カテゴリー別アーカイブ: スピリチュアリズム

表の顔と裏の顔

ゴーヤの実

ゴーヤの実

今日は「二つの顔を持つことはよくない」ということを書きたいと思います。

みなさんの周りに、自分の思っていることをなんでも口にして場を凍りつかせたり、険悪な雰囲気になっても平気、という人がいると思います。
その一方で、いつも穏やかにしていて、嫌なことを言われても笑顔を崩さず、自分の意見はあまり言わず、平和主義者。そんな人も思い浮かべることができるかと思います。

さて、この二人、どちらが霊的には上なのでしょうか?

多くの方が後者を上げると思いますが、正解は先に述べた「好き勝手放題にやっている人」の方が上です。
この答えにショックをうける方や異論を唱えたい方もいらっしゃることでしょう。

確かに私たちは、幼い頃から親や先生に、「人前で感情を出してはいけません」「自分の意見をやたらに言ってはいけません」ということを教わってきました。そして、そうすることが、周囲との調和を生み、大人らしい生き方であり、美徳だと言われてきました。

しかし、この考えは人に「表の顔と裏の顔」をもたせる要因にもなっているのです。

「表の顔と裏の顔」とはどういうことでしょうか。例をいくつかあげてみます。

・いい嫁であることを演じたいので、ついつい義母の前では従順なふりをする。
・仕事の打ち合わせや会議で、本当は違う意見を持っているのだけれども、事案が順調に進まなくなるのを恐れて、賛同のふりをしてしまう。
・本当はだらしなくて、いい加減なのだけれども、人前ではそつなくこなしているように装っている。

「表の顔と裏の顔」というと、大層なことのように聞こえますが、このように、ごく日常的にやりがちなこと、これもれっきとした「表の顔と裏の顔」なのです。

「場を読まないで好き勝手なことを言っている人」は「表の顔と裏の顔をもって、大人の振る舞いができる人」よりも霊的には上ですが、周囲の人を嫌な気持ちにさせたり、自己中心的な考えをしている点から見ると、いまだ霊的成長の過程であることは間違いありません。

最終的に目指しているのは、いかなるときも一つだけの顔(ありのままの自分)で、自分が思っていることをちゃんと表現し、それを人にわかってもらえるよう努力をすること。そして、相手にの気持ちも理解して、どうやったらみんなにとってベストなのかを考え、行動できるようになること。これがゴールなのです。

階段は飛ばして昇ることはできません。
私たちがまずやるべきこと、それは、「いかなる時も一つの顔(ありのままの自分)でいる」ことです。
これは結構難しい課題でもあります。

「人とうまくやっていけない」
そんな悩みがあるときは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。自分では気がつかない盲点がわかるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

お金

お金 | カレスティア
マンサクの花が咲きました

私達が地球に再生してくる理由の一つに、「地球でしか体験できないことを通して、自分はどのように考え行動するか、そして、正しい判断ができるかを試している」というのがあります。

霊界は地球ととてもそっくりなのですが、霊界にはないものもあります。その一つが「お金」です。

地球に生きる私達にとって、「お金」は必要不可欠です。

私達は肉体を持っていますので、食べ物をとり続けないと生きることができません。また肉体を保護し、暑さ寒さから身を護るために衣服が必要です。そして肉体を風雨から避けるために住まいが必要です。人が生きるのに最低限必要な衣食住を得るためには「お金」が必要です。

生を永らえるということを通して、私達は「お金」に対して、脅迫心を潜在的に持っているといっても過言ではありません。

また、「お金」には「目に見える」という特性があります。

お金がたくさんある、少ししかない、といったもやっとした感覚値ではなく、「預金が何千万円ある」とか「家中集めても何万円しかない」といった絶対的な数値として把握することができます。

さらに「お金」には「運」と呼ばれる不確かなものも作用します。

たとえば宝くじに当たる、相場で当てる、遺産を相続したというように、本人の努力とは関係ないことでも手に入れることもあります。

「お金」は本来、「人にどれだけ役立ったか」「人にどれだけ喜んでもらえたか」の対価です。

収入が少ないのであれば、「自分はその程度にしか人の役にも立ってないし、喜んでもらえてもいないんだ」と考えるべきです。それでよしとするならその収入に見合った生き方をする。それが嫌だと思うのなら、もっと人の役に立ち、喜んでもらえるように努力をするべきなのです。

