お供え

お供え | カレスティア

ナスの花


今年の夏は、連日30度を越える長く厳しい日が続いています。私は「やっとお盆を迎えることができた」という感じがしています。

お盆にお仏壇に果物やお花をお備えしたり、食卓に陰膳を用意する、というご家庭もあるかと思います。

さてお盆に限らず、私たちが日頃しているお供えは、スピリットにとって意味があることなのでしょうか。それともただ、私たちの自己満足なのでしょうか。

実は、お供えした品々はちゃんと霊界に届いているのです。

これからご紹介することは、ミディアムシップや指導霊との対話で出てきた話から、いくつかをピックアップしてのご紹介です。

まず「お花」について。
お花はそのままの姿で、霊界に住む家族のもとに届いているのだそうです。どのように届くのかというと、スピリットが住む霊界のお家に花瓶があり、さっきまで空だった花瓶が、突然、お花がいけられた状態になるのだそうです。
そしてスピリットは、届けられた花の美しさや香りを楽しむのだそうです。

次にお茶や水などの「飲み物」について。
これも、お茶はお茶として、水は水として届くのだそうです。
他界して間もないスピリットは渇きの感覚が残っていて、飲み物が届くと、それによって、癒される感じがするのだそうです。

そして「食べ物」。
これも霊界に届きます。他界してさほど年数が経っていないスピリットは、おいしく食べていた時代を思い出し、満たされた気持ちになるのだそうです。
しかし他界してからの年数が経つにつれ、少しずつ食への興味を失っていき、最初は食べ物の香りを楽しんでいますが、やがて、食べ物そのものの興味を失ってしまうのだそうです。

一方、お花をみて美しいと感じたり、香りを楽しむ気持ちは、他界して何年経とうとも変わりはないのだそうです。

お供えを通して、私たちと霊界がつながっている。なんとも不思議な感じですね。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す