カテゴリー別アーカイブ: オーラ

オーラの色と意味

オーラには色がついている(無色透明も含みます)、ということをこのブログで何回か書きました。

さて、オーラの色には意味があるのでしょうか?

答えは、「もちろんあります」。

では、色が意味するものはなんでしょうか。

世間でいう「スピリチュアルな」ことについて書かれている本を読んでみますと、「赤色のオーラは情熱」「緑色のオーラは忍耐」というようにオーラの色と意味が一覧で書かれています。

しかし、他の本には「赤色は愛」と書かれています。また別の本には「赤色は執着」と書かれています

一体どうなっているのでしょうか?

実はオーラには、「○色は△△という意味」という公式が成り立たないのです。

それ以前と言いますか、そもそもオーラは見る人によって、色が違って見えてしまうものなのです。

たとえば、ある人のオーラを二人の方が同時に見たとします。
するとAさんは「淡いピンク色だ」と感じます。しかしBさんは「黄緑色だ」と感じました。

ピンク色と黄緑では、似ても似つかない色です。どちらかが合っていて、どちらかが間違っているのでしょうか?いいえ、どちらも正解です。

オーラの色というのは、とても主観的なものなのです。

見る人の人生経験や価値観を通して、オーラを見ているので、色が違って見えて、当然なのです。

重要なのは「何色か」ではなく、その色を通して、「何を感じるか」なのです。オーラリーディングの結果が合っていれば、それでいいのです。

しかし、オーラには普遍的な部分もあります。
それはオーラが出ている「量」と「形状」です。これに関しては、どの人が見ても同じ結果になります。

オーラにはたくさんの情報があります。
みなさんがこれからも、オーラに対して興味と関心を持っていただけたら、うれしいです。
それも、「自分のオーラはこんななんだ」で止まってしまうのではなく、「自分のオーラの状態は望ましい状態なのかな、それともそうではないのかな。このオーラになっている理由はなんだろう」ということまで、考えていただければ、と思います。

オーラの状態が気になりますか?
ご希望であれば、スピリチュアルカウンセリングの際にオーラの状態やそれからわかることをお伝えいたします。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
オーラの色
「オーラ」の色
「オーラ」の形も変化します

オーラの色

オーラの色 | カレスティア

マンサクの花

「私のオーラは何色ですか?」という質問をよく受けます。

質問に対し「お客様の頭頂の左側は淡いピンク色で、右側は若草色。胸のあたりはやや暗い紫色で、左の肩は茶系が混じった黄色、右肩は・・・」と続けると、みなさんが決まって、けげんそうな顔をされます。

どうやら、多くの方がオーラの色は1色だと思ってるようなのです。

おそらくテレビに出てくる霊能者が「あなたのオーラは緑色です」というような言い方をしているからかもしれません。

しかし実際のところ、オーラはたくさんの色で構成されていて、決して1色ではありません。わかりやすくいうと、全身をカラフルな霧で覆われている様子をイメージしてもらうといいでしょう。

そのようなわけで、頭でも右と左では色は違いますし、肩や胸のあたりでも色が違います。もちろん上半身だけに色があるのではなく、脚やすねの部分、腕や指先にも色がついています。

さらに付け加えると、オーラの色はいつも同じではありません。

オーラの色は感情とリンクしていて、驚いたり、うれしいことがあると一瞬で色が変わってしまいます。
また、思考ともリンクしていて、考えている内容に合わせて、色が変わります。

他には体調、薬、未解決の問題、性格など、あげだすときりがないくらいの要素の影響を受けて、オーラは色を変えます。

せっかくオーラに関心を持っていただけたのなら、色だけでなく、形状や出ている量、明暗にも興味を持っていただけるといいと思います。そらにもたくさんの情報が含まれているのですから。

自分はどんなオーラをしているのだろう?
そう思ったかは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
お客様のオーラについてお伝えさせていただきます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
オーラリーディング
「オーラ」の形も変化します
オーラの大きさ

薬とオーラの関係

薬とオーラの関係 | カレスティア

薪ストーブは冬の楽しみの一つです

前回のブログで、オーラリーディングについて書きましたので、今回は「こういうお客様はオーラリーディングができない、または難しい。そしてそうなる原因」について、書こうと思います。

ほとんどのお客様の場合、オーラを見だすとほぼ同時にリーディングを開始できます。

しかし、オーラを見た瞬間から「あっ、これはリーディングが無理」というお客様もいらいっしゃます。

それは、向精神薬を飲んでいらっしゃる方。もう少し詳しく書くと抗ウツ剤、抗不安薬です。そして、統合失調症の抗精神病薬を飲んでいる方もそうです。
これらを飲んでいらっしゃる方と飲むのをやめてまだあまり月日が経っていない方は、オーラが全くといっていいほど出ていません。そのため、オーラを読み取ることができないのです。

次にオーラリーディングが困難な方。

それは、睡眠薬を飲んでいらっしゃる方です。
オーラリーディングができないというわけではないのですが、情報がバラバラになっていて、読み込んでいる途中で違うものと入れ替わってしまったりと、リーディングにかなり苦労します。

ちなみに入眠の助けや途中で目が覚めてしまうのを防ぐために、たまに睡眠薬を飲んでいるというのであれば、常習している方ほど困難ではありませんが、やはり睡眠薬をまったく飲んでいない方とは明らかに違います。

ちなみに、一般の方のオーラの出方が10〜40cmくらいなのに対し、睡眠薬を飲んでいらっしゃる方は、わずか2〜3cmくらいしか出ていません。

精神や睡眠に関わる薬は、意識体に強い影響を与えます。その結果が、オーラの出方として反映されるようです。

どんな薬にも全て副作用があります。ウツや統合失調といった病であれば薬を飲むべきですが、安易な気持ちで睡眠薬に手を出すのは、考えもののようです。

「自分ではどうしたら良いのかわからない」という悩みがもしおありなら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。指導霊ならではの的確なアドバイスを聞くことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