もしあなたが、「宝くじがあたったらいいなあ。そうしたら、家を買おう、新車を買おう」と思っているとしたら、それは「努力が足りませんよ。もっと日々の自分を見つめ直しなさい」というサインかもしれません。

もしあなたが、「お金持ちの家に入って盗んでこようかな」「風俗で稼ごうかな」と、楽をして大金をつかもうと夢想してしまうのなら、お金というものの原理原則が理解できていないのかもしれません。生活に困窮しているわけでもないのにそう思ってしまうのなら、かなり重症です。

もしあなたが会社の経営者で、なるべく非正規雇用を増やし、スタッフは薄給で働かせ、自分の収入を少しでも増やしたいと思っているのなら、それは強欲です。

安定した収入があるにもかかわらず、「病気になったらどうしよう」「働けなくなったらどうしよう」という気持ちがいつも頭をよぎる方は、そういった強迫観念が湧き上がってくる原因を探ぐる必要があります。

「お金」に対して、自分はどのような感情を持っているか見つめ直してはいかがでしょうか。
あなたがこの地球で何をしに来ているのか、何に問題を抱えているのかがわかるかもしれません。

どうしていつもお金のことばかり考えてしまうのだろう。 そういったときは、あなたの過去生に理由があるのかもしれません。スピリチュアルカウンセリングで指導霊に尋ねてみてはいかがでしょか。 詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
富を得た経緯が大切
魂の浄化において清貧は必要か
仕事の意味を知る

人生は短い、だからすばらしい

人生は短い、だからすばらしい | カレスティア

柿が色づいてきました

私たちは、「究極の愛」になるという、まるで見果てぬ夢のような、途方もない理想を実現するために何百年、何千年と魂の修行を続けています。

現世界、つまり地球で生きる私たちの世界での死はあくまでも「肉体の死」でしかありません。魂は永遠に生き続け、本当の意味での「死」は存在しません。現世界を去った魂は、故郷である霊界へと戻っていくのです。

ではなぜ、魂は霊界と現世界を行ったり来たりしているのでしょうか。それは、現世界の方が霊界よりも格段に早く魂の浄化ができるからです。そして、それぞれの魂が持つ課題や願望、大志を実現するために現世界へとやってきているのです。

偉人と言われる人たちは、凡人には到底達成できないような素晴らしいことを実現してきました。でも、よく考えてみるとその素晴らしいことも、わずか数十年という努力の結果、実現しているのです。決して、何百年という月日はかかっていません。

大志を実現した偉人でなくても、誰でも持っている課題、たとえば「母と和解したい」といったことは、嫌悪の感情を乗り越え、相手を理解し、その全てを受け入れることができれば、早ければ数年、どんなに遅くても数十年後には達成できるのです。

地球上のどこに生まれようと、性別がどちらであろうと、富んでいようが貧しかろうが、全ての人は等しく、自分の人生を自由に意のままに生きる権利とチャンスがあるのです。

魂が生きる長さから比べると、ほんの一瞬でしかない人生。このわずかな時間を有効に使い、ダイナミックに生きれば、あなたが願っている課題や願望、大志は、必ず手に入るのです。つまり、「人生は短い、だからすばらしい」のです。

自分は人生の目標に向かってちゃんと歩めているのだろうか?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、あなたの指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
なぜ現世界に再生するのか
人生の課題と願望、そして大志

うまくいかない家族

ゴーヤの花

ゴーヤの花

父や母、兄弟姉妹、息子娘といった家族の中にどうしても「しっくりいかない」、仲良くしたいとは思いつつも「毛嫌いしてしまう」そんな家族はいませんか。

もしいたとしたら、その人とはやるべき何かがあるから、あえて家族になったと思って、ほぼ間違いありません。

過去生において、その人とどのような関係で、実際に何があったのかは指導霊に尋ねないとわかりませんが、仮に過去生がわからなくても、良い方向へ向かうためのヒントはあります。

それは相手を「よく観察する」ことです。

批判したり、嫌だといった感情的な反応をすることなく、冷静に相手の行動、言動、思考を観察してください。そこに「自分とよく似たところ」がありませんか。

身勝手だと思ったのなら、自分も自己中心に考える自分勝手な人。人の気持ちがわからないと思ったのなら、自分も人を思いやる気持ちに欠けている可能性が高いのです。

自分を客観的に見るのは難しい作業ですが、自分以外の人を冷静に見るのはそう難しいことではありません。うまくいかない家族を観察することによって、いろんなことがわかってきます。

