「意識体を消耗させる行為」忙しい

「意識体を消耗させる行為」忙しい

シクラメンが満開です。春はたくさんの花が咲いて、いいですね。

意識体を疲弊させてしまう行為の4つめは、「忙しい」です。

現代社会に生きる私たちは、ついつい忙しくしてしまいますよね。
たとえば、
・仕事帰りに買い物をして、洗濯機のスイッチを入れたら、料理をして、ご飯を食べたら、洗濯物を干して、アイロンをかけて、同僚にメールをして。。。よし、この手順でいこう。
・ああ今日も本当に忙しい。スタッフには作業手順を手短に伝えて、会議資料を10:00までに作って、その後すぐに会社を出て得意先を訪問して。。。これでなんとか今日、乗り切れるかな。

実は、忙しくしているとオーラが、いがぐりのようにトゲトゲになってしまうのです。
そうなるとプラーナ(エネルギー)をまるで外へ放出するかのようになってしまい、あっという間に疲弊してしまうのです。
それだけではありません。スピリットガイドもトゲトゲの波動を敬遠して、近くに寄ることができなくなってしまいます。

「忙しくするな、のんびりしろ」というのは無理な相談ですよね。
ではどうしたら良いのでしょうか?

いよいよ次回、その解決策をご紹介します。

どうしてもうまくいかない。いったいどうしてなんだろう?誰かアドバイスをもらえないだろうか。そんなときはスピリチュアルカウンセリングを受けてみませんか?いつもあなたと共にいるスピリットガイドからのメッセージをお伝えします。
くわしくはカレスティアのホームページをご覧ください。
ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す