親の第2候補

椿のつぼみ

人がこの世に生まれる時に問題が発生した場合を考えて、第2、第3候補の親を選んでおくことはあるのかについて書きます。

医療や科学が発達した現代といえども、両親なくしては人はまだ生まれることができません。そのため、霊界にいる時に誰を両親にするかを必ず決めます。

しかし、予定していた両親のもとに希望通りの性別の赤ちゃんが宿らない、妊娠しない、といったことも十分に起こりえます。もしそうなると、予定していた親とはとは違う親の元に生まれざるを得なくなり、あらゆる面で不都合が生じてしまいます(詳しくは「幼子の世界」参照)。

そういった不測の事態を回避するために、第2の親候補、ときには第3の親候補を決めておくということはあるのか、私の指導霊に尋ねてみました。以下は指導霊の言葉です。

結論から言うと、第2、第3の親候補を決めるということはありません。
理由は大きく3つあります。

まず1つめ
たとえ人生の願望や課題が、全て大人になってからのものだったとしても、誰にどのように育てられるかは重要です。子供時代の自由意志はとても限定的で、多くの部分を親の意向に沿って生きざるを得ません。そういった面からいって、親選びは大切になります。

2つめ
再生の計画というのはかなり綿密なものです。たとえ似たような環境といえども親が違えば、細部で異なります。それに合わせて再生の計画を立てるとなると、かなり複雑で、情報量も膨大になり、現実的ではありません。

最後に3つめ
親になってもらうためには、親になってくれる人の承諾が必要です。勝手に決めることはできません。そのため、過去生で縁のあった人の中から、親になってくれることを頼むことになります。
また、親としても、子供を迎えることで、自分の生き方にも影響がでます。そういったことを踏まえて、愛情をもって「子供になって良いよ」と言ってくれる人はそう多くはありません。

指導霊からの言葉は以上です。

再生の計画で、親の第2、第3候補は用意していないとういうことがわかりました。

親になってくれる人を探すのはかなり難しいことのようです。計画通りの親であっても、そうでなかったとしても、親になってくれたことを感謝したいものですね。

なぜこの親を選んだのかを知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に親を選んだ理由や課題を教えてもらうことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。



こちらの記事もよく読まれています
幼子の世界


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す