カテゴリー別アーカイブ: 防御のしかた

人疲れからの回復方法

人疲れからの回復方法 | カレスティア

「人混みからようやく家に着き、ホッと一息ついて座ったら、もう立つ気力がなくなってしまった。」
「苦手な人と話をしていて、やっと解放されたと思ったら、どんよりしてしまった。」

こんな経験、みなさんにもあると思います。

こういう状態の時にその人のオーラを見ると、灰色にくすんで、重苦しい感じになっています。

これはよくない念の波長、または自分とは合わない波長を持った人との接触によって、自分の魂がその人の波長と同調してしまい、疲弊してしまったことによって起きる現象です。

今日はこのような状態になったときに、簡単に本来の元気な状態に戻す方法の1つをご紹介します。

「塩」をご用意ください。

食塩でも良いのですが、雑貨屋さんで売っている岩塩を球体やハート型に成形したものがあれば、そちらの方がより使いやすいです。

お風呂に入ります。
いつも通りに体を洗って、お風呂から出るときに、食塩の場合は洗面器にお湯を入れ、濃いめの食塩水を作ります。岩塩の場合は、手をお湯にひたし、手が濡れた状態で、岩塩を手のひらに溶かしこみます。

そして食塩水を手ですくって、または岩塩がついた手のひらで、顔全体、あご、首回り、肩、わき、胸、背中、太もものつけ根にこすりつけます。特にあごとわき、太もものつけ根にはリンパ節がありますので、念入りに行います。

皮膚が丈夫な方はタオルで拭き取って終了。
肌が赤くなってしまうのでは、と心配な方はシャワーで塩分を流してください。

たったこれだけです。

なぜ塩を塗り込むことによって、復調するのか、そのメカニズムを説明します。

現世界に生きる私たちは肉体と魂は切り離すことができません。そして肉体と魂は、相互に影響し合っています。
皮膚にとって塩は刺激物です。その塩を擦り込むことによって、塩に負けまいと皮膚が活性化し、やがて肉体全体も活性化します。肉体に活力がみなぎってくると、それに同調して、魂もやがて元気を取り戻すのです。

私はカウンセリング等で、お客様の波長の影響を常に受けています。
フレッシュハーブ、ハーブチンキ、エッセンシャルオイル、塩をローテンションで使うことによって、肉体に耐性ができてしまうことを防ぎながら、毎日リセットしています。

「精神的に疲れたな」と思った時は、塩水を肌に塗る方法を試してみてください。

「人間関係で、心底疲れてしまった。」
そんなときは、スピリットヒーリングで、深遠なる癒しを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体と魂

攻撃してくる人から身を守る方法

攻撃してくる人から身を守る方法

シクラメンを寄せ植えにしました

自分に文句を言っている人、電車などでたまたま向かいの席に座った人からよくない視線を感じる時、自分に対してではないけれども、なにかに激しく怒っている人が目の前に座っている場合、そんな時に自分を守る方法をご紹介します。

こういったよくない感情を持った向かいの人はトゲトゲの攻撃的なオーラを発しています。
何もしないでいると、あっという間に向かいの人のオーラの影響を受けて、自分の意識体が疲弊し、ぐったりしてしまいます。速やかに、オーラの影響を受けないようにしなくてはいけません。

一番良いのは席を立って、他の場所に移動することです。
しかし、それができない場合も結構あります。
そういった時は、自分のチャクラ、特に他人のオーラからの影響を受けやすい、眉間、胸、下腹、お尻のチャクラをふさぎます。

具体的には、腕を組んで胸のチャクラを守り、次に足を組んでベースチャクラとセイクラルチャクラを守り、そして、視線をそらしてサードアイを守ります。

どうです?
いかにも「あなたとは向き合いたくありません」というボディーランゲージそのものですね。笑

こうすることによって、4つのチャクラをふさいで、相手からの攻撃を防ぐことができるのです。

人からの攻撃に敏感で、辛い思いをしている。
そんなときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身のスピリットガイド(指導霊)に相談してみてはいかがでしょうか?
根本的な解決方法について、的確なアドバイスをもらうことができます。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

「防御のしかた」大きな鏡

「防御のしかた」大きな鏡

グリーンカーテンとして植えたひょうたんが、たくさんの実をつけました

言葉や意念で攻撃してくる人から、身を守る方法をご紹介します。

相手と一対一で向かい合っている場合、たとえば、自分への嫌味をグチグチと言ってくる、ガミガミと過剰に怒る上司、モンスタークレーマーのお客様、などなど、逃げるわけにもいかず、ただひたすら聞いていなくてはいけない時に有効な方法です。

まず相手と自分との間に大きな鏡があることをイメージします。
鏡面を相手の方に向けます。
角度を調整して、相手にまっすぐ跳ね返るようにします。
この鏡が盾となって、自分は守られていると感じます。

たったこれだけで、相手はこれだけ文句を言っているのに、あなたが少しもへこたれない、という感情を抱きます。
それだけではなく、自分のトゲトゲとした感情がそのまま跳ね返ってくるようで、嫌になってきます。そして、怒りや嫌味も小さくなっていき、やがてやめてしまいます。

とくに接客業で辛い思いをされている方、ぜひ試してみてください。即効性がありますよ。

「この仕事って、本当に自分に向いているのかしら?」そんな疑問がわいたら、スピリットガイド(指導霊)からの言葉を聞いてみませんか?詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

「防御のしかた」素材と色

「防御のしかた」素材と色

八重桜が咲きました。青空とのコントラストがきれいです。

「防御のしかた」について、下記のような問い合わせのメールをいただきました。

『ブログにあったブルーのガラスと透明ガラスって、役割ちがうのですか? 』

質問していただいた方には個別に回答させていただきましたが、この質問って、結構みなさんも思っていることなのかな?と思ったので、質問してくださった方に了解を得て、掲載させていただきます。

ちょっと遠回りになりますが、解説させていただきます。
・布
・陶器
・ガラス
といった素材の違いによる自分との相性を探します。

次に色ですが
・紫色は頭頂のチャクラのシンボルカラー。頭頂のチャクラは他のチャクラと比べても、たくさんのものを吸収するので、これを守ります。人混みや古刹などで特に有効です。
・青色はヒーリングのシンボルカラー。特定の人と対面する場合に特に有効です。
・無色は、素材そのもの個性を引き出します。人混みや古刹、対面の両方に使えます。

素材と色を組み合わせて、自分に最も向いているものかつ、TPOに合ったものを探していきます。
つまり、ガラスのドームが無色なのは、人混みや古刹に対応するためです。

ブログだとあんまり細々と説明していると文章が長くなってしまうので、そこらへんは省略して書きました。

質問や疑問がありましたら、遠慮なくお寄せください。

「防御のしかた」バラの花

「防御のしかた」バラの花

ムスカリがたくさん咲きました

防御の仕方のうち、今日ご紹介するのは、苦手な相手と話をするときに有効な方法です。
人混みや古刹などを訪れる時の方法ではありませんので、あらかじめ注意してください。

イメージしてください。
あなたの手に一本のバラの花があります。
とてもきれいで、愛くるしく、みごとに咲いています。
このバラは愛を糧として生きています。
さあ、このバラを苦手とする相手に差し上げましょう。
相手は微笑んで、バラを受け取ってくれました。

嫌なものからバリアする今までの方法と違い、苦しみや辛さをもたらす相手に愛を注ぐというやり方です。
相手の手の中でバラが美しく咲き続けるといいですね。