月別アーカイブ: 2019年4月

信仰と宗教

信仰と宗教 | カレスティア

ハナミズキ

信仰を持つことは、とても大切だと私は思います。
しかし、信仰と宗教は別であり、似て非なるものだとも考えています。

今日は、「信仰とはなにか、宗教とはなにか」について、私論を書こうと思います。

まず信仰ですが、これについては「○○は○○」という決まりは一切ないと思います。Aさんがもっている信仰とBさんがもっている信仰は全く違っていて良いと思います。

では、私がもっている信仰について、いくつかをとりあげて簡潔に説明します。
・「人は生かされている」ということをいつも感じつつ、感謝と謙虚でいること
・「自分はやるべきことがあって、この世に来た」ということを念頭に置き、そのための人生を送ること
・「人(他人と家族)のためになること」を日々行う
・そして「愛に生きる」ことを目指すこと
です。他にもいくつかありますが、省略しました。

「誰に生かされているのか」つまり、神とは何であるかを知りたいと渇望していた時期もありますが、必ずしもそれは必要ではなく、単なる知識の欲求でしかないと今は自粛しています。

信仰とは何かを、より普遍性のある言い方に変えるなら「自分の中に、人生を賭(と)するルールを作り、それを守り、さらなる高みを目指すこと」と表現してもよいかもしれません。

そういった「信仰」に対し、「宗教とは、安易な答えを授けてくれるところ」だと私は考えています。

宗教は
「神は○○です」とはっきり答えてくれます。
「○○を守っていきましょう」「○○をしてはいけません」といった戒律とタブーもあって、ルールを提供してくれます。
そして、「神に祈りましょう。そうすれば、救われます」と、いとも簡単に救済までしてくれます。

しかし、それって本当なのでしょうか。

神様って、宗教の数と同じくらいたくさんいるのでしょうか?

戒律やタブーは本当に神が言ったことなのでしょうか?
宗教の幹部が言い出したことに過ぎないのではないでしょうか。宗教が誕生した初期の頃と現在では戒律が変化している、なんてこともよくあります。

祈っているだけで救われるのなら、この世に悲しみも、苦しも、痛みも、もうとっくの昔になくなっているはずです。

私が考えるに「宗教は初心者向け」なのだと思うのです。

戒律やタブーが存在しないと何をしでかすかわからない人たちや、何かにすがって生きたい人たちにとって、宗教は一定の役割を果たしています。

しかし、初心者向けの教えに、いつまでもしがみついているのは考えものです。

集会に足しげく通って、教典を朗読し、歌を歌って、指導者の説教を聞く、これらをどんなに繰り返しても、救われない自分がいて、信者同士も愛でつながっていなくて、もやもやしたものを感じている。

もしそう感じているのだとしたら、あなたは宗教から卒業の時が来たサインかもしれません。

魂が成長したら、入門書は捨てて、次のステップに移ってみてはいかがでしょうか。

家族が宗教にどっぷり浸かっていて、大変な思いをしている。
そういったときはスピリチュアルカウンセリング で指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
宗教の功罪
宗教の呪縛(じゅばく)
裁かれない

チャンスを生かす

シャクナゲ

「なんだか停滞しているな」とか、「いつも同じことの繰り返し」と、もし思っているとしたら、それはせっかく訪れたチャンスを逃していたり、生かしきれていない結果なのかもしれません。

ところで「チャンス」とは、一体いつのことなのでしょうか。

たとえば、人と話すのが苦手で、友達も少なく、孤立しがちだという人は
・進学で新しい学校に通うとき
・就職や転職で新しい会社に勤めるとき
・子供と一緒に公園デビューをするとき
・PTAの役員をやることになったとき
こういったときが、「チャンス」なのです。
無口な人、とっつきにくい人という烙印(らくいん)を押されていない、初めて会う人たちに囲まれる時こそ、今までと違う自分になる絶好の機会です。

では、どういう「チャンス」があるのでしょうか。

得てして、自分にとって不都合なことや、つまづきがあったときに「チャンス」があります。たとえば、病気療養で、入院しなくてはいけなくったときには
・家族のありがたさを知り、心からの礼を言う
・がむしゃらに仕事をしてきたけれども、それが本当に正しい姿なのかを考える
・くよくよと後悔したり、堂々巡りの考え方をしていることがいかに良くないか気づく
・先のことを考えないで、その場の誘惑に負けていたことを知る
という種類のチャンスです。

病気になったときに「自分はついていない」とか、医者の言うことをきき、投薬を受けて治療に専念しているだけでは、チャンスを逃すことになります。

「チャンス」は、ラッキーカードのようにわかりやすいものではありません。

人生における節目、変化、強制的に立ち止まらされるとき、こういったときに、今までできていなかったことをやったり、間違っていたことに気づきがひそんでいるのです。

貴重なチャンスを生かして、ぜひ良い方向に向かいたいですね。

「自分はなんてついてないんだ」そう思っていませんか?そしてそれを親や家族の因果のせいにしていませんか。
そういったときは、スピリチュアルカウンセリング で、自分では気がついていない、つまずきの原因を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
病(やまい)は気づきのチャンス
親の因果が子に報う?
変化を受け入れる

霊界の住まい

霊界の住まい | カレスティア

菜の花

「霊界には家があって、一戸建てもあれば集合住宅もあります。」といったら驚くでしょうか。
もしかしたら、スピリットたちは野宿をしているって思っていましたか?

霊界は現世界にとてもよく似ていて、住宅地もありますし、仕事(奉仕)を目的とする建物や真理を学ぶための建物、集会のための建物もあります。そして公園や森林、広場もあります。

今日はスピリット達が住む家について紹介したいと思います。

集合住宅はおおむね一部屋くらいしかなく、部屋数が多いタイプはあまりないようです。
一戸建ては庭がないコンパクトな家もあれば、庭のある家もあります。ゆったりとした大きな家もあれば、邸宅と呼ぶにふさわしい立派な家もあります。

ところで、スピリット達がどのような家に住むかはどうやって決められているのでしょうか。

まず、集合住宅ですが、これは霊界に来て間もないスピリットたちが主に住んでいます。生前、堅実な生き方をした人も、自己中心的な生き方をした人もみな同様に、まずは集合住宅に住むことになります。

では、一戸建てはどうでしょうか。
これは、スピリット達への奉仕の度合いが高いスピリットに一戸建てが与えられます。そして、貢献度がより高くなるとさらに大きな一戸建てへと移り、最終的にその界でリーダー的存在になると、邸宅に住みます。

家の中はどうなっているのでしょうか。
これも私たちの住まいとよく似ています。ベッドもありますし、ソファーやイス、テーブルもあります。

スピリットがくつろぎたいとか、独りになりたいと思ったときに家に帰り、ソファーに座ってゆったりしたり、ベッドに横になったります。これも私たちと同じですね。

次に誰と住んでいるのかですが、基本的にスピリットは一人で住んでいます。
パートナーがいる場合でも一緒に暮らすことはなく、別々に住んでいます。お互いの家を行き来しつつも、最終的には自分の家に帰ります。私たちの世界の恋人同士のような感じです。

これらのことは私の指導霊たちから見せてもらったり、教えてもらったことですが、霊界のどの界であっても、基本的に同じような感じなのだそうです。

霊界が「ふわっ」とした、なんだか実態のない世界ではないことをおわかりいただけましたでしょうか。

人は死んだらどうなるのだろう?
そんな疑問があるときは、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
最初に行く霊界
霊界のスピリットは睡眠をとるのか
霊界の大きさ