適職

フウセンカズラの種

フウセンカズラの種を採取しました。黒地に白いハート模様の、かわいらしい種です

なんらかの職業に就きつつも「この仕事は本当に自分にあっているのだろうか」「もっと他にあるのではないか」、そして「自分にはどういった職業が向いているのだろうか」と自問していらっしゃる方は結構多いと思います。そして転職すべきかどうかまで、悩んでしまっている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく転職をするのなら、自分に最もあった職業に就きたいですよね。
私は「適職を望むなら、自分の才能を発見することが先」だと考えます。

以前このブログで、才能は過去生における努力のたまものというタイトルで、才能は過去生でひたむきに重ねて来た努力が今生で花開いたもの、という趣旨の記事を書きました。これは、音楽や芸術だけでなく、私たちの身の回りにあるごく一般的な職業にも同じことが言えます。

営業で成績をあげる人には、必ずしも一定の型があるわけではありません。
ある人は、顧客の求めているものを引き出す能力が高く、それをそつなく提供しています。
ある人は、相手の懐に入るのがうまく、情で成績をあげます。
またある人は、激しい闘争心で、同僚の中でいつもトップであり続けることに意義を見出し、自らを鼓舞し続けています。

経営者から厚い信頼を得ている優秀な経理も同じです。
ある人は、些細なことでもいい加減にせず、感情にムラなく、正確であり続けようといつも心がけています。
ある人は、物事の先を考えつづけることようにしていて、資金の過不足を事前に判断し、資金計画をたてることができます。
またある人は、部署内の和を重視していて、自らムードメーカーになることをいといません。

華やかで特殊な職業ばかりでなく、都会にも地方にも、どこにでもある、そして誰もが知っているごく一般的な職業にも必要とされる才能があります。その才能と職業がマッチしたときが「適職」ではないでしょうか。

例にあげた「相手の求めるものがわかる」「人に好かれる」「燃え続ける闘争心」「正確さ」「先を読む力」「人を和やかにする」これらは全て才能です。こういった才能は今生だけで築き上げられたものではなく、過去生での生き方や努力してきた連綿とした事実の反映なのです。

転職する前にまずは、人とは違う、抜きん出たものが自らの中に何があるかを探してみてはいかがでしょうか。
それを見つけることができたら、それを生かすこ職種を探せば良いのです。それがあなたにとっての「適職」になるはずです。

自問したけれども、やっぱりわからない。自分には一体どういう才能があるのだろう?
と悩んでしまった時は、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に自分の才能について質問をしてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す