月別アーカイブ: 2021年7月

人生の振り返りはいつ行うのか

ハイビスカス

ハイビスカス

スピリチュアルカウンセラー、カレスティアの村田哲郎です。

人が他界した後にいく霊界は、暖かくて、穏やかで、スピリットは特に何もすることがなく、日がな一日ぶらぶらとしていると考えていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

これはある意味、仕方がないことです。
というのも、洋の東西を問わず、すべての宗教が「私たちの教えに従い、信仰すれば死後、必ず極楽や天国に行ける。今、感じている苦しみからは全て解放される」と説いて、信者を集めてきたからです。

極楽や天国の絵もたくさん描かれてきました。
そして幼い頃から意識せずとも、これらの絵を見てきた私たちは、特に信仰にあつくなくても、死後は「ああいうところにいくのだ」となんとなく思い込んでいるからです。

でも残念ながら、霊界というのはそういうところではありません。私たちが暮らしている社会と同じように、各人それぞれにやるべきことがあり、社会参加をすることによって成立している社会なのです。

それでも、私たちの世界とは異なることもあります。そのひとつが「人生の振り返り」を行うことです。これは全ての人にとって必須で、避けて通ることはできません。

ではこの「人生の振り返り」は霊界に行くとすぐにおこなうものなのでしょうか。
実はそうではないのです。

他界後、すぐに行くのは「パラダイス」と呼ばれている霊界の病院のようなところです。ここで、闘病生活で受けたや痛みや生きることにもがき、余裕を失った魂をゆっくりと癒し、霊界の波動に合うように時間をかけて調整をします。

このパラダイスを出て、次に行くのがいよいよ「霊界」です。

しかし、最初に行く霊界は霊界に慣れるのがおもな目的で、特に何をするということはありません。社会参加の活動もありませんし、人生の振り返りも行いません。

霊界での生活に慣れてきたと判断されると、その人の霊格により近い別の階層へと移動します。
ここでやっと「人生の振り返り」を行うのです。

でも中にはこの時ではなく、より精度を上げて、その人の霊格に近いさらに別の階層へ移動してから「人生の振り返り」を行う人もいます。

このように、自分の歩んできた人生を見直すという作業は、実にゆっくりとしたペースで行われるのです。もちろんこれには理由があります。自分がしてきたこと、思ってきたことが、霊的真理に沿っていたか、それとも外れていたのか、じっくりと丁寧に検証をする必要があるからなのです。

私たちはこの世に生まれるときに「必ずこれだけは成し遂げたい」という人生の目標を持って、準備を整えてからやってきます。それくらい大切なことなのですから、その人生の検証もじっくりと腰をすえて行うのです。

「自分はこの世に生まれた本来の目的に向かっているのだろうか」そんな疑問に対し、お客様の指導霊に尋ね、人生の目的と達成度をお伝えすることができます。
カレスティアのスピリチュアルカウンセリングを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で人生の振り返りを行う
人生の反省は何回も行う
霊界の病院(パラダイス)

夫婦の霊界での階層

人はこの世に生まれる時に、人生の目的を決めてから生まれてきます。これを「人生の計画」と言います。

人生の計画の内容は人によって様々です。たとえば、父との関係を修復したい、自分を信じたいなど、数えたらそれこそ、人の数と同じくらい多岐にわたります。

パートナーとの関係を人生の目的におく人も、もちろんいます。

そういった人達は、霊界で相手の方と結婚の約束をします。そして、相互の目的を確認しあい、二人で、目的を達成するための出来事を計画します。

計画はかなり綿密で、たとえば、「相手を信頼する」という課題だとしたら、相手を疑ってしまうようなことや、思わず幻滅してしまうような出来事が適切なタイミングで発生するようにします。そしてその都度、「相手を信頼できるか」を試すのです。人生の計画とは、決して曖昧なものではありません。

さてここで少し疑問がわくかと思います。「パートナーとして選ぶ相手は、どのような人なのだろうか」ということです。

パートナーを選ぶということは、必然的に過去生で縁があったという証(あかし)です。誰でも良いというのであれば、霊界であらかじめパートナーを決める必要はありません。現世界に生まれてから、好みの人や気の合う人と結婚すれば良いのです。

