霊界の犬の気持ち

おはようございます。

我が家ではクリスマス・ツリーやリースを飾り、クリスマスを迎える準備が整いました。

他界した犬の気持ち・クリスマスツリー

最近、ミディアムシップを取っているときに、たまたま偶然ですが、他界して間もないワンちゃんが来てくれることが続きました。

みんな、病で他界した頃よりも何歳か若返って、元気いっぱいの様子です。
幼い時に別れたはずの「(イヌの)お母さんと、一緒に過ごしているんだ!」とうれしそうに報告してくれるワンちゃんもいました。

霊界のワンちゃん達は、毛ヅヤも良くて、元気いっぱいです。

そして、「家族と別れてさみしいけれども、ボクは元気だよ」と伝えてきます。
それで、あることに気づいたのです。
それは、ワンちゃん達は自分のことをどうやら人間だと思っているようなのです。
言葉ではなく、そう感じるのです。

たまたまそう思っているワンちゃん達が続いただけなのかもしれませんが、イヌって案外、自分を「人間だ」と思っているのかもしれません。

霊界にいる期間が長くなれば、その考えがもやがて変わっていくのかもしれませんが。。。

いずれにせよ、飼い主もワンちゃんも、お互いに家族だと思っていることに違いはなさそうです。

霊界は愛でできています。指導霊からの愛のこもったアドバイスを受けてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

follow us in feedly

コメントを残す