予知夢

予知夢 | カレスティア

奄美大島に来ています。アダンが甘い香りを漂わせて、大きな実をつけています

みなさんは「予知夢」を見たことがありますか?
そう、夢の中で見たでき事が、現実に起こるという、あの「予知夢」です。

「一、二度くらいなら見たことがある」という方も案外、多いのではないでしょうか。

ではなぜ、予知夢は起こるのでしょうか?
その原因として、二つのことが考えられると思います。
まず一つ目は「サイキック」に由来するもの、そして二つ目が「スピリットからのメッセージ」です。

一つ目の「サイキック」について。
サイキックとは、超能力のことで、人として持っている一般的な能力を超える、なんらかの能力を持っていることを指します。

たとえば、バッグや包みの中にあるものがわかったり、目の前にいる人の言っている内容や表情は別にして、何を考えているのかが、なんとなくわかってしまう、といった力です。

こういった人は、睡眠によって、サイキック能力を押さえ込んでいた大脳から解放され、力がフルに発揮されて、予知夢を見ることがあります。

そして二つ目の「スピリットからのメッセージ」。
ある日を境に立て続けに予知夢を見る場合は、スピリットからのメッセージの可能性があります。

他界した肉親や親しい人、スピリットガイドが、何かを伝えたくて、あなたに話しかけているのかもしれません。
「これから見る夢を単なる夢で終わらせないで」といった思いから、すぐに起こることを何回か見せて、夢に注意を払わせようとしている可能性があります。

立て続けに見た予知夢の後に、予知夢とは少し違った雰囲気の夢を見たら、そこにスピリットからのメッセージが込められているのかもしれません。伝えたかった真意を読み取って下さい。

「子供とどうもしっくりいかない。意思の疎通がしっかりとれているとは言えない」
そんな悩みがあるときには、お客様のスピリットガイド(指導霊)に、原因と解決策を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す