カテゴリー別アーカイブ: 防御のしかた

お祓い

水仙

水仙

「よくないものが憑(つ)いている気がする」「悪いことばかりが続く」といった時に、お祓(はら)いをしてもらおうかな、と考える方もいらっしゃると思います。
ところで、お祓いは本当に効果があるのでしょうか。

結論を先に言いますと、霊や生きている人のよくない念が理由で不調をきたしているのであれば、お祓いは効果があります。ただしその効果は一時的だということ。そして、お祓い以上に大切なのは、なぜそうなったのか原因を知ること、そして今後の対策が重要です。

では詳しく説明したいと思います。

低級霊や生きている人からの良くない念は、低い波長をしています。この念が、人の意識体に覆いかぶさるような状態になります。覆いかぶさられた人の意識体は、低い波長に同調してしまい調子が悪くなります。これが憑依の状態です。

もし憑依されているのであれば、お祓いをすることによって、憑依をはずすことができます。

お祓いは、神社でお祓いをしてもらう、霊能者に除霊をしてもらう、といったものばかりではありません。このブログでも紹介している塩を使う方法マントで身を守るイメージ法などでも十分に効果があります。

しかし、憑依されているのではない、他の理由で不調なのだとしたら、お祓いをしてもなんの効果もありません。

さらに注意していただきたいのは、お祓の効果はあくまでも「一時的」だということです。

想像していただくとわかると思いますが、自分に覆いかぶさっていた低級霊や悪意を持った人の念をお祓いによって取り外したとしても、低級霊が好む状態から脱したり、悪意を持ってい人があきらめない限り、再び憑依されてしまうのです。

そこで重要になるのが、原因を知ることと対策です。

まずは最近の行動を思い出してください。
神社や仏閣、何かがまつられているところに行ってはいませんか。
もしそうだとしたら、お祓いをすることで解決できます。
今後は安易な気持ちでそういったところに出入りをしないことです。祈願をしたい、決意を新たにしたいといったような、しっかりとした目的があるときのみ、敬意をもち、真摯な気持ちで訪れましょう。心霊スポットや廃墟に興味本位で行くのは論外です。

次に日頃の自分の心の中の状態を確認してください。
後ろ向きなことを考えている、将来に不安を持っている、後悔している、などはありませんか。
これらは自分の意識体の波長を下げる行為です。波長が下がると、オーラによる防御力が下がります。すると、同じような波長帯にいる低級霊が付着してしまいます。
お祓いなどで憑依を解除できたら、自分の心の中を常に健常でいることを心がけてください。
「意識体を消耗させる行為」覚え方と解決方法が参考になりますのでお読みください。

そして最後に、人に恨みをかっていないか反省してください。
人は傷つけられることには敏感ですが、傷つけることには無頓着です。
日頃の自分の言葉や行動に高慢さがなかったか、人を押しのけようとしていなかったか、などを省みてください。
そしてもし、傷つけてしまった人がいることに気がついたら、勇気を出して謝ることです。
どうしても謝ることができないのなら、せめて祈ることです。「ごめんなさい。もう私のことを恨まないでください」ではなく、自分の過ちを詫び、その人に心の平安が訪れることを祈るのです。
今後の対策として大切なのは、自分勝手な考え方や振る舞い、言葉をいましめ、自己中心的な考え方から脱却することです。

「○○さんは、私のことをどう思っているのかしら?」
そう思った時はスピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

人疲れからの回復方法

人疲れからの回復方法 | カレスティア

「人混みからようやく家に着き、ホッと一息ついて座ったら、もう立つ気力がなくなってしまった。」
「苦手な人と話をしていて、やっと解放されたと思ったら、どんよりしてしまった。」

こんな経験、みなさんにもあると思います。

こういう状態の時にその人のオーラを見ると、灰色にくすんで、重苦しい感じになっています。

これはよくない念の波長、または自分とは合わない波長を持った人との接触によって、自分の魂がその人の波長と同調してしまい、疲弊してしまったことによって起きる現象です。

今日はこのような状態になったときに、簡単に本来の元気な状態に戻す方法の1つをご紹介します。

「塩」をご用意ください。

食塩でも良いのですが、雑貨屋さんで売っている岩塩を球体やハート型に成形したものがあれば、そちらの方がより使いやすいです。

お風呂に入ります。
いつも通りに体を洗って、お風呂から出るときに、食塩の場合は洗面器にお湯を入れ、濃いめの食塩水を作ります。岩塩の場合は、手をお湯にひたし、手が濡れた状態で、岩塩を手のひらに溶かしこみます。

そして食塩水を手ですくって、または岩塩がついた手のひらで、顔全体、あご、首回り、肩、わき、胸、背中、太もものつけ根にこすりつけます。特にあごとわき、太もものつけ根にはリンパ節がありますので、念入りに行います。

皮膚が丈夫な方はタオルで拭き取って終了。
肌が赤くなってしまうのでは、と心配な方はシャワーで塩分を流してください。

たったこれだけです。

なぜ塩を塗り込むことによって、復調するのか、そのメカニズムを説明します。

現世界に生きる私たちは肉体と魂は切り離すことができません。そして肉体と魂は、相互に影響し合っています。
皮膚にとって塩は刺激物です。その塩を擦り込むことによって、塩に負けまいと皮膚が活性化し、やがて肉体全体も活性化します。肉体に活力がみなぎってくると、それに同調して、魂もやがて元気を取り戻すのです。

私はカウンセリング等で、お客様の波長の影響を常に受けています。
フレッシュハーブ、ハーブチンキ、エッセンシャルオイル、塩をローテンションで使うことによって、肉体に耐性ができてしまうことを防ぎながら、毎日リセットしています。

「精神的に疲れたな」と思った時は、塩水を肌に塗る方法を試してみてください。

「人間関係で、心底疲れてしまった。」
そんなときは、スピリットヒーリングで、深遠なる癒しを受けてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体と魂

攻撃してくる人から身を守る方法

攻撃してくる人から身を守る方法

シクラメンを寄せ植えにしました

自分に文句を言っている人、電車などでたまたま向かいの席に座った人からよくない視線を感じる時、自分に対してではないけれども、なにかに激しく怒っている人が目の前に座っている場合、そんな時に自分を守る方法をご紹介します。

こういったよくない感情を持った向かいの人はトゲトゲの攻撃的なオーラを発しています。
何もしないでいると、あっという間に向かいの人のオーラの影響を受けて、自分の意識体が疲弊し、ぐったりしてしまいます。速やかに、オーラの影響を受けないようにしなくてはいけません。

一番良いのは席を立って、他の場所に移動することです。
しかし、それができない場合も結構あります。
そういった時は、自分のチャクラ、特に他人のオーラからの影響を受けやすい、眉間、胸、下腹、お尻のチャクラをふさぎます。

具体的には、腕を組んで胸のチャクラを守り、次に足を組んでベースチャクラとセイクラルチャクラを守り、そして、視線をそらしてサードアイを守ります。

どうです?
いかにも「あなたとは向き合いたくありません」というボディーランゲージそのものですね。笑

こうすることによって、4つのチャクラをふさいで、相手からの攻撃を防ぐことができるのです。

人からの攻撃に敏感で、辛い思いをしている。
そんなときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身のスピリットガイド(指導霊)に相談してみてはいかがでしょうか?
根本的な解決方法について、的確なアドバイスをもらうことができます。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