カテゴリー別アーカイブ: 自殺

自殺を考えたら

ウメの花

春は着実に近づいています

私たちは生きている限り、苦しいことが起こります。辛く悲しい時もあります。全ての望みが失われるような激しいむなしさに襲われる時もあります。そういった時、思わず「死んでしまえばどんなに楽か」という思いが脳裏によぎります。

今日は、絶望の真っ只中で、どうすれば自殺という最悪の選択をせずにすむのかについて書きます。

まず最初にお伝えしたいのは、どんな苦しい状況であったとしても、それは因果律によって起きているということ。自分がしてきたことの結果が、今の苦しい立場をまねいているのです。いいかえると、苦境は自分の間違いに気がつくチャンスでもあるのです。
しかし、本当に苦しい時は、そんなことを考える余裕ありません。因果律について考えるのは、ひと段落してからにしましょう。

では、苦しい時にどうしたら良いのでしょうか。
それは「考えることを一切やめてしまう」ことです。

みなさんも経験があると思いますが、絶望した時には、頭の中が真っ白になります。これはパニックにおちいっている証拠です。

そのパニックを過ぎると今度は、何をしてもダメだ、生きる気力が湧かないといった、むなしさに襲われます。実はこのむなしさに襲われている時がもっとも危険なのです。この時期にどう過ごすかが、自殺からのがれられるかが、かかっているのです。

むなしさや絶望を感じている時に最もしてはいけないことは、善後策を考えたり、融資先を探すなど、「思考と行動すること」です。

考えるな、とはいっても、そんな気持ちにはならないと思います。
たとえば、会社に損害を与えるようなことをしてしまったり、自分の会社が倒産しそうだったり、借金が返せなくなったり、大好きな人から別れたいと言われてしまったら、何かをしなくてはいけない、そして一刻の猶予もないと考えることでしょう。

しかし、実際は思っている以上に猶予はあるのです。

会社に損害を与えてしまった場合なら、上司に叱られ、職場の仲間に頭を下げ、賠償または懲罰の判断がくだるまで、かなり時間があります。どんなに早くても一週間はかかります。1ヶ月近くかかることも珍しくはありません。

会社が2回目の不渡りを出してしまった。倒産してしまう!という状況になったとしても、猶予はあるのです。
会社は2回目の不渡りを出しても倒産しません。銀行取引が停止するだけです。銀行取引が停止されると、取引業者が用心をして、かけで商品を仕入れることができなくなります。しかし、現金でなら仕入れられます。つまり、うまくやれば復興の可能性があるのです。もし、倒産するとしても、銀行取引停止から実際の倒産まで、どんなに早くても3ヶ月はかかるものです。

借金の返済も時間はあります。返済日に口座から引き落とせなくても、再引き落としは翌月です。事情をちゃんと説明すれば、3ヶ月くらいは信販会社も貸し付けた銀行も待ってくれます。

恋人から別れようと言われても、言われたその日からすぐに音信不通になることはまずありません。話をしたり、Lineをしたりといった猶予が数日、場合によっては1ヶ月くらいはあるものです。

では、考えることを一切やめて、どうしたら良いのでしょうか。

次にやるべきことは、妻や夫といったパートナー、子供がいる人でしたら子供たちといった大切な家族と実際に顔を合わせることです。そして、できれば抱きしめることです。
結婚していない人でしたら、両親のもとを訪ねてください。そして両親が心配そうに覗き込んでくる顔を目の当たりにしてください。

自分は一人ではないということがわかると思います。自分は家族に支えてもらっているという事実を改めて知ることができるでしょう。

家族との絆を体験できたら、次にやることは、今起きている問題と家族のどちらが重要かを考えるのです。

たとえどんなに深刻な失敗であっても、会社が倒産しそうでも、恋人と別れることになったとしても、パートナーや子供、親よりも大切ということはないはずです。
自分には本当に大切なものがあるということを改めて知ってほしいのです。

ここまでできたらもう、心に余裕が生まれてきます。

大切な人たちと共に生きることを第一として、今起きている問題をどうやって解決するか、立て直すのか、それとも手放すのか、冷静な判断ができるようになっているはずです。落ち着きをとりもしたら、いよいよ思考を巡らせ、知恵を絞ります。信頼のおける人や、税理士、弁護士といったプロに相談するのも良いでしょう。

むなしさというのは想像以上に強い負の力を持っています。
その負の力に飲み込まれないようにすることが、自殺をまぬがれる方法なのです。

抜け出すことができないような苦しみにある時は、指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ
ご予約はこちら


こちらの記事もよく読まれています
自殺はなぜおきるのか

自殺をしても愛する人と会うことはできない

自殺をしても愛する人と会うことはできない | カレスティア

鮮やかなオレンジ色の花、ノウゼンカズラが咲きました

7回に渡って自殺について連載してきましたが、今日でひと区切りといたします。

「愛する夫(妻)に先立たれてしまい、生きる希望も意欲もなくなってしまった。もう一度あの人に会いたい。いっそ自殺してしまえば、また会うことができますか?」
といった、せっぱつまった相談を受けることがあります。

