カテゴリー別アーカイブ: 結婚

この人と結婚したら幸せになれる?

皇帝ダリア

「この人と結婚したら、幸せになれますか」という相談を受けることがあります。この質問は結婚を考えている本人よりも、親御さんから受けることの方が多い傾向にあります。

結論からいいますと、幸せになるために結婚しているのであって、誰かと結婚したら、幸せになれるということはありません。

そもそもこの質問には矛盾(むじゅん)が2つあります。

矛盾の1つめ
「幸せは主観的なものであり、客観的なものではない」ということ。

人類はわずか2〜300年くらいまでは、生きていくのにせいいっぱいでした。住むところがあって、食べ物にも困らない。これだけだって、すごいことです。
現代でも、紛争地域に住む人からしたら、まるで夢のようです。

でも、私たちはそうは考えませんよね。
裕福な家庭なのに愛に飢えたり、悩みを抱えている夫婦はいくらでもいます。

矛盾の2つめ
「再生の計画で決めたパートナーとはそもそも課題を持っている」ということ。

パートナーとなる人とは、過去生で縁があって、何らかの問題が発生し、それが未解決のまま、人生を終えてしまったという証拠でもあります。
魅かれるように結びついた仲であればあるほど、出会った頃のような幸せに満ちた気持ちはやがて終わりを告げ、二人の間に立ちはだかる障害のようなものを感じるようになります。

ここまで聞くと、結婚に夢や希望を持てないと感じてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

霊界にいるときの二人は、自分の未熟な点やいたらないことを乗り越えて、必ず幸せになろうねと誓い合って、この世に生まれてきたのです。これは本当のことです。

誰かと結婚したら、自動的に幸せになるということはありません。また、幸せは転がり込んでくるものでもありません。

パートナーは自分を磨くために自らが選んだ絶好の相手です。その相手を批判せずに受け入れ、相手の長所を見て、二人が少しずつ歩み寄って、最終的に幸せを勝ち取る。それが本当の結婚の姿なのです。

この人との結婚にはどういう課題があるのだろう?
と感じたら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊から、パートナーとの課題を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている

子供を授かるためだけの結婚

ハナニラ

私たちはこの世に生まれるときに様々なことを計画してから生まれてきます。パートナーを選ぶこともそのうちの1つです。

今日は「子供を授かる、それだけの目的でパートナーと約束をとりつけ、結婚することもある」ということについて書きます。

たとえばある人が、過去生で誰かと悔いの残る人生を終えてしまったとします。そして、その人との関係を改善するために、「来世では親子になろう。私が親になり、その人には子供になってもらおう。親子なのだから、どんなに嫌になっても逃げることなく、全力で向き合おう。」と考えたとします。そして、その人にもこの計画を打ち明け、子供として生まれてくることを承諾してもらいました。

次にやるべきことは誰をパートナーにするかです。

多くの場合は、パートナーともやはり過去生で問題があってそれを解決したいというように、課題がある人と結婚の約束をするのが一般的です。

しかしときには子供との関係に集中したいので、「課題のない人をあえてパートナーにした方がよい」と考える人もいます。そういったときには、過去生で出会ったさほど縁があるとも言えない人に事情を説明し、夫婦になってくれるよう懇願します。

そういったときはえてして、相手側からいくつかの条件が出されことがあります。スピリチュアルカウンセリングで、実際にあったケースをあげてみましょう。
たとえば
・本来のパートナーと出会うのに時間がかかるので、それまでの期間限定でよければ
・誰とも結婚するつもりはなかったが、身の回りの世話をしてくれるのなら
・好きなようにさせてくれて、口出しをしないのなら
などがありました。

さて、このような二人が現世に生まれた後はどのようになるのでしょうか。
代表的な例をあげてみます。

二人が予定通りに出会います。
マジックがかかっているので、お互いが好きになります。
結婚し、子供が生まれます。
子供を産んだ途端、妻は夫に興味を失っていきます。
夫はあまり子供をかわいがりません。
妻はこの夫ともに人生を過ごすことに意味も意義も見出せなくなります。

こうなると離婚は時間の問題でしょう。

早い人ですと子供がまだ赤ちゃんのうちに、または幼稚園や小学校の入学などの節目の時に別れてしまいます。

さらに、別れるときも揉(も)めることなく、すんなりと離婚することが多いようです。
別れた後、夫のことを思い出すこともあまりありません。同じように夫も妻のことをほとんど思い出しません。そして、子供に会いたいともあまり思いません。

このような体験をした人はふと、「自分は薄情なのではないか」と思うかもしれません。

しかし、そうではありません。
なぜななら、子供を授かるという目的のための夫婦だったのですから。

夫(妻)と別れてしまったことを後悔していますか?
離婚が正しい判断だったのか、これからどうしたら良いかを指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。渋谷・栃木サロンはもちろんのこと、遠方、人混みが気になる方にはSkypeやLine通話でもセッションを行うことができます。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている
人生の課題と願望、そして大志
人生を生きる目的

あえて結婚しないことを選んだ

ナンテン

ナンテン

スピリチュアルカウンセリングでお客様とお会いしていると、再生の計画のときに、意図的に「結婚しないことを選んだ」という方が少数ではあるものの、いらっしゃいます。

では、なぜあえて「結婚しないことを選んだ」のか、いくつかのケースをあげてみたいと思います。

「結婚に懲(こ)りた」

過去生での結婚生活で、パートナーの暴力や信頼に対する裏切りがあり、毎日泣き暮らすような生活を続け、心身ともに衰弱してしまった。そして、「もう結婚なんて、こりごりだ」と、積極的に結婚しないことを選び、人生から結婚を解放することを望んだ。

「人生の目的を達成するにあたり、パートナーがいないほうが良いと思った」

極端に忙しい職業での活躍を希望していたり、いわゆる才能職に就きたいが、収入が不安定だったり、孤高であることを求められるなど。そして、誰にも縛られずに自由気ままに生きることを願った場合。

「対象をシンプルにしたい」

今回の人生の目的は親との関係の改善。過去生で何度も同じ失敗をしてきたので、なにがなんでも今生で決着をつけたい。そこで、向き合う対象をシンプルにするために、あえて結婚をしないことを決めた。

他にもいくつかありますが、再生の計画で「結婚をしないことを選んでいる」方たちにはある共通点があります。

それは、幼い頃から現在にいたるまで、「結婚したいという気持ちになったことがない」ということです。

ここで気をつけていただきたいのは、「不仲な親を見たことによって、結婚生活に夢を持つことができない」「熱い恋に落ちたことがない」という方は、結婚しないことを選んでいるわけでは必ずしもないのです。

たまたま、または必然的に再生の計画で決めたパートナーと、まだ出会っていないだけなのかもしれなのです。

「結婚したいと全く思わないけれども、結婚しないことを決めてきたの?それとも本当は会うべきパートナーが居るの?」
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に再生の計画について、尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている