは、自分たちの神の教えにそぐわない異教徒を粉砕し、彼らを神の教えに改心し、救済しようというエゴです。

しかし、みんなが信じている神の教えは、本当に神が言ったことなのでしょうか。
もしかしたら、のちの教団や指導者が勝手に解釈して、つけ加えたことかもしれません。
そういった真偽を問うことなく、盲信してしまっているのは信者自身の怠慢です。

信仰を生活の基本においている人たちが陥りやすいワナは、自分と違う考え方をしている人たちを受け入れることができない、つまり「多様性」の存在を受け入れられないということです。
・・・「Christmas」の文字がないのは最近増えてきた仏教、キリスト教以外の人たちを配慮してのことかもしれませんね。わたしこそ、自分の尺度を振り回していました。

宗教だけではありません。私たちのいざこざの多くは、この「宗教人間」的考え方が起因となっていることが多くあります。

自分の尺度は、自分の家庭でつちかった普遍性のないものかもしれません。または、自分が体験してきた、ほんのわずかな経験値から築いたものかもしれません。

これからの年末年始、親戚や義父母、義家族と接する機会も多くあります。
おやっと思う行動を見ても、「ふう〜ん」と見るだけに留めることを心がけてください。たとえ心の中であっても批判は禁物です。
批判する気持ちが湧いてきたら、「そういうこともあるのかもね」と、無条件に受け入れてしまうことです。

たったこれだけで、人間関係を随分と変えることができるようになります。

これは決して生きる上での知恵ではありません。
人それぞれ尺度を持って生きているということ。その尺度は自分とは違うということ。そして自分の尺度も随分と脆弱であるということを知って、他人を肯定的に受け入れることが大切なのです。



「人間関係がうまくいかない」
それにはきっと、理由があるはずです。スピリチュアルカウンセリング で、あなたが気づいていない原因を知り、それを取り除く努力をしてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。


こちらの記事もよく読まれています
自分は正しい「宗教の功罪」

法要

法要 | カレスティア

カリンの実

今回は仏教に焦点を当てて書きますが、神道やキリスト教、その他の宗教にも当てはまる点が多いと思いますので、置き換えてお読みいただければと思います。

ご家族が他界されたあと、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌・・・と法要が続きますが、スピリットは、法要をどのようにとらえているのでしょうか。

これはスピリットの生前の宗教観と密接に関係があります。

まず生前、お寺で開かれる講や法話に足しげく通い、お仏壇の前でお経を唱えていたような方であったのなら、ぜひとも回忌ごとに法要をしてあげてください。僧侶がお経をあげ、家族が法要を催してくれることに感謝と満足感で満たされるでしょう。

あまり熱心な信者でなかったり、むしろ無宗教に近い感じの方だったのなら、回忌にとらわれることなく、他界した日、誕生日といった、そのスピリットの記念日に、数年ごとに偲ぶ会をしてみてはいかがでしょうか。
場所は必ずしもお寺である必要はなく、レストラン、ご自宅、どこでもいいでしょう。縁のある方々が集まり、スピリットにまつわる思い出を語り合ってください。スピリットは、自分のために集まってくれ、自分を思い出してくれることに喜び、感謝します。

法要にせよ、偲ぶ会にせよ、皆さんが会食でワイワイとしているときに、スピリットが楽しそうに、みんなの話の輪に加わり、次のテーブルへと移動していく姿をよく見かけます。そんな時のスピリットの表情は笑顔にあふれ、本当に楽しそうにしています。

「法要なんてナンセンス」といわずに、都合がつくのであれば、法要、または偲ぶ会をしてあげてください。スピリットはきっと喜びますよ。

「今の自分は、人生の目標にかなった生き方をしているのだろうか?」
そんな疑問を感じたときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