肉体は大切

肉体は大切 | カレスティア

センニンソウ

「魂が本体で、肉体は方舟(はこぶね)に過ぎない」
これはスピリチュアリズムを理解する上で大切な考え方です。

しかし、肉体に一切関心を持たなくてもいいということではありません。

肉体がいかに大切かを引き続き、肉体を車、魂をドライバー、そしてこの世を生きている間はずっと運転中であるというたとえで説明します。

あなたの愛車がどこからか異音がして、調子が悪くなったとします。もしそうなったら、きっとあなたは、修理工場に出して、修理をしてもらうはずです。

修理をしないで放っておけば、いつかは路上で止まってしまうかもしれません(長期入院)。そして、修理ができないくらいまでに悪くなったら、車を廃車する(この世を去る)ことになります。

車にたとえたら、実にわかりやすいですね。

私たちは霊界ではできない種類の魂の浄化のために、この世に来ました。
そしてこの世で過ごすためには肉体という方舟がどうしても必要なのです。この方舟を自分の目標が達成できるまで、大切に扱わなくてはいけません。

あたりまえのことですが、実はスピリチュアリズムを学び始めた方が、肉体を軽視してしまうことがよくあり、おちいりやすい小さな落とし穴なのです。

魂の浄化を願っている人がタバコを吸ったり、おいしいものを食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたり、睡眠不足を繰り返してたら、肉体がもちませんよね。こんなことを繰り返していたら、こころざしなかばで、この世から旅立つことになります。

魂の浄化を目指すのであればこそ、肉体を大切にしなくてはいけないのです。

どうも体調が思わしくない。
そんなときは、スピリットヒーリングを受けて見てはいかがでしょうか。
詳しくはヒーリングをご覧ください。

ヒーリング

こちらの記事もよく読まれています
肉体はもろく、あやうい

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

コメントを残す