霊界でパートナーを決める相手は、過去生で、同じく夫婦であったり、恋人、時には親子、兄弟姉妹といった人の中から選びます。そしてその人との関係に何らかの問題があったか、または未達成の何かがあるということです。

では次にこういう疑問も湧くかもしれません。それは、「パートナーは同じ霊界の住人なのだろうか」と。

答えを先に言いますと、たとえパートナーとなる者同士でも、同じ霊界に住んでいる可能性はほとんどありません。

それぞれ別の階層で暮らしていて、打ち合わせが必要になると、どちらかが相手の階層を訪れて、話し合いをするのです。

パートナー予定者が別の階層の住人であるということは、「現世界を生きる夫婦が他界したあと、同じ霊界に行くことができるか」という問いと同じになります。

霊界には数え切れないくらいのたくさんの階層があります。そのいずれかの階層に、親和性の法則にもとづいて、所属が決まります。

たとえどんなに仲の良い夫婦であろうと、似たもの夫婦であろうと、霊的成長度合いは異なりますので、霊界での住まいは別になるのです。

霊界の仕組みを知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、日頃の疑問をご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。オンライン(Line通話、Zoom、Skype)でもセッションを行なっております。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
愛する人といえども霊界で一緒に住むことはできない

灼熱(しゃくねつ)地獄

ラベンダーとアンズ

ラベンダーとアンズ

地獄絵図というものをみなさんも一度は見たことがあると思います。
鬼が亡者を針山に突き落としたり、ヤットコで舌を引き抜くなど、とても正視に耐えられない、おどろおどろしい絵です。

地獄というのは世界中の宗教が「信仰を持たなくてはいけない」と人々を脅かして入信させ、「教えに背くと恐ろしいことが待っている」と従順にてなづけるために使われてきた万国共通のツールです。

このブログでも以前紹介しましたが、地獄というものは存在していません。

しかし、地獄絵図に描かれている灼熱地獄の「熱」に焦点を当てると、少し該当する部分があります。今日は霊界における、スピリットの心理状態と熱の関係について書きます。

人は他界して霊界に戻ると、人生の振り返りを行います。

自分がこの世に生を受けてから、肉体の死によって、この世を去るまでの全ての行動が記録されたアカシックレコードという特別な機能が魂の中にあります。アカシックレコードには、とっくに忘れてしまっているような、一見、取るに足らないことでさえ、全ての記録が残っています。

その記録を自分の指導霊と一緒に映像を見ながら検証するのが、人生の振り返りです。指導霊は検証中に時折、再生を止めて「今のシーンについてどう思いますか」と尋ねてきます。

するとスピリットはその出来事の重要性が理解できておらず、トンチンカンな回答をします。

こういったことを何度も繰り返して、非常に長い時間をかけて、人生の全てを振り返ります。

1回目の人生の振り返りが終わると、今度は霊的真理について、集合教育が行われます。ある程度、過程が進むとまた、指導霊と二人きりになって、自分の歩んできた人生の特定のシーンだけを再び検証します。

そして指導霊から「今のシーンについてどう思いますか」と尋ねられると、前回の検証ではなんとも思っていなかった言動や行動、思考が、霊的真理からいかに外れているかということがスピリット自身にもわかります。すると、あまりの恥ずかしさにどんどんと体温が上がってき、高熱でうなされるようになります。この状態がさながら灼熱地獄のようなのです。

灼熱の反対の、極寒もあります。

霊界にいるスピリットが神の愛を受け入れることができない気持ちになると、体温がどんどんと下がります。そして、まるで極寒の地にいるような状態になってしまいます。

これは、霊界ばかりでなく、中間世にいる自殺したスピリットも同じです。
自殺をするということは、精神が極限まで平常さを失しなっています。このような状態ですと、神や指導霊、善霊といったスピリットたちの愛を受け入れることができなくなります。自身も愛からとても遠い状態です。すると、体温はどこまでも下がっていき、寒さに震え出します。はたから見ると、まるで極寒地獄のようです。

灼熱も極寒も、誰かに突き落とされたり、仕向けられてなるのではありません。
あくまでもスピリットの心理状態が、そのようにさせているのです。

自分がしてきたことは本当にそれでよかったのだろうか?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングでご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
地獄はあるか
霊界に四季はある?
自殺した霊は中間世で何をするのか
霊界で人生の振り返りを行う