信仰と宗教

信仰と宗教 | カレスティア

ハナミズキ

信仰を持つことは、とても大切だと私は思います。
しかし、信仰と宗教は別であり、似て非なるものだとも考えています。

今日は、「信仰とはなにか、宗教とはなにか」について、私論を書こうと思います。

まず信仰ですが、これについては「○○は○○」という決まりは一切ないと思います。Aさんがもっている信仰とBさんがもっている信仰は全く違っていて良いと思います。

では、私がもっている信仰について、いくつかをとりあげて簡潔に説明します。
・「人は生かされている」ということをいつも感じつつ、感謝と謙虚でいること
・「自分はやるべきことがあって、この世に来た」ということを念頭に置き、そのための人生を送ること
・「人(他人と家族)のためになること」を日々行う
・そして「愛に生きる」ことを目指すこと
です。他にもいくつかありますが、省略しました。

「誰に生かされているのか」つまり、神とは何であるかを知りたいと渇望していた時期もありますが、必ずしもそれは必要ではなく、単なる知識の欲求でしかないと今は自粛しています。

信仰とは何かを、より普遍性のある言い方に変えるなら「自分の中に、人生を賭(と)するルールを作り、それを守り、さらなる高みを目指すこと」と表現してもよいかもしれません。

そういった「信仰」に対し、「宗教とは、安易な答えを授けてくれるところ」だと私は考えています。

宗教は
「神は○○です」とはっきり答えてくれます。
「○○を守っていきましょう」「○○をしてはいけません」といった戒律とタブーもあって、ルールを提供してくれます。
そして、「神に祈りましょう。そうすれば、救われます」と、いとも簡単に救済までしてくれます。

しかし、それって本当なのでしょうか。

神様って、宗教の数と同じくらいたくさんいるのでしょうか?

戒律やタブーは本当に神が言ったことなのでしょうか?
宗教の幹部が言い出したことに過ぎないのではないでしょうか。宗教が誕生した初期の頃と現在では戒律が変化している、なんてこともよくあります。

祈っているだけで救われるのなら、この世に悲しみも、苦しも、痛みも、もうとっくの昔になくなっているはずです。

私が考えるに「宗教は初心者向け」なのだと思うのです。

戒律やタブーが存在しないと何をしでかすかわからない人たちや、何かにすがって生きたい人たちにとって、宗教は一定の役割を果たしています。

しかし、初心者向けの教えに、いつまでもしがみついているのは考えものです。

集会に足しげく通って、教典を朗読し、歌を歌って、指導者の説教を聞く、これらをどんなに繰り返しても、救われない自分がいて、信者同士も愛でつながっていなくて、もやもやしたものを感じている。

もしそう感じているのだとしたら、あなたは宗教から卒業の時が来たサインかもしれません。

魂が成長したら、入門書は捨てて、次のステップに移ってみてはいかがでしょうか。

家族が宗教にどっぷり浸かっていて、大変な思いをしている。
そういったときはスピリチュアルカウンセリング で指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
宗教の功罪
宗教の呪縛(じゅばく)
裁かれない

コメントを残す