カテゴリー別アーカイブ: 言霊

名前

名前

鮮やかな黄色のユリが咲きました

家族から受け継ぐ姓(苗字)と親や家族からつけてもらった名、この一揃えの名前を全員が持っています。

赤ちゃんの頃から名前を呼ばれ、幼稚園などの集団生活が始まると名前は自分を表すものであり、他の人と区別するためのものであることがしっかりと植え込まれていきます。

実はこの名前、みなさんが思っている以上に言霊(ことだま)としての力があるのです。

名前だけの情報で、サイキック(超能力)によって、その人の性格や現在おかれている環境を読み取ることが可能です。
・・・名前から性格や何らかの未来が決まるという意味ではありません。同じ名前であっても性格や環境は千差万別です。情報が知らされていない特定の人について、名前からリーディングができるのです。

また、スピリチュアルカウンセリングにおいでのお客様が、何らかの事情で偽名を名乗っておられると、スピリットガイドと正常なコンタクトが取れなくなってしまいます。

つまり、名前はその人とつながるための鍵になるのです。
単なる識別記号ではなく、それだけで立派に言霊になっているのです。

「自分は今の状況から抜け出せないかもしれない?」
と、そんな弱気になったときは、スピリットガイドの言葉を聞いてみませんか?
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

言霊(ことだま)

言霊(ことだま)

ゼラニウムに夜露がついていました

人が思っていることや考えていることにはエネルギーがあります。思いを口に出すとエネルギーはさらに強くなります。

相手が目の前にいる、いないに関わらず、他人の悪口や攻撃する言葉はその強いエネルギーによって、相手を攻撃します。しかし「してやったり」と思うのは早計です。

なぜなら、強いエネルギーで相手を攻撃すると同時に、自分もそのエネルギーで意識体やオーラを傷つけてしまうからです。つまり「人を呪わば穴二つ」ということですね。

相手を攻撃する言葉ばかりではなく、愚痴や何気ない言葉も自分を傷つけてしまいます。たとえば「疲れた」「いやだ」「うんざりする」といった言葉。
口癖のように口から出ていませんか?

「最近体調が良くない」「物事がうまく進まない」と思うのなら、負のエネルギーを持った言葉を口に出していないかチェックしてみてください。
悪口、愚痴といった言葉を言わなくなるだけでも、かなり好転しますよ。

どうしても癒すことのできない心の痛みがあるのなら、スピリットヒーリングを受けてみてはいかがでしょうか。スピリットたちの愛で癒される貴重な体験が、人生を変えるかもしれません。
詳しくは「スピリットヒーリング」をご覧ください。

スピリットヒーリング