カテゴリー別アーカイブ: スピリチュアリズム

大切なことを1つだけ

大切なことを1つだけ | カレスティア

ラベンダー

スピリチュアルカウンセリング で、あれもこれもうまくいかない、というご相談を受けることがあります。

ういった場合、私はお客様の指導霊とコンタクトを取り、事柄の1つ1つについて、なぜうまく進まないのか、どうしたら良いのかを尋ね、メッセージをお伝えします。

原因がわかり、ホッとした表情をされるお客様を拝見すると、私も思わず、頬がほころんでしまいます。

しかし、このようなご相談を受けるにつれ、私はあることを思うようになってきました。
それは「大切なことを1つだけにしぼり、全力で向き合えば、もっとうまく進むのではないか」ということです。

私たちには、仕事、家庭、日常の生活の中にやらなくてはいけないこと、やりたいことがたくさんあります。しかし、あれもこれもと手を出すと、結局はどれもうまくいかずに、全てが中途半端になってしまいます。残念ですけれども、これが現実です。

そこで、私からの提案です。

まずは、やらなくてはいけないことと、やりたいことの全てをリストアップし、瑣末(さまつ)なこと、大切なことに区分けをします。

次に、大切なことに分けられた事柄のうち、自分や家族の将来、たとえば5年後や10年後に影響を及ぼすものはどれかを探します。そしてその中から、感性で「最も大切にしたい」と思うこと、1つだけを選びます。頭ではなく、感性で選ぶのがポイントです。

あとは選んだその大切なことをいつも心の中におき、全てにおいて優先することです。
選ばれなかったそれ以外の事柄は、できたらやる、余裕のある時にやる、無理だったらやらない、と割り切ってしまうのです。

ここまで明確にすれば、できないはずはありません。

イメージしていただきたいのですが、あなたにとって、とても大切なものがあるとします。
それをいつもしっかりと持っていたいと思ったのなら、きっと両手で抱きしめるはずです。
つまり、これが大切なことを1つだけ、ということなのです。

器用な人でしたら、片手で1つずつ持ち、2つなら持てるかもしれません。
でもこれは、かなり才能のある人限定です。

凡人である私たちは、2つはもちろん、ましてや、3つも4つも持つことはできません。
腕は2つしかないのですから、当然です。たくさん持とうとすると、結局はすべてを持つことができずに手放してしまうことになってしまいます。

「大切なことを1つだけ」にして、専念する。
もし、いつの日かそれができたと自分で納得し、満足できたのなら、その時に感じるまた別な最も大切なこと、1つに取り組めばいいのではないでしょうか。

がんばっているのにうまくいかない。
そう思った時は、何に問題があるのか、スピリチュアルカウンセリング で指導霊に尋ねてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生を生きる目的
人生の課題と願望、そして大志
大志
時間は大切

人生の課題にはクールダウンも必要

人生の課題にはクールダウンも必要 | カレスティア

バラがたくさん咲きました

今日は人生の課題となる相手と、時には距離を置き、クールダウンすることも必要ということを書こうと思います。

イメージしやすいように例をあげてみます。たとえば、あなたがお母さんとの関係がうまくいっていないとします。
母を憎んでいたり、母に対して強い口調を続けてしまったり、母から自立できなかったり、母に干渉を受けるなど、何らかの問題があるとします。

こういった場合は得てして、母の元に生まれてから現在にいたるまでに何かがあったり、何かがまずかったから、この状況になったというよりも、もともと問題を抱えている相手を母として選んでいるケースがよくあります。

もちろん、そういった場合は、母との関係を修復して、お互いを受け入れることが課題になります。

しかし、いくら人生の課題とはいえ、お互いが煮詰まりすぎていたり、抜き差しならない状況のときには、あえて、課題を一旦棚上げにし、お互いに距離をおいて、冷静になることも必要です。

たとえば、お母さんと一緒に住んでいるのなら、別居をする。
もともと別居しているのなら、電話を含め、お母さんとの連絡を全て断つ、などです。

もちろん、これらの処置は未来永劫ではなく、あくまでも一時的なものです。

お母さんとの距離を置くことによって、気持ちが落ち着いてきたと思えるようになったら、あらためて、お母さんとの間にどういう問題があったのかを一つ一つ洗い出します。そして、それらが発生する原因は何かを考えます。原因がわかったら、それとどのように向き合えば解決するのかを具体的に考えます。

ここまでできたら、お母さんと再び同居したり、連絡を取り合って、関係改善へと進めば良いのです。

人生の課題は、長い人生をかけて解決していくものです。
うまくいかないと感じるときは、あえて人生の課題から離脱し、再度向き合うのも「あり」なのです。

どうしてもうまくいかない家族がいますか?
その家族とどのように向き合ったら良いのか、スピリチュアルカウンセリングでお客様の指導霊に尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

富を得た経緯が大切

富を得た経緯が大切 | カレスティア

しゃくなげ

世の中には本当に裕福な人たちがいます。

超がつく高級住宅地に住み、めったに目にすることのない高級車に乗り、家事は家政婦さん任せ、というような「いったいどうやって儲けているの?」と思ってしまうくらい、お金を持っている人たちがいます。

しかしこういった人たちをうらやんでも、何の意味もありません。

彼らは努力を重ね、市場の支持を得たことによって、裕福になったのかもしれません。そういった人たちが豊かになるのは当然です。

しかし中には、マネーゲームでうまくいった人たち、時流をつかんで運が良かっただけ、という人たちもいます。

彼らは時代の寵児のようにもてはやされますが、そのきらめきはまるで花火のように、ほんの一瞬です。5年後、10年後も彼らが富を維持できているかは、はなはだ疑問です。

収入とは本来、「誰かの役に立った」り、「誰かに喜んでもらった」ことの結果なのです。
ここに霊的真理と、現世界の経済原理があります。

金銭や富は霊界には存在しません。「収入を得る」ことも「富を得ること」も、現世界だからこそできることなのです。収入や富を得る経緯に重要な意味があり、体験することが大切なのです。

