灼熱(しゃくねつ)地獄

ラベンダーとアンズ

ラベンダーとアンズ

地獄絵図というものをみなさんも一度は見たことがあると思います。
鬼が亡者を針山に突き落としたり、ヤットコで舌を引き抜くなど、とても正視に耐えられない、おどろおどろしい絵です。

地獄というのは世界中の宗教が「信仰を持たなくてはいけない」と人々を脅かして入信させ、「教えに背くと恐ろしいことが待っている」と従順にてなづけるために使われてきた万国共通のツールです。

このブログでも以前紹介しましたが、地獄というものは存在していません。

しかし、地獄絵図に描かれている灼熱地獄の「熱」に焦点を当てると、少し該当する部分があります。今日は霊界における、スピリットの心理状態と熱の関係について書きます。

人は他界して霊界に戻ると、人生の振り返りを行います。

自分がこの世に生を受けてから、肉体の死によって、この世を去るまでの全ての行動が記録されたアカシックレコードという特別な機能が魂の中にあります。アカシックレコードには、とっくに忘れてしまっているような、一見、取るに足らないことでさえ、全ての記録が残っています。

その記録を自分の指導霊と一緒に映像を見ながら検証するのが、人生の振り返りです。指導霊は検証中に時折、再生を止めて「今のシーンについてどう思いますか」と尋ねてきます。

するとスピリットはその出来事の重要性が理解できておらず、トンチンカンな回答をします。

こういったことを何度も繰り返して、非常に長い時間をかけて、人生の全てを振り返ります。

1回目の人生の振り返りが終わると、今度は霊的真理について、集合教育が行われます。ある程度、過程が進むとまた、指導霊と二人きりになって、自分の歩んできた人生の特定のシーンだけを再び検証します。

そして指導霊から「今のシーンについてどう思いますか」と尋ねられると、前回の検証ではなんとも思っていなかった言動や行動、思考が、霊的真理からいかに外れているかということがスピリット自身にもわかります。すると、あまりの恥ずかしさにどんどんと体温が上がってき、高熱でうなされるようになります。この状態がさながら灼熱地獄のようなのです。

灼熱の反対の、極寒もあります。

霊界にいるスピリットが神の愛を受け入れることができない気持ちになると、体温がどんどんと下がります。そして、まるで極寒の地にいるような状態になってしまいます。

これは、霊界ばかりでなく、中間世にいる自殺したスピリットも同じです。
自殺をするということは、精神が極限まで平常さを失しなっています。このような状態ですと、神や指導霊、善霊といったスピリットたちの愛を受け入れることができなくなります。自身も愛からとても遠い状態です。すると、体温はどこまでも下がっていき、寒さに震え出します。はたから見ると、まるで極寒地獄のようです。

灼熱も極寒も、誰かに突き落とされたり、仕向けられてなるのではありません。
あくまでもスピリットの心理状態が、そのようにさせているのです。

自分がしてきたことは本当にそれでよかったのだろうか?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリングでご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
地獄はあるか
霊界に四季はある?
自殺した霊は中間世で何をするのか
霊界で人生の振り返りを行う

コメントを残す