カテゴリー別アーカイブ: スピリチュアリズム

富とお金の使い方

シャクナゲ

世の中には「お金があり余っているの?」と思いたくなるような人がいて、そのお金の使い方に疑問を持つような時もあると思います。今日は、実はこういった人は、魂の浄化においてさほど問題はなく、むしろ、たくわえ込んでいる人の方に問題があるということについて書きます。

カレスティアの東京のサロンは渋谷にあるのですが、渋谷駅からサロンまでのわずかな道のりや、昼食をとりに外に出る少しの時間でさえ、たくさんの高級車、たとえばベントレー、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティといった車を見かけます。

またサロンの近くには代官山があって、そこに建ついくつかの低層マンションの駐車場にはホテルマンのような制服を着た警備員が立ち、玄関にはコンシェルジェがいます。また、ベビー服やベビーカーを売っているお店も多くあります。その値札を見ると、ちょっとびっくりするような価格がついています。

世の中にはコロナで打撃を受け、収入が減った方も多く、また消費税の増税で可処分所得が減ってしまった方もたくさんいらっしゃると思います。そういった方を尻目に「あるところにはあるんだな」とつくづく思ってしまいます。

先日あるテレビ番組で、美容外科の医師が歯科学生である息子にフェラーリを買い与え、まだ医師にもなっていないのに歯科医院を購入したという話をしていました。そこにいたタレントさんたちは、その行為をいましめ、なんて馬鹿な親だと笑っていました。

我が子の育て方としてそれで良いかどうかは別にして、その医師のお金の使い方は、霊的真理から見るとむしろ妥当なのです。

高級車を買えば、販売会社、輸入業者、修理業者を潤します。医院を買い取れば、売り上げ不振で困っていた医院を助け、不動産業者を潤します。

きっとこの医師は日頃から外食も多く、いろんな物を購入していることでしょう。その行為は売っている人、作っている人、流通している人、たくさんの人にお金を回すことになります。

「儲けたのならその分、市中にお金を回すこと」これが市場経済の原則であり、「富の再分配」なのです。

それに対し問題があるのは、たくさん収入があるのに、一切ぜいたくをせず、買うものは最小限で、ひたすら貯蓄をしている人です。

日本人の感覚からいうと、堅実でひかえめな良い人という評価をしがちですが、霊的真理からいうと「執着」とみなされます。

お金を使わない、ため込むという行為の裏側にある動機として、
・将来への不安
・どんなにたくわえても枯渇感がある
・自分のところに来たものは絶対手放さない
・人にしてもらったことを正しく評価しない
といった、いくつもの問題要素が隠されているのです。

「儲かった」ということは、それだけ「たくさんの人の役に立った」ということです。

そのお金で自分もハッピーになり、お買い物をして「お店の人に幸せのお裾分け」をし、奉仕してくれた人には「お金で感謝を伝える」という考え方が、健康的であり、市場経済を円滑にし、霊的真理にも沿うものなのです。

ここまでお金持ちではないとしても、もしかしたら将来をうれい、お金を使うことに罪悪感を感じていませんか?

自分のお金で人を幸せにする、そういった感性を持つことが、停滞したあなたの状況を打破するきっかけになるかもしれません。

お金の不安が消えませんか?
ご自身の指導霊に不安の正体を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
魂の浄化において清貧は必要か
お金が持つ力
お金

理想的な動物性タンパク質の摂り方

お客様から「肉食はよくないのでしょうか」という質問をときおり、受けることがあります。

このブログでも2度ほど、スピリチュアリズム(魂の浄化)の観点から、肉食を避ける理由はないということを取り上げてきました。

お時間があるようでしたら、まずは過去のブログを先にお読みください。
菜食主義
健康に気を使うのはほとほどに

今日は、動物性タンパク質をとるにあたって、さらに理想を求めるのなら、どのようにしたら良いのかについて書きます。

ポイントとしては「飼育方法」「内臓」「種類」「魚介類」の4点あります。

まずは「飼育方法」について

狭い場所や不衛生な環境での飼育は、家畜に過度のストレスを与えます。ストレスは負のエネルギーです。たとえ肉になった状態であっても、ストレス・エネルギーは肉に残ります。そういった肉を人間が食べると、ストレス・エネルギーを体内にとり込むことになります。その結果、イライラしやすくなったり、短絡的な思考に陥りやすくなります。

ではどうしたら良いのかというと、なるべくストレスがかかっていなそうな環境で飼育されている肉を食べた方が良いということになります。

しかし、スーパーなどで販売されている肉はどのように飼育されたかの情報は明示されていません。情報があるものは、いわゆるブランド肉に限定されてしまいます。ブランド肉は通常の肉よりも高価になってしまいます。

