スピリットには時間の概念がない

正月飾り

あけまして、おめでとうございます。
おだやかで素敵な新年をお迎えになっていることと思います。

今日は霊界の時間に関する話題をお伝えしたいと思います。

私たちはよく、「明日の15:00に会いましょう」とか、「あと1時間で終わりますので待っていてください」などと、時間に関する話をします。また、「急いで行かないと遅刻してしまう」といったように、考え方の中で時間は、かなり意識しているものの一つです。

この私たちにとってはとても重要な「時間」ですが、「霊界にいるスピリットには時間の概念がない」といったら、驚くでしょうか。

一体どうして、そんなことが起こるのでしょうか。
その原因は、霊界における太陽の運航に理由があります。

私たちが住む地球は、朝になると太陽が東から昇り、昼頃に南中になり、夕方には西の空に沈んでいきます。これがいつも繰り返され、例外はいっさいありません。このことから、太陽の一回転を1日とし、1日の太陽の動き方を細かく分けたのが時間です。つまり、私たちに時間という概念を与えているのは太陽なのです。

それに対して、霊界の太陽はいつも空の同じ位置にあり、全く動きません。それだけでなく、光の量にも変化がありません。明るくなったり、暗くなったりしないのです。そうつまり、霊界は一日中明るい昼間なのです。

こういったことが霊界にいるスピリットたちに時間という概念を奪っていきます。

もちろん、霊界にも時間はあります。現在は過去からの積み重ねであり、現在の積み重ねは未来へと続いていきます。

しかしスピリットにとって、時間経過による目に見える形での変化がないので、「○時になったら、△をしよう」といった考え方を失ってしまいます。たとえば、私たちは夜になると眠りますが、スピリットたちは「疲れたな」と感じたら、各人が自分の判断で眠ります。みんなが一斉に同じような時間帯に眠る、ということはしません。

スピリットたちが時間の感覚を失うということは、月日の感覚を失うことにもなります。

太陽の光や熱量に変化がないので、霊界には季節もありません。だからスピリットたちは、「春頃までには○○ができるようになろう」とか、「霊界に来てもう、◯年かあ」といった考え方さえもなくなってしまいます。肉体を持っていませんので、年月による衰えもありませんので、なおさらです。

私たちは新年を迎えて、「今年は○○な年にしたい」とか「今年こそは○○をしよう」と決意を新たにしますが、これは現世界ならではのことなのです。

現世界に住む私たちに与えられた時間は無限ではありません。ぜひ、時間を有効に使って、昨日まではできなかったことが、今日の努力によって、明日にはできるようにしたいものですね。

自分で決めたことなのに、なかなか守れない、自分に甘くなってしまう、そんなことはありませんか?
そのようなときは、どうしたら実行できるかを指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す