カテゴリー別アーカイブ: オーラ

オーラとは何か

スモークツリー

スモークツリー

オーラには出ている量、形、明暗、色、過去の体験の記録があるということをこのブログでも何回か書いてきました。今日は最もシンプルかつ、本質的な疑問「オーラとは何か」について書きます。

「オーラとは何か」という質問に、わかりやすく答えるならば、「あふれでているエネルギー」といっていいと思います。

「エネルギー」についてまず最初に理解してもらいたいのは振動です。

オーラは人間だけのものではありません。犬や猫といった哺乳類、鳥や虫、爬虫類、あげ出したらきりがありませんが、命を持つすべての生き物にあります。また、生き物だけでなく、金属や石といった鉱物、無生物にもにオーラがあります。

「動物はまあ分かるとして、なぜ石にも?」と思われた方もいらっしゃると思います。

この世に存在しているものはすべて振動しています(詳しくは「波長にもっと気を配ろう」をご参照ください)。振動しているということは、すなわち「エネルギー」なのです。

だから、無生物にもオーラが出ているのです。

無生物の振動数は温度が変わらない限り一定です。よって、オーラの量や形に変化はありません。

それに対して生き物には、温度以外にエネルギーを変化させる要素があります。

たとえば、肉体の状態。
健康であればあるほど、エネルギー量は多くなり、オーラはたくさん出ます。逆に病気やケガなどで弱っている時はエネルギー量が少なくなり、オーラの出方も少なくなります。

さらに、知能を持った生き物には感情があります。
うれしくってじゃれているときはエネルギーがいっぱいになり、オーラの出方も大きく、輪郭はなめらかになります。一方、怒ってうなりをあげている時は、これから戦いになるかもしれないので、エネルギー量は増え、オーラの出方も大きくなりますが、輪郭がトゲトゲになります。

複雑な感情をもっている人間の場合は、オーラに明暗と色が加わります。
人から認められたり、苦労が報われた瞬間に、その喜びからエネルギー量が増え、オーラはとても大きくなり、まぶしいくらいの輝きで、太陽を直接見たときのような無色透明になります。それに対して、誰かを憎しんでいて、復讐をするよこしまな妄想をはたらかせている時は、エネルギーが増え、オーラも大きくなり、暗く、赤色になります。また、昔のことにとらわれ、クヨクヨしている時はエネルギーが少なくなり、オーラは小さく、暗く、緑色になります。

オーラに記録されているエネルギーの歴史をたどることによって、過去の体験を読み取ることもできます。この詳細についてはまた別の機会にブログで書きたいと思います。

いかがでしたでしょうか。「オーラはあふれでているエネルギー」だということがおわかりいただければ、オーラの本質を理解できるようになるのです。

自分のオーラの状態を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングでお客様のオーラについて詳しくお伝えすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
波長にもっと気を配ろう
「オーラ」の形も変化します
オーラの色と意味
オーラリーディング

オーラの色と意味

オーラには色がついている(無色透明も含みます)、ということをこのブログで何回か書きました。

さて、オーラの色には意味があるのでしょうか?

答えは、「もちろんあります」。

では、色が意味するものはなんでしょうか。

世間でいう「スピリチュアルな」ことについて書かれている本を読んでみますと、「赤色のオーラは情熱」「緑色のオーラは忍耐」というようにオーラの色と意味が一覧で書かれています。

しかし、他の本には「赤色は愛」と書かれています。また別の本には「赤色は執着」と書かれています

一体どうなっているのでしょうか?

実はオーラには、「○色は△△という意味」という公式が成り立たないのです。

それ以前と言いますか、そもそもオーラは見る人によって、色が違って見えてしまうものなのです。

たとえば、ある人のオーラを二人の方が同時に見たとします。
するとAさんは「淡いピンク色だ」と感じます。しかしBさんは「黄緑色だ」と感じました。

ピンク色と黄緑では、似ても似つかない色です。どちらかが合っていて、どちらかが間違っているのでしょうか?いいえ、どちらも正解です。

オーラの色というのは、とても主観的なものなのです。

見る人の人生経験や価値観を通して、オーラを見ているので、色が違って見えて、当然なのです。

重要なのは「何色か」ではなく、その色を通して、「何を感じるか」なのです。オーラリーディングの結果が合っていれば、それでいいのです。

しかし、オーラには普遍的な部分もあります。
それはオーラが出ている「量」と「形状」です。これに関しては、どの人が見ても同じ結果になります。

オーラにはたくさんの情報があります。
みなさんがこれからも、オーラに対して興味と関心を持っていただけたら、うれしいです。
それも、「自分のオーラはこんななんだ」で止まってしまうのではなく、「自分のオーラの状態は望ましい状態なのかな、それともそうではないのかな。このオーラになっている理由はなんだろう」ということまで、考えていただければ、と思います。

オーラの状態が気になりますか?
ご希望であれば、スピリチュアルカウンセリングの際にオーラの状態やそれからわかることをお伝えいたします。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
オーラの色
「オーラ」の色
「オーラ」の形も変化します

オーラの色

オーラの色 | カレスティア

マンサクの花

「私のオーラは何色ですか?」という質問をよく受けます。

質問に対し「お客様の頭頂の左側は淡いピンク色で、右側は若草色。胸のあたりはやや暗い紫色で、左の肩は茶系が混じった黄色、右肩は・・・」と続けると、みなさんが決まって、けげんそうな顔をされます。

どうやら、多くの方がオーラの色は1色だと思ってるようなのです。

おそらくテレビに出てくる霊能者が「あなたのオーラは緑色です」というような言い方をしているからかもしれません。

しかし実際のところ、オーラはたくさんの色で構成されていて、決して1色ではありません。わかりやすくいうと、全身をカラフルな霧で覆われている様子をイメージしてもらうといいでしょう。

そのようなわけで、頭でも右と左では色は違いますし、肩や胸のあたりでも色が違います。もちろん上半身だけに色があるのではなく、脚やすねの部分、腕や指先にも色がついています。

さらに付け加えると、オーラの色はいつも同じではありません。

オーラの色は感情とリンクしていて、驚いたり、うれしいことがあると一瞬で色が変わってしまいます。
また、思考ともリンクしていて、考えている内容に合わせて、色が変わります。

他には体調、薬、未解決の問題、性格など、あげだすときりがないくらいの要素の影響を受けて、オーラは色を変えます。

せっかくオーラに関心を持っていただけたのなら、色だけでなく、形状や出ている量、明暗にも興味を持っていただけるといいと思います。そらにもたくさんの情報が含まれているのですから。

自分はどんなオーラをしているのだろう?
そう思ったかは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
お客様のオーラについてお伝えさせていただきます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
オーラリーディング
「オーラ」の形も変化します
オーラの大きさ