結果(富)ばかり追い求めて、経緯(なんのために仕事をするか)をないがしろにしないよう気をつけたいものです。そこをおろそかにすると、たとえどんなに富を築いても、砂上の楼閣となり、気がついた時には、あっという間に崩れ去ってしまうのです。

自分のビジネスはどうしていまひとつ、ぱっとしないのだろう?
そう悩んだ時には、スピリチュアルカウンセリング で、お客様の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
何の仕事をしているかより、何のために仕事をしているか
収入が少ないと嘆く前に
仕事と収入

変化を受け入れる

変化を受け入れる | カレスティア

ニラバナが一面に咲いて、お花畑になっています

魂の浄化のために必要なことのひとつに、「変化を受け入れる」というのがあります。

人は生きている年月に比例して、多くの経験を積んでいきます。そして、「◯◯は△△というもの」という図式が各人の中にでき上がっていきます。これの良い面としては、何かが起きた時にその都度、動揺することなく、冷静に対処できるというのがあります。他人から見ると人生の重さと感じることもできるでしょう。

しかし、こういった図式を多く持てば持つほど、物事を新鮮に考えられなくなるというマイナスの面もあります。

何かが発生するということはそこに因果律が働いているのかもしれません。もしかしたら、指導霊からのサインかもしれません。

しかし、そういったひとつひとつを「◯◯は△△というもの」「人生とはこんなもの」で片付けてしまっては、気づきのチャンスを失うことになります。

さらに、人生経験を積めば積むほど、変化を好まなくなる傾向も出てきます。

私たちは自身の至らなさや不足している部分を「今度こそはできるように」と決意して、現世界に生まれてきています。それなのに、変化を恐れ、昨日と同じ日々を望んでいてよいわけはありません。

スピリチュアリズム(魂の浄化)の素晴らしさの一つに、時間切れがないというのがありす。「もう歳を取ってしまったから無理」と諦めなくてよいのです。自分のよくない点に気づいたら、いつでも取り組むことができるのです。現世界を離れるまで、チャンスはずっと続くのです。

変化を好まず、保守的になっていないか、今一度、自分に問いてみてはいかがでしょうか。
もし変化が受け入れられなくなっていたら、それは魂の浄化が鈍化している兆候と戒めた方が良いのかもしれません。

自分はこのままでいいのだろうか。間違っていないのだろうか。
ふと自信がなくなったときは、スピリチュアルカウンセリング でご自身の指導霊と相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

妖精

妖精 | カレスティア

プラムの実がふくらんできました

スピリチュアリズムや神秘主義、ヨーロッパの古い言い伝えなどで、妖精(ようせい)はよく出てくる概念の一つです。

馴染み深いと言っていいと思うのですが、改めて「妖精って何ですか?」と尋ねると、人によって様々な答になり、定義がいまひとつはっきりとしないといえるかもしれません。
今日は、英国スピリチュアリズムに関わる人たちの間で語られる妖精についての考え方を書こうと思います。

まず最初に、妖精は空想の産物ではありません。ちゃんと存在します。
・・・大丈夫かこの人って、思った人いますよね?^^

私はいままで、2回見たことがあります。
まず1回目は早朝の森林の中で、野草の花を咲かせるために忙しく飛び回っている姿を見ました。激しく動いていたので、じっくりと観察することはできませんでしたが、人に近い姿をしていました。そして、羽が生えていたようにも見えたのですが、いまひとつ、はっきりしませんでした。

そして2回目、これはかなり強烈な体験でした。
茨城県の大洗海岸で車を停め、海を眺めていると、遠くの方に防波堤のような形状で、山と同じくらいの高さに海が盛り上がっているのが見えたのです。ありえないような景色が広がっていましたので、思わず周りを見回したのですが、車でサボっている営業マンらしい人が何人かいましたが、海の方は見ていませんでした。
そのまま、15分くらい見続けていたのですが、待ち合わせの時間が迫っていたので、仕方なく車を動かしました。そして運転中に急に「あれはオケアノスだ!」と、急にわかったのです。妖精について書かれている本を読んでいたので、オケアノスのことはもちろん知っていたのですが、それを見ている時には、何だかわからなくて、ぼうっとしていたのです。不思議ですね。

ところで、妖精は何のために存在しているのでしょうか。
実は私たちと同じく、霊的進歩向上の過程にあり、役割があるのです。

人は人との関わり合いの中で、自らの魂を磨き、隣人愛に生きることによって、一歩ずつ霊的成長の階段を登っていきます。
それに対し妖精は、自然界への貢献によって、魂を向上し、霊的成長をしていくのです。

ある妖精たちは植物と深い関わりがあります。植物は周期的に、花が咲かせ、葉が茂らせ、やがて実をつけます。しかし、温度、日照時間、降水の変化だけでは、このように変化することはなく、妖精たちの関与が必要なのです。
先ほどのオケアノスは、海の浄化を行なっています。
このように、動植物たちの生命維持と繁殖、そして自然界の浄化や運行に妖精が深く関わっているのです。

そして、私たちが究極的に霊的向上をすると天使になるのと同じように、妖精たちも究極的に霊的向上すると天使になるのだそうです。
ですから天使には人出身の者と、妖精出身の者、両方がいるのだそうです。

日頃疑問に思っていることや神秘的と思っていることについて、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