カテゴリー別アーカイブ: 憑依現象

霊障は滅多にない

霊障は滅多にない | カレスティア

プルメリアが咲きました。まるで、南国にいるようです

不幸なことが次々と起こったり、うまくいかないことが続いているなどの理由で、「私は霊に取り憑かれているのでしょうか?」と相談をうけることがあります。

しかし、霊が原因で不幸や不運に見舞われる、いわゆる「霊障」というのは、そうそう滅多にあることではありません。

もちろん「全くない」わけではないのですが、もともと霊感体質の人や精神疾患によって波動が極端に下がってしまっている人でなおかつ、いくつかの条件が揃ったときにはじめて霊障は起こるものです。
ですから、日常生活を問題なく行うことができている方に霊障が発生するというのは、あまりないことです。

では「憑依」もないのかというと、そんなことはありません。

健康であっても、霊的なことに鈍感だと自他共に認める人でも、すべての人に憑依はあります。しかし、恐れることは全くありません。

なぜなら、憑依されている時間はとても短くて、ほとんどの場合、ほんの一瞬です。長かったとしてもせいぜい数時間程度です。ですから、霊が憑依することによって、なんらかの障害が発生するということは、やはりないのです。

では、霊障を疑っていると人たちに何が起きているのかというと、ある共通点があります。
それは「良くない考え方をする習慣がついている」ということです。

たとえば、
・昔のことを思い出しては後悔している
・物事から逃げることを考えている
・自分はダメな人間だと思っている
・他人をあざむいている
・悪口が大好き

など、あげだしたらきりがないのですが、こういったよくない考え方を繰り返すことによって、しらずしらずのうちに自分の波動を下げてしまっているのです。

波動が下がるとどうしても、どんよりとした感じになります。すると、あかるく前向きな考え方をしている人はどんよりとした人を避けますし、類は友を呼ぶで、同じようにどんよりとした人たちが自分の周りにたくさん集まることになります。

そうすると、自分の周りの人たちもうまくいかないことが多く、自分自身も積極的に物事に取り組めませんので、やはり何をやってもうまくいきません。

「霊に取り憑かれているのかも」と、何か行動を起こす前にまずは、日頃の考え方に問題がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

「良くない考え方の習慣、自分もしているのかな?でもよくわからない・・・」
そういうときはスピリチュアルカウンセリング で、指導霊に自分の考え方について尋ねてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊感体質の人はなぜ憑依されやすいのか
イメージとエネルギー

ガーディアン

ガーディアン

庭のバラが今盛んに咲いています

スピリットは霊界に行き、人生の振り返りを行っている間と霊的真理を学んでいる間は、自分のために日々を過ごします。そして、この期間が過ぎると、他人との関わりを持ち、それぞれ役割を持つようになります。

その役割のうち、現世界に降りてきて、現世界にの人々に奉仕をするという任務を持つスピリットたちもいます。私のブログでよく出てくるスピリットガイド(指導霊)もそういったスピリットです。

今回は「ガーディアン(守護者・番人)」と呼ばれているスピリットチームに焦点を当ててみようと思います。

ガーディアンの主な役割は「スピリット・リリース」と「スピリット・レスキュー」です。

「スピリット・リリース」とは、中間世にいるスピリットが人に憑依をしている場合、その憑依をやめさせることです。これはスピリットが憑依を無意識にしている場合も意識している場合もともにです。

もう一つの「スピリット・レスキュー」は、その憑依していたスピリットをスピリットガイド(指導霊)と共に霊界に行くよう説得することです。

ガーディアンは現世界に降りてきますが、主な働きかけは人というより中間世にいるスピリットが対象です。

中間世にとどまってしまっているスピリットは決して放置されることなく、救済の手が差し伸べられているのです。これも霊界の愛ですね。
ちなみにガーディアンとガーディアン・エンジェルはもちろん別です。

「自分は何をよりどころにして生きていったらよいのだろう?」そんなむなしさを感じた時はスピリットガイド(指導霊)の言葉を聞いてみませんか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

霊感体質の人はなぜ憑依されやすいのか

憑依する霊のほとんどは中間世にいる、いわゆる地縛霊です。
地縛霊のいる世界は、暗室のように真っ暗で、凍えるように寒く、自分以外誰もいない孤独なところです。
そして、霊がいる霊界と、人が住んでいる自然界との中間、隙間のような場所です。
地縛霊のいるところから、霊界も自然界も見ることはできないのですが、例外があります。
それが霊感体質の人なのです。
霊感体質の人が、地縛霊がいるところの近くを通ると、地縛霊の世界からみると、まるでほんのりと輝く灯火のように見えるのです。地縛霊は、それが人であることは分かっていません。
真っ暗で寒い世界に、明かりが見えたらどうするでしょう。光のもとへ行き、それについていくのは自然な行動です。
地縛霊が光とともにあること、これが憑依なのです。

「霊感体質だから」とあきらめていませんか?
たとえ霊感体質であっても、意図しない憑依から身を守る方法があります。あなたにあった方法をご自身のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています。
どんな人が憑依されるのか
意外にも霊は憑依していることを知らない
防御のしかた:紫色のマント
防御のしかた:チャクラを閉じる
サイキック・バンパイアからの解除の仕方
念の影響を受けないためにやるべき3つのこと
霊感体質とサイキック・スポンジ

地縛霊はどのようなところにいるのか

地縛霊は、自然界と霊界のはざまにいます。
そこは本来、霊がいるべき場所ではありません。
夜よりも暗く、まるで暗室のようにまったく光がありません。
いくらさまよっても、自分以外の霊を見つけることができず、完全に孤独です。
そして、とても寒く、凍えるような場所です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どういう霊が憑依するのか

私の経験ですと、憑依している霊のうち、ほとんどが地縛霊です。
地縛霊とは、本来行くべき霊界を自らの意思で拒否した霊です。
地縛霊は、肉体をもった人々が暮らしている自然界と霊がいる霊界との中間に位置する、イレギュラーな界にいます。
霊界にいる霊が憑依することもありますが、それはとても稀なことです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スピリチュアルカウンセリングのご相談はカレスティアのホームページをご覧ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