月別アーカイブ: 2018年2月

汝の敵を愛せ

汝の敵を愛せ | カレスティア
職場や学校、ママ友といった集団は必ずしも良い人たちばかりとは限りません。影で悪口を言う人、嫌がらせをする人、そういった人はどこにでもいるものです。

では、そういった人から嫌がらせを受けてしまった時には、どうしたら良いのでしょうか。

聖書には「汝の敵を愛せ」という言葉がたびたび出てきます。

しかし、自分を敵視する憎い人を愛するなんて、とてもできそうにもありません。もちろん、本来そうすべきなのでしょうが、できないからこそ苦しいのです。

そこで、提案なのですが、イエス様の言葉を少し拡大解釈してみてはいかがでしょうか。

まずは、敵を愛するとは「敵を赦(ゆる)す」ととらえる。

ここで大切なのは「許す」ではなく、「赦す」だということです。
「許す」とはわかりやすくいうと、いたずらをした子供に、「もうしません」と約束をさせて、ゆるすことです。そこには「もうしない」という条件がついています。

それに対して「赦す」は、「もうしません」という条件を求めずにゆるすことです。

これは考えようによってはとてもラクです。なぜかというと、嫌な人と話し合いなんてしたくないし、そもそも、話し合ってわかるような人物じゃないから、嫌がらせをしてくるのです。だからこそ「一方的に赦してしまう」のです。

そしてさらに、相手の悪意に対して、「愛の祈りで返します」。

どんなに怒りがこみ上げてきても、こちらも負けじと仕返しをしてはいけません。そんなことをしてしまうと、相手と同じ低いレベルまで、自らを落とすことになってしまいます。

悪意を感じとった時には、心を少しだけ落ち着かせて、ごくわずかな時間でよいので、相手の心の平安を祈ります。そして、相手のカサカサとした心が穏やかになっていく様子を想像するのです。

「赦す」「愛の祈りで返す」たったこれだけです。
これだって十分に「汝の敵を愛す」行為ではないでしょうか。

嫌がらせにおびえたり、憤りを感じていた自分も気がつくと、いつの間にか心が軽くなって、本当の意味で「汝の敵を愛せた」と思える瞬間が訪れることでしょう。

なぜ、私に嫌がらせをするのだろうか?
そう悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、嫌がらせの理由と解決方法を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
赦し(ゆるし)
捉われた心を解放する方法
嫌がらせをされたら

徳を積む

徳を積む | カレスティア

梅の花が次々と咲き出しました

日常の会話の中に「徳を積む」という表現があります。

過去生で良い行いをしてきたから、今世で恵まれた環境にあるとか、今世でたくさんの良い行いをすれば他界後、良い界へ行けるとか、そういった意味合いで使う言葉です。

私は「徳を積む」という言葉を聞くたびに、ある映画のワンシーンを思い出します。
それは、キアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」という映画です。

主人公は生まれた時から霊を見る力が備わっていて、それがゆえに悩み、自殺未遂をしたことがあります。カソリック信者である彼にとって自殺は大罪であり、地獄行きが約束されたようなもの。それをあらがうために彼は自身の能力を活かして、悪魔祓いを続けています。

そして「俺はたくさんの人々を悪魔から救ってきた。だから天国に行けるだろう?」と天使に同意を求めます。

しかし天使は「あなたは何もわかっていない」と答えます。そして、「神から授かった能力を自分本位に使っているに過ぎない」と続けます。
映画では、天使は何がわかっていないのかについては、深く言及していません。

天使はどのような気持ちで言ったかを私なりに解釈すると・・・。

霊界でより高い界に行けるかどうかは、霊格で決まります。
霊格は、善行をいくつしたという数の多さではありません。日々の生活の中で、清らかな心であること、愛に満ちあふれた状態であり続けることがおのずと、その人の霊格になります。
ましてや善行とお望みの結果は、交換されるものでも、取引されるものでもありません。
そういった気持ちを持っていること自体が、見返りを期待していて、善行とはすでに言えないのです。

といったところでしょうか。

映画はさておき、「徳を積む」という感覚を持ち続けている限り、霊格の向上や魂の浄化とは、かけ離れているのかもしれませんね。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
現世界では大丈夫でも、意識体の浄化としてダメなこと
地獄はあるか
自殺した霊はどこへ行くのか
自殺した霊は中間世で何をするのか

美形の理由

美形の理由 | カレスティア

「美形といわれる人は過去生が良かったから、美形なのですか?」という質問を受けましたので、それに答える形で記事を書こうと思います。

結論から言いますと、過去生でどんなに素晴らしい生き方をしていたとしても、それが造形としての美に反映されることはないと思います。

目、鼻、口、輪郭といった各パーツの美しさや配置の良さはあくまでも両親の肉体の遺伝を引き継いでいるにすぎません。そこに過去生の生き方はなんら反映されていません。

ただし、造形の良し悪しとは別に、光り輝くようなとか、エネルギーあふれる、慈愛に満ちた、愛らしさや気高さといったものは過去生での生き方、そして現生での意念の使い方と大いに関係があります。

一方、美形と過去生に相関関係はないものの、再生の計画で美形であることを必須の条件として選んでいることもあります。

たとえば、周りからちやほやされても溺れずにいられるか、他人を低く見て高慢にならないか、外見の美しさだけに満足せずに魂を成長させることができるか、といったことを試したいと思っているスピリットの場合。

他には、過去生で何度も役者として真剣に取り組んできた。しかしずっと脇役ばかりだった。今世こそは、積み重ねてきた努力の花を咲かせたい。ステージの真ん中に立ちたい。そういった願望を実現させるために、美形であることを積極的に選ぶこともあります。

こういった美形を条件とするスピリットの場合は過去生で全く縁がないけれども、美男美女といわれるカップルを親として選ぶことがあります。

いずれにせよ、過去生での生き方が良かったから、美形になるということはないと思います。

「何をやってもうまくいかない。もしかして、カルマのせい?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で前世について尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
敵対する嫌な人とは前世と関係があるかもしれない
原因不明の因果律
親の因果が子に報う?