カテゴリー別アーカイブ: ミディアムシップ

霊感

「霊感」だと思っている場合のほとんどが、実は「霊感ではない」ということについて、書きます。

世の中には「自分には霊感がある」って思っている人が結構多くいらっしゃいます。
たとえば
・交差点の角にたたずむ人影が見えたけれども、もう一度見るといなかった
・喫茶店のボックスシートに寂しげに座っている人がぼんやりと見えた
というようにです。

こうおっしゃる方に「それはいつ頃の話ですか」と尋ねると「3年くらい前です」とか、「年に数回見ます」といった返答をされる場合がほとんどです。

数年前にせよ、年に数回にせよ、頻度がずいぶんと少ないですよね。意地の悪い言い方かもしれませんが、本当に霊感があるのなら、スピリットの姿は毎日のように見え、声も毎日のように聴こえるはずです。

つまり、スピリットを毎日見たり、毎日聞こえるのでなければ、「たまたま霊界と波長があっただけ」ということになります。つまり「霊感がある」とは言えません。

むしろ、霊感がないのに、スピリットを見たり聞いたりしていることに問題があります。
どうして問題なのかを説明します。

人や動物、石や金属など、全てのものが振動しています。これを波長といいます(詳しくは、「波長にもっと気を配ろう」をお読みください)。

そして人には人特有の波長帯域、つまり振動数の上限と下限があります。この波長帯域を超えてしまった時、つまり「逸脱した時」にスピリットを見たり、聞いたりするのです。

では、波長帯域の逸脱は何と関係があるのでしょうか。それは「衰弱」と「思考」です。

病気が進行し、もうだめかもしれないと思っている家族が、ベッドの上であらぬ方向を見てしきりに意思表示していたり、すでに他界した両親がお迎えに来た、と言うのを聞いたことがあるかもしれません。これは、生命エネルギーが極端に衰弱したことによって、人の波長帯域を逸脱し、スピリットを見ることができるようになった証拠です。

波長帯域を逸脱するもうひとつの理由「思考」は、日頃何を考えているかです。具体的にはネガティブな思考です。
たとえば
・昔の出来事にとらわれて後悔している
・現在起きている問題に良い対処できず袋小路に入り込んでいる
・物事を前向きにとらえることができず、うっせきした気持ちでいる
といった感じです。

こういった状態を長く続けていると、やはり波長帯域が逸脱し、スピリットを見るようになります。

「私には霊感がある」と、言う人があなたの周りにいませんか。
もしそういう人がいたら、その人の性格を思い出してみてください。決して明るくて前向きな人ではないはずです。簡単に言うと暗く後ろ向きな印象を与える人ではないでしょうか。

スピリットが見える、スピリットの声が聞こえるという人は、自分の日頃の思考内容をしっかりと見つめ直す必要があります。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
波長にもっと気を配ろう

他界した人はいつ達観できるようになるのか

皇帝ダリヤ

皇帝ダリヤ

ミディアムシップが終ったあとに、「生前とほとんど変わらないのですね」という感想をおっしゃる方がいらっしゃいます。

人は他界したからといってすぐに、公平な意見を持ったり、高い視点でものを考えられるようになるわけではありません。みなさんが想像している以上に良くも悪くも、昔のままなのです。

もちろん、他界した人はいつの日にか、自己中心的な考えが少なくなり、真剣に家族のことを考えられるようになって、物欲からも解放されのですが、それには結構時間がかかります。

ではどれくらいかかるのか、簡単に計算をしてみましょう。

人は他界してすぐに「霊界の病院(パラダイス)」に行きます。
ここで、病いの疲れや精神的苦痛を取り除き、霊界の波長と同調できるまで、保養をします。多くの方は1年くらいかかります。大病を患ったり、心労が多かった方ですと1年半くらいかかることもよくあります。

「霊界の病院」を出ると、いよいよ霊界に行くのですが、最初の霊界はその人の霊格とは完全には適合していません。「とりあえず」のところです。このとりあえずの霊界は、霊界に慣れるのが主な目的なので特別なことは何もしません。ここで数ヶ月過ごします。

霊界に慣れたら、今度はその人の霊格に適合した階層へと移動します。
ここでいよいよ「人生の振り返り」を行います。たとえば、80歳で他界した人であれば、生まれた直後から、他界するまでの80年間の全てを再生します。本人はとっくに忘れてしまっているような些細なことも全部です。1周目はただみて、感想を述べるだけですが、それでも最短で5年はかかります。自分の人生と素直に向き合うことができない人ですと、10年くらいかかってしまうことも珍しくはありません。

1周目の人生の振り返りで、謙虚さを身につける方もいらっしゃいますが、多くはそうではありません。何がよくて、何が悪かったのかさえ、よくわからないというのが正直なところでしょう。

