再生していてもミディアムシップは可能か

ミディアム(霊媒)が仲介することで、スピリットとの対話を実現させることをミディアムシップといいます。

さて、ここで疑問なのですが、輪廻転生によって、もし、スピリットがすでに地球に再生していたとしたら、ミディアムシップは可能なのでしょうか。

結論を先に述べますと「ミディアムシップは可能」です。
ではなぜ、ミディアムシップが可能なのか、そのメカニズムを説明したいと思います。

まず、スピリットを特別なものと考えていらっしゃる方が多くいるようですが、実はスピリットと人とはあまり差がありません。違いと言えば、肉体があるかないかだけの差といっても過言ではありません。言い換えますと、魂だけの状態になっているのがスピリットであり、魂が肉体の中に入っているのが人なのです。

そしてさらに多くの人が勘違いをしていることに、「魂は肉体に縛られている。だから魂だけの状態なることはない」と思っていることがあげられます。

でもそれは違います。

人は眠っている間、魂だけの状態になる時間があります。霊界に行って、指導霊に報告をしたり、アドバイスを受けたりします。また、スピリットドクターに治療をしてもらったり、霊界を小旅行して楽しんだりもしています。

では霊界を訪ねている間の魂は、スピリットと完全に同じかというと、少しだけ異なる点があります。それは、眠って霊界を訪ねているあいだは、魂と肉体の間にシルバーコードというヒモでつながれていることが違います。でもこれだけの差しかありません。

一般的なミディアムシップは、霊界にいるスピリットとの対話です。しかし、すでに現世界に人として再生していたとしても、その人が完全に眠ってしまうと、ミディアムシップが可能になるのです。

実際にお客様とのミディアムシップで「私はすでに地球に生まれている。○○という国で、性別は○で、今、○歳になる」といわれたことが、何回かあります。

いったん霊界に戻って、地球に再生するまでのおおよその年数は80年です。しかしこれはあくまでも中央値ですので、個別の事情で長くも短くもなります。他界してずいぶんと経っている方とのミディアムシップですと、すでに現世界に再生しているという可能性もあり得るのです。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。

こちらの記事もよく読まれています
夜寝ている間にする4つのこと
シルバーコード
魂の本拠地はどこ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す