家族の良くないところがそのまま自分にも当てはまると思ったら、次のステップに進みましょう。

まず、どうしてそのような考えや行動をしてしまうのか原因を考えます。次に、その原因を取り除く努力をします。そして、思考を切り替え、行動を変えていきます。

こうすることによって、過去生で過ちを犯していた自分よりも、着実に前に進むことができます。

やがて、嫌だと思っていた家族ともいがみ合うこと少なくなくなり、言い争いもなくなっていきます。それどころか、その家族が少しでも向上できるよう心から願っている自分がいることに気がつくようになるでしょう。

ここまできたら、その家族とのやるべきことは、ほぼすべてを終了したといってもいいでしょう。

うまくいかない家族を嫌悪したり、無視したり、逃げてはいけません。相手を鏡にし、自分を高め向上するチャンスだと考えてみましょう。

「この家族と前世で、一体どんなできごとがあったのだろう」
そう思った時はスピリチュアルカウンセリング で、指導霊に家族との過去生を尋ねてみませんか。過去生を知ることで、家族との問題がより早く、良い方向に進展できるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

パワースポットを選んでみよう

パワースポットを選んでみよう | カレスティア

山椒の実

突然ですが、パワースポット巡りをしたことはありますか?

パワースポットについて、多くの方が関心をもっているようで、スピリチュアルなこととは関係のないファッション誌や家庭誌にもパワースポットに関する記事がときおり掲載されています。

今日は、せっかくパワースポットに行くのなら、目的にあったパワースポットを訪れた方がより効果的、ということについて書こうと思います。

ただ漫然とパワースポットに行くのではなく、まず「何のためにパワースポットに行くのか」を明確にしましょう。

たとえば、
・最近忙しくて、めまぐるしい日々が続いている。ホッと一息ついて癒されたい。
・近々どうしても負けられないプレゼンテーションがある。必勝のカツを入れたい。
・気持ちが最近沈みがち。元気を出したい。
・エネルギーを充填して、パワフルに日々を過ごしたい。
といったように「自分が必要とするもの」を理解します。

そして、その欲しいものが得られる「パワースポットの選択」を行います。

カレスティアのサロンがある渋谷地区で例をあげますと、「ホッと一息ついて癒されたい」気持ちに最適なのは、氷川神社です。木々に囲まれた、たおやかなエネルギーが満たされている渋谷図書館交差点側にある鳥居付近はとくにお勧めです。公園で遊ぶ子供たちの歓声を聞きながら、しばし佇んでみてはいかがでしょうか。

そして、「必勝のカツを入れたい」という方には、金王八幡がお勧めです。
とくに金王丸御影堂付近は、強力なパワーに満たされています。御影堂で敵に勝つ、己に勝つといったイメージをしっかりもつと良いでしょう。

このように、各パワースポットにはエネルギーの質に違いがあり、パワースポットならどこでも良いというものではありません。目的に沿ったパワースポットを訪れることで、物事がより良い方向に進むパワーを心と体にチャージすることができます。

ここで気をつけるべきことは、ミスマッチしているパワースポットには訪れないことです。

たとえば、「ホッと一息ついていされたい」と思っている方が、金王八幡に訪れてしまうと、神経が高ぶり、イライラが増長し、疲れてしまいます。逆に「必勝の思い」の方が、氷川神社を訪れると「争うことはよくないよね」と、平和的な心になってしまって、普通なら勝てるプレゼンテーションにみすみす負けることになってしまいます。

必要なときに必要なエネルギーを充填する。そのためには、オリジナルのパワースポット・データベースを作っておくことをお勧めします。

肉体や心に疲労を感じていない健康で時間のあるときに、自宅や会社の近くにあるパワースポットに訪れてみましょう。そして、エネルギーを感じ取り、メモをとるのです。このメモがいくつかたまると、立派なデータベースになります。

ここぞというときに、適切なパワースポットに訪れる。そして、必要なエネルギーチャージをする。これが理想のパワースポット巡りです。

「物事がうまく進まない」
そんなときは、自分では気がつかない「待った」がかかっているのかもしれません。スピリチュアルカウンセリング で、何が原因で進まないのかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
パワースポット巡り in 英国 その1
パワースポット巡り in 英国 その2