人生の振り返りを終えると次は霊的真理を学びます。
これにもかなりの年数をかけます。少し学んでは、学んだことに該当する自分の人生を再生し、指導霊から「どうしたほうが良かったのでしょうね」と尋ねられます。最善の回答ができる人は少なく、大抵は、まとはずれな受け答えをして終わりになるそうです。これに5〜10年かかります。

これを終えると、再び霊的真理を学びます。
最初の学びよりももっと深く、愛や真理、宇宙の成り立ちについて学びます。
この学びの途中でも、人生の要所を再生し、指導霊から質問を受けます。この段階までくると多くの方が、自分がいかに霊的真理からはずれた生き方をしていたかが、わかるようになります。これにも5年くらいかかります。

ここまでくるとやっと、物欲から解放され、霊的真理を理解することになります。

では全てを加算してみましょう。
全てが最短コースでいけた人ですと16年と半年くらい、てこづってしまった人ですとさらにプラス10年くらいという結果になります。

ミディアムシップを希望される方は、お話をしたい人が他界されて1年半〜5年くらいとうのが最も多いようです。そうなると、霊的真理の習得からは程遠く、「生前とほとんど変わらない」という感想を持たれるのも無理からぬことなのでしょう。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界の病院(パラダイス)
最初に行く霊界
霊界で人生の振り返りを行う

他界した有名人と話すことはできるか

アンズ

アンズ 今年はたくさん実をつけました

カレスティアのミディアムシップ(他界した方との対話)では、お話をしていただく対象を他界したご家族や親しい友人に限定しています。しかしごくまれにですが、芸能人や有名人との対話を希望される方もいらっしゃいます。こういったお申し出は全てお断りしております。

ところで、カレスティアとしてやる、やらないは別として、お客様と接点のない有名人とのミディアムシップって、可能なのでしょうか。

結論を先に申し上げますと(あくまでも私見ですが)、不可能だと思います。

実はミディアムシップというのは、たくさんのスピリットたちの応援があって初めて成り立つものなのです。

ミディアムシップを行うには、まず最初に、霊界にいるスピリットに話をしたいという意思を伝えることから始めます。カレスティアの場合ですと、お客様にお祈りをしてもらいます。こうすることによって、スピリットに○○さんが私と話をしたがっているということを知ってもらい、スピリットにも「私も話をしたい」という気持ちを持ってもらいます。

有名人との対話ですと、もうこの最初の時点でつまづいてしまうと思うのです。

どんなにお客様がお祈りをしたところで、その祈りが他界している有名人につながるのでしょうか。かなり疑問です。

仮につながったとしても、スピリットに「話をしたい」と思ってもらえるでしょうか。スピリットだって、暇を持て余しているわけではありませんし、誰だかわからない人と話をしたいという気持ちはおそらく持てないと思います。

次にスピリットがミディアムシップで、現世界の人と話がしたいと願うと、スピリットを現世界に連れてきてくれる特殊な役割をになっているスピリットが働きかけてくれます。

意外に思うかもしれませんが、スピリットが現世界に来るのはとても難しいことなのです。スピリットの援助なしに、霊界にいるスピリットが現世界に自由に訪れるようになるには、相当な訓練と期間が必要になります。ミディアムシップのために訓練を始めたのでは間に合いませんので、こういった役割をしてくれるスピリットたちの援助がどうしても必要になるのです。

ミディアムシップがいよいよ始まると、よこしまな気持ち持ったスピリットが来ないように場を浄化し、安全を確保してくれるスピリットたちが活躍してくれます。

さらに、ミディアムである私とスピリットのコミュニケーションが円滑に進むように、仲介をしてくれるスピリットもいます。この役割の中には、お客様の指導霊も含まれます。

こういった全ての条件が全てそろってはじめて、ミディアムシップが成立するのです。

もちろん、力を貸してくれるスピリットたちは無償のボランティアです。彼らが動いてくれるのは、スピリットと現世界にいる人がお互いに、もう一度話をしたい、あの時のお詫びをしたい、感謝を述べたいといった思いをかなえるためです。彼らは「純粋な愛」をかなえるために行動しているのです。

それに対して、芸能人や有名人と話したいという人の気持ちの根底にあるものはなんでしょうか。

興味本位、のぞき趣味、有名人と話をして自慢をしたい、といったところでしょうか。こういった気持ちは愛といえるでしょうか。いいえ、愛からとても遠いものですね。こんな自己中心的な欲求のために、スピリットたちが力を尽くしてくれるかというと、おそらく「No」でしょう。

これらの理由から、赤の他人の他界した芸能人や有名人と話をするというのは、不可能だと私は思うのです。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
他界は遠い国への移住
他界して、どれくらい経ったらスピリットは現世界に来られるか