愛する人を失った喪失感と将来の不安から、そのようなことを考えてしまう気持ちもよくわかりますが、知っておいていただきたい大切なことがあります。

それは、「自殺をすると、大切なご主人(奥様)に会えない」ということ。そして、そればかりでなく「先に霊界に行っている両親、祖父母にも会えない」ということです。

自殺をしてしまったスピリットは、中間世という、現世界と霊界の隙間のようなところに行くことになります。病気や事故で他界したスピリットが行く、霊界の病院のようなところ(パラダイス)に行くことも、霊界に行くこともできません。
・・・詳しくは「自殺した霊はどこへ行くのか」をご覧ください。

いったんその中間世に行くと、気持ちの整理がついて、波動が穏やかになるまで、そこを離れることができません。霊界に行けるようになるまで、数十年かかることも、決して珍しくありません。

そして、中間世にいる間は、ご主人(奥様)も肉親も会いに行く方法がありません。中間世とはそれくらい、霊界とも、現世界とも断絶した世界なのです。

愛する夫(妻)に会いたいと思うのであれば、寿命が尽きるまで、現世界に生きるしかありません。そして願わくは、少しずつ元気と笑顔を取り戻して、前向きに生きることです。

あまりにも悲嘆にくれた生き方をしていると、霊界にいるご主人(奥様)もやがてそれを知ることになります。その原因が自分にあることを知ってしまったら、どんなに傷つくことでしょう。そして、再び会ったとき、どういう顔してあったら良いのか、わからなくなってしまうのではと思うのです。

残されたものの義務と思って、懸命に生きることです。

ミディアムシップで、他界した愛する方とお話をすることができます。
詳しくはミディアムシップをご覧ください。

ミディアムシップ

お読みの記事は7回にわたる連載記事です。
最初の記事は「自殺はなぜおきるのか」
第2回「自殺した霊はどこへ行くのか」
第3回「自殺した霊は中間世で何をするのか」
第4回「自殺した霊に家族や友人がしてあげられること」
第5回「自殺をしないために、させないために その1」
第6回「自殺をしないために、させないために その2」
第7回「自殺をしても愛する人と会うことはできない」

自殺をしないために、させないために その2

自殺をしないために、させないために その2

ピンク+オレンジのような色のバラが咲きました

前回に引き続き、霊による影響で自殺をしてしまわない、させないための方法です。

今回は「霊界にいる邪霊対策」です。
結論から言うと「八方ふさがりだと思わないこと。解決策は必ずある。」ということです。

たとえば、
・以前は事業があれほどうまくいってたのに、だんだんと売り上げが落ち始め、資金繰りも悪くなってきた。今では月末の支払いができるかどうかもわからない。

・乗りに乗っていたギャンブル。しかしツキが落ちて、気がついたら多額のローンを抱えてしまった。自分の稼ぎではとても返せない。

などなど。

これらの共通点は、いったん、現世的利益を享受していることです。
現世的利益とは、儲け、物欲、名声、お金に裏づけられた偽物の愛などです。

霊界にいる邪霊が、現世界の人を虜(とりこ)にさせるため、いったんは現世的な喜びを与えます。しかし、それは長続きしません。持ち上げたら、次に落としにきます。
さながら、生き地獄のような苦しみを味あわせます。そして「この苦しみから逃れるには死しかない。」と思わせるのです。

でも待ってください。

事業や借金、メンツ、(偽物の)愛も大切でしょう。
でも、あなたの伴侶や子供、父母よりも、それは大切なのですか?
自分が死んでしまったら、最愛の人たちを悲しませるのではありませんか?

事業を経営されているのなら、税理士に相談してください。
そして、不採算部門の切り離しや事業の縮小による再生。それが無理なら、債権者に負担を与えない方法での清算。うまくいけば会社を売ることができるかもしれません。

借金があるのなら、司法書士や弁護士に相談してください。
複数の借入先をまとめ、返済計画を立てる手助けをしてくます。それでも無理なら自己破産という方法もあります。

つまり、ひとりで悩まないこと。誰かに相談することが大切です。
もちろん、スピリットガイドにアドバイスを求めるの良いです。
自分の知恵では思いつかない、解決策が必ずあるはずです。

自殺で解決にはなりません。多くの人を苦しめます。
そして、辛さから逃れるためにした自殺の結果、その何倍もの苦しみを中間世で味わうことになるのです。

邪霊のカラクリを知りさえすれば、苦しい状況は作られたものであることが、よくわかると思います。みすみす彼らの手に乗ることはありません。辛さを乗り越えて、邪霊を見返してやりましょう。

次回は「自殺をしても愛する人と会うことはできない」です。

たとえどんな窮地であっても必ず活路はあります。
スピリチュアルカウンセリングで指導霊に相談し、自分では気がつくことができない活路を得てはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ


お読みの記事は7回にわたる連載記事です。
最初の記事は「自殺はなぜおきるのか」
第2回「自殺した霊はどこへ行くのか」
第3回「自殺した霊は中間世で何をするのか」
第4回「自殺した霊に家族や友人がしてあげられること」
第5回「自殺をしないために、させないために その1」
第6回「自殺をしないために、させないために その2」
第7回「自殺をしても愛する人と会うことはできない」