月別アーカイブ: 2015年5月

自殺した霊はどこへ行くのか

自殺した霊はどこへ行くのか

今年も黄色いバラ「伊豆の踊子」が咲きました

自殺した霊は、他界後、残念ながら霊界に行くことはできません。
自殺をした霊は、大変乱れた波動をしていて、その波動が霊界と相いれないからです。
仮に霊界に行ったとしても、その波動がゆえに、周囲の霊に迷惑と苦痛を与えてしまいます。

では、どこに行くのでしょうか?
それは、「中間世」という現世界と霊界の間にあるイレギュラーな世界に行きます。

そこは光が全くない暗黒の世界で、非常に寒いところです。
他の霊もまわりにいなく、ただひたすら孤独な世界です。
ここに行った霊はある範囲から自由に動き回ることができません。地域に縛られる、いわゆる地縛の状態になります。

自殺した霊はこのような過酷な世界に行き、何をするのでしょうか?
次回、書かせていただきたいと思います。

生き方に迷ったときは、スピリットガイド(指導霊)の意見を聞いてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています。
自殺はなぜおきるのか
自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

自殺はなぜおきるのか

自殺はなぜおきるのか

寄せ植えをしたらなぜかネギが出てきました 笑

重い話題ですが、今回から数回に分けて、自殺について取り上げたいと思います。
なぜこの話題にしたかというと、ミディアムシップでお呼びした霊が、結果として自殺者だったということが、多く続いたためです。

今回は自殺をするときに起きる霊界・中間世とのメカニズムについて書かせていただきます。

自殺の原因や理由は様々ですが、自殺に至るプロセスに霊が関わることが少なからずあります。
大きく分けて二つのパターンあります。

まず一つ目は「中間世にいる霊が関わること」

自殺をした霊が、自分はまだ死んでいない、死にきれていないと思い込み、現世界にいる人の肉体を借りてもう一度自殺するときです。
断崖や滝、駅のホームなど、自殺の名所と言われているところで、次々と自殺が起こるのはこのような理由からです。
次回で詳しく書きますが、自殺をすると現世界と霊界の間にあるイレギュラーな世界、「中間世」に身を置きます。中間世は移動が自由にできず、自殺した場所の近くに居続けることになります。そこに、生きる気力を失い、オーラが極端に弱った人が近づくと、その人に憑依し、自殺をするのです。

そして二つ目は、「霊界にいる霊が関わること」

霊界には様々な霊格の霊がいます(これは現世界も同じですね)。特に低い霊格の霊は、自分以外の者がひどい目にあったり、身を滅ぼすことによろこびを感じます。いわゆる「邪霊」や「悪霊」と呼ばれる者たちです。
こういった霊は、現世界に生きる人々に巧妙に近づき、名誉や金銭的豊かさ、快楽を与えます。しかし、それも長くは続きません。依存をさせて、高く持ち上げてから、苦しさ、惨めさを味あわせます。そして最後に自殺に追い込むのです。
自殺というのは、神の真理に反することです。邪霊たちは、神の意に背くことによろこびを感じ、自殺した霊が、神の意に反したことをして苦しむ姿を見てよろこぶのです。

次回は、「自殺をしたあとどうなるのか」について書かせていただこうと思います。

心身ともに癒しを必要だと感じる時には、スピリットヒーリングを受けてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています。
自殺をしないために、させないために その1
自殺をしないために、させないために その2
自殺した霊に家族や友人がしてあげられること

プラーナ=エーテル=氣

プラーナ=エーテル=氣

マツバギクの花が咲きました

スピリチュアリズムを学んでいる仲間と話をしていると、ときおり「?」となることがあります。
どういうときになるかというと、馴染みのない語彙(ごい)に接したり、語彙にニュアンスの違いを感じたときです。

私は英国スピリチュアリズムを中心に学んできて、インド哲学もほんの少しだけ学びました。
それに対し、残念ながら日本の神道については、全くと言っていいほど知識がありません。
ですから、私の話す内容やブログでの記述には英国スピリチュアリズムを基本にして、インド哲学が少しミックスされた状態になっています。

ブログを読んでくださっている方たちの知識的背景は様々だと思いますので、ちょっとだけ整理をしたいと思います。

まず、「プラーナ=エーテル=氣」ということ。

私がプラーナと表現しているものは、イギリスで活躍している方たちがときおり口にする「エーテル」と同じです。
・・・私の知っている範囲だと、イギリスの方でプラーナと表現する方はあまりいらっしゃいません。インドは英国領だったのに不思議ですね。

それと、プラーナは日本の気功術などで知られている「氣」と同じものです。

人も動物もこれを無意識のうちに取り入れています。
食べ物と水だけでは生きていくことができません。

ご自分の知識と照らし合わせてみてください。プラーナもエーテルも氣もそのような説明がありますよね。
これで、「プラーナ=エーテル=氣」と思っていただいて良いと思います。

他界した大切な人と話をしたいことがありますか?詳しくはミディムシップをごらんください。
ミディアムシップ