また外食の場合、一部の高級レストランを除いて、チェーン系レストランや安価に提供される食事の場合は、飼育方法の確認はほぼ不可能です。

そこで重要になるのが、次のポイント「内臓」です。

ストレス・エネルギーは筋肉よりも内臓に蓄積する傾向があります。不安なことがあったり、クヨクヨすると胃が痛くなったり、お腹を壊したりしますよね。心配事があって、筋肉痛になったという経験はないはずです。これはストレス・エネルギーが内臓に蓄積しやすいという証拠です。

レバーやホルモンといった内臓肉を食べるなとは言いませんが、習慣的に連続して食べるのは避けた方が良いでしょう。

次に「種類」です
特別な飼育の仕方をした肉を除いて、一般的に飼育環境がよくない順にあげると鶏→豚→牛の順になります。鶏ばかりを食べ続けるというのはやめて、鶏、豚、牛をかたよりなく食べた方が、負荷を減らすことができます。

そして最後に「魚介類」について
天然物の魚や貝は、飼育上のストレスというのはありません。よって、ストレス・エネルギーが最も少ない動物性タンパク質といって良いでしょう。だからといって、養殖物は避けて、天然物だけを食べ続けるというのは、少し無理があります。

ではまとめます。
ストレス・エネルギーを蓄えた動物性タンパク質をなるべくとらないようにするには、可能な限り、ストレスのかかっていない飼育方法で育てられたものを食べるようにする。しかし、飼育方法の確認は難しいので、その善後策として、内臓肉を連続して食べない、肉類、魚介類をかたよりなく食べること、ということになります。

ただしこれは「より理想的な動物性タンパク質をとるには」という前提のお話です。こだわりすぎすぎて、かえって自分にストレスを与えてしまっては本末転倒です。ゆるく、だいたいで良いのです。

一番大切なのは、命をいただいているという感謝の気持ちと、食べ物を無駄にしないという最低限のルールを守ることではないでしょうか。

日頃の生活で、魂の浄化にそぐわないことをしていないか、気になりますか?
スピリチュアルカウンセリングで、魂の浄化にもとづいた生き方を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
菜食主義
健康に気を使うのはほとほどに

より良い選択をするために

ローズマリー

ローズマリー

人生には選択に迫られることが何回もあります。そういったときに、後悔することのないベストな選択をするヒントを今日はお伝えしようと思います。

まず、要点をあげます。
・どうしたいのかを心にたずねる
・先をみる
・しがらみを捨てる
・すでにある選択肢から選ぶのをやめる
この4点です。

では、詳しく書いていきます。

「どうしたいのかを心にたずねる」
人は選択を迫られると、冷静さを失います。そして、少しでも良い選択をしようとあせりますが、冷静を欠いた状態で、良い選択をすること自体に無理があります。
選択しなくちゃという思いや自分をとりまく環境や状況はいったん棚に上げます。そして、将来どうなっていることが幸せなのか、満足できるのかを感じてみましょう。
ここで大切なのは「感じる」ことです。感じるということは、魂の声を聞く近道です。あれこれと考えるのは脳がしていること。論理的ではありますが、魂がしたいこととは必ずしも一致しません。

「先をみる」
心が伝えてきた「なりたい姿」。それは何年後でしょうか、イメージしてみましょう。
仮に5年後だとしたら、5年後にそうなるために、○年後にどうあるべきかを紙に書きます。この時重要なのは手前から書くのではなく、ゴールの5年後から現在へと逆時系列で書いていくことです。
こうすることによって、「現在何をすべきか」が明確になります。

「しがらみを捨てる」
「現在何をすべきか」がはっきりしたときに、あなたの頭の中にいくつかのことが浮かんでいるはずです。
たとえば「経済的に厳しい」「家族が賛成してくれない」「親の面倒を見なくては」など、あなたがしたいと思っていることがいかに困難であるかを伝えるネガティブな考えです。しかしそれに負けて、無難なところで落ち着かせたら、せっかくの機会を失うことになります。選択の時期には、決断が必要です。

「すでにある選択肢から選ぶのをやめる」
「どうなりたいか」そしてそのために「今すべきこと」が、わかりました。するとどうでしょう、もともと選択肢としてあがっていたものの中にあまり良い選択肢がない、または全くないことに気がつくはずです。
人はどうしても、すでにある選択肢から選ぼうとするクセがあります。しかし実際のところ、選択肢は「思っている以上にたくさんある」のです。手の内から選ぶ安直さはやめにしましょう。

選択はなりたい自分になるチャンスです。上記の4つのポイントを押さえて、あなたにとってベストな選択をしてみましょう。

選択のときに「人生の目的に沿っているか」も配慮した方がさらに良いでしょう。
スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。