カテゴリー別アーカイブ: オーラ

薬とオーラの関係

薬とオーラの関係 | カレスティア

薪ストーブは冬の楽しみの一つです

前回のブログで、オーラリーディングについて書きましたので、今回は「こういうお客様はオーラリーディングができない、または難しい。そしてそうなる原因」について、書こうと思います。

ほとんどのお客様の場合、オーラを見だすとほぼ同時にリーディングを開始できます。

しかし、オーラを見た瞬間から「あっ、これはリーディングが無理」というお客様もいらいっしゃます。

それは、向精神薬を飲んでいらっしゃる方。もう少し詳しく書くと抗ウツ剤、抗不安薬です。そして、統合失調症の抗精神病薬を飲んでいる方もそうです。
これらを飲んでいらっしゃる方と飲むのをやめてまだあまり月日が経っていない方は、オーラが全くといっていいほど出ていません。そのため、オーラを読み取ることができないのです。

次にオーラリーディングが困難な方。

それは、睡眠薬を飲んでいらっしゃる方です。
オーラリーディングができないというわけではないのですが、情報がバラバラになっていて、読み込んでいる途中で違うものと入れ替わってしまったりと、リーディングにかなり苦労します。

ちなみに入眠の助けや途中で目が覚めてしまうのを防ぐために、たまに睡眠薬を飲んでいるというのであれば、常習している方ほど困難ではありませんが、やはり睡眠薬をまったく飲んでいない方とは明らかに違います。

ちなみに、一般の方のオーラの出方が10〜40cmくらいなのに対し、睡眠薬を飲んでいらっしゃる方は、わずか2〜3cmくらいしか出ていません。

精神や睡眠に関わる薬は、意識体に強い影響を与えます。その結果が、オーラの出方として反映されるようです。

どんな薬にも全て副作用があります。ウツや統合失調といった病であれば薬を飲むべきですが、安易な気持ちで睡眠薬に手を出すのは、考えもののようです。

「自分ではどうしたら良いのかわからない」という悩みがもしおありなら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。指導霊ならではの的確なアドバイスを聞くことができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

オーラリーディング

オーラリーディング | カレスティア

梅のつぼみが、ふくらんできました

スピリチュアリズムに関わることで、多くの人がよく理解できていない、そして、わかりにくいことのひとつに「オーラ」があると思います。

「オーラって何ですか?」という質問をしたとします。すると、「色がついている光のようなもの」と答える方が多くいらっしゃるでしょう。でも、これだけだと残念ながら、オーラについて、そのほとんどが理解できていないのと同じなのです。

今日はオーラから情報を読み取る、「オーラリーディング」について、その一部をご紹介しようと思います。

オーラにはその人が体験してきたこと、そのありとあらゆる情報が蓄積されています。

たとえば、
・生まれて間もない時にお父さん、お母さんがどんな表情であやしていてくれたか。当時のお父さん、お母さんの状況。お母さんが働いていたか、主婦だったか。
・幼少期の性格。日々どのように過ごしていたか。おじいちゃん、おばあちゃんとはどのくらいの頻度で会っていたか、また、どのように接していてくれたか。
・幼稚園に入園する時、どんな様子だったか。どんなお友達がいて、どんな子だったか。
・小学校に入学する時の様子。初めて受け持ってくれた先生。
・どんな習い事をしていたか。それに対して、どのような気持ちで臨んでいたか。
・どんな教科が好きで、何が不得意だったか。
これが、中学校、高校、大学まで学生生活を細かく読んでいくことができます。
そして、
・入社した会社はどれくらいの規模で、どういった部署に配属されたか。そこにはどんな上司や同僚がいたか。
経験ばかりではありません。
今住んでいる、または過去に住んでいた、または実家の立地。一戸建てか、2階建か、平屋か、または集合住宅か、何階建ての何階に住んでいたか、壁や屋根の色。
そして、
父、母、兄弟姉妹、友人、恋人の顔、体格、性格、それぞれの方とどのような感情を持っていたか。
などなど。

あげだしたらきりがありませんが、多くを読み取ることができます。

しかし、読み取ることができないものがあります。
それは「未来」です。
オーラには過去が残されていますが、これから起こることについては何も記されていないのです。

オーラって、知れば知るほど、おもしろいと思いませんか?

