精霊の役割

月桂樹

月桂樹

今日は、精霊とはどのようなものを指して、何をしているのかについて書きます。

ちなみに、カトリックでよく使われる「父と子とせいれい」のせいれいは、「聖霊」ですので、今日の話題とは違います。あらかじめご理解ください。

さてあらためて、精霊とはなんでしょうか。

みなさんが最もイメージしやすくて、精霊に近いのは「妖精」だと思います。
妖精は想像の産物ですので、正しくは精霊ではないのですが、よく知られている妖精の一部には、精霊に近いものがいます。

それは春になると、スティックを振りながら、野原の植物に次々と花を咲かせる妖精です。こういったシーンをアニメで見たことがあるのではないでしょうか。この妖精と同じように、植物に花を咲かせる精霊がいるのです。

では、精霊はどのような姿をしているのでしょうか。
アニメやイラストで見る妖精は人間の容姿に羽が生えていますが、精霊は必ずしも、人型とは限りません。気体のようなガス状の精霊もいれば、液体のような精霊もいます。

さてそれでは、精霊は一体何をしているのでしょうか。

それは一言で言うと「自然界の調和と運行をつかさどる」のが精霊の役割です。

たとえば、先ほど紹介した精霊のように、植物たちに働きかけて、花を咲かせ、葉を茂らせ、実をつけることを促進させている精霊がいます。植物は単に太陽の運行、昼と夜の長さや温度変化だけで、花を咲かせたり、実をつけているのではないのです。

他には海の浄化をしている精霊もいます。
海は、川の流れによって、地上のあらゆる物の行き着く先であり、終点です。川からはゴミも流れてきますし、人のあらゆる想念が転写された水も流れてきます。海は地球の7割を占めていますから、汚れた液体のまま放置していると、地球が大変なことになってしまいます。それゆえ、海を浄化をしている精霊がいるのです。

同じような理由で、大気を浄化している精霊もいます。

さらにいうと、精霊の役割は完全に専任制です。
一人の精霊が、花を咲かせたり、大気を浄化したり、海も浄化するということはありません。精霊には一つの役割が決まっていて、生涯にわたって、その役割に徹するのです。

さて、ではなぜ精霊はこのような役割をしているのでしょうか。

答えは、実は私たち人と同じ理由です。

私たち人は現世で、魂を浄化して、愛に生きることを目指しています。その目的は、魂の進歩と向上です。
一方精霊は、任務を忠実に果たすことによって、魂の進歩と向上を目指しているのです。
つまり、アプローチは違いますが、どちらも同じ目標を持っているのです。

このことは、天界を見るとすぐにわかります。

天使には元が人であった天使と、元が精霊であった天使がいます。天使になってまだまもない天使、つまり下位の天使は顔立ちに現世の面影が残っています。
以前人だった天使は、いかにも人っぽい顔立ちをしていますが、元精霊だった天使はどことなく、人とは違った風貌をしているのです。

人生を生きづらいと感じていますか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ
ご予約はこちら

コメントを残す