スピリチュアルカウンセリングで、オーラリーディングを行なっています。オーラの不思議を体験してみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

ニュースは見ないほうがいい?

ニュースは見ないほうがいい?

ヒヤシンスが咲きました

ヒーリングでご年配の方のお宅を訪問することがよくあります。

たいていどのお宅も、特に見ているわけではないのに、テレビがつけっぱなしの状態になっています。
我が家ではテレビを全くと言っていいほど見ないので、あらためて、テレビが伝えている内容に負の情報がとても多いことに気づかされます。

私たちの波動やオーラは、自分の心のありようや意識体の状態を表しています。それと同時に、外部からの刺激にも大きく影響を受けます。

遠い国で行われたテロや幼い子供の命が奪われた悲惨な事件、これらは私たちにとって本当に必要な情報なのでしょうか?

情報を受け取る時に収捨選択をしないと、受け取り過剰になってしまいます。そのうち感情が鈍感になって、負の情報に反応しなくなってしまいます。
でも、波動やオーラにはしっかりと反映されます。

情報の垂れ流しになってしまうテレビ。
特にニュースについては特に気をつけなくてはいけません。

家族と食事を取る時にテレビをつけっぱなしにする習慣、特にニュース、見直してみてはいかがでしょうか?

Skypeを使ってのスピリチュアルカウンセリング、ミディアムシップをスタートしました。遠くてサロンに行くことができないという方、ご検討されてはいかがでしょうか。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

オーラを大きくする方法

オーラを大きくする方法

真っ青な空と梅の花、きれいですね

前回のブログで、オーラはできるだけ大きく、それも愛に満ちた状態であることが良い、ということをお伝えしました。では、オーラを大きくするにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、愛にあふれ、肉体を健康に保つことです。

とても大切ですし、本質的なことです。
でも、いつも愛にあふれ、肉体を健康に保つことって、結構難しいですよね。
もっと手軽に大きくする方法はないのでしょうか?

もちろん、あります。
鍵はプラーナ(エネルギー)がにぎっています。
プラーナを積極的に多く取り入れると、オーラはより大きくなります。

特に意識しなくても、睡眠のときに人はプラーナを取り入れています。
ですから、まずは十分な睡眠をとること。そうすれば、プラーナをたっぷり吸収することができます。逆に寝不足が続くと、あっという間にプラーナが不足し、オーラも小さくなってしまいます。

さらにプラーナを積極的に取り入れるためには、チャクラの瞑想がお勧めです。
・・・チャクラの瞑想の仕方については、「チャクラの瞑想」 意識体にプラーナを取り入れる瞑想をご覧ください。

プラーナを取りすぎることによる弊害はありませんので、元気がないな、心が折れそうだなというときにはチャクラの瞑想をしてください。

そして、できることならチャクラの瞑想を毎日行っていただけると、エネルギーが常に満ちている状態になって、オーラがより大きく、安定した状態を維持することができます。

職業選択で悩んだときは、ご自身のスピリットガイドに尋ねてみませんか?詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

オーラの大きさ

オーラの大きさ

葉の周りを縁取るように霜がついていました

オーラの形や色、大きさ(出る量)は、人によって様々です。そして、肉体と意識体(魂)の状態によって刻々と変化します。

今回と次回は、オーラの大きさに着目して、どのような時にオーラが大きくなるのか、意図的に大きくすることはできるのかについて書いてみようと思います。

オーラが大きくなるのは、意識体が活性化していて、エネルギーに満ちているときです。
愛に満ちているときはオーラが大きくなり、明るい色をして、卵状の形をしています。
邪悪な意念やエネルギーに満ちているときにもオーラは大きくなりますが、色は赤や黒味を帯びて、鈍重な色合いで、ギザギザの形になります。

肉体が健康な時にもオーラは大きくなります。
病気や怪我をしているときにはオーラが小さくなります。

オーラの大きは防御力と密接な関係があります。
愛に満ちた大きなオーラのときは、他人からの中傷やよくない想念をはねのけ、近くにいる人からのオーラの影響を防いだり、病気に対する免疫力さえ上がります。
邪悪な大きなオーラのときは、他人を攻撃する力を持っています。

次回は、オーラを大きくする方法について書かせていただきます。

最近、心が折れそうなことばかり、そんなときはスピリット・ヒーリングで癒されてみませんか?詳しくは「ヒーリング」をご覧ください。

ヒーリング