月別アーカイブ: 2019年8月

恩返しで妻(夫)になる

ハイビスカス

ハイビスカス

この世に生まれるときに誰をパートナーにするかをあらかじめ霊界で決めている方がたくさんいます。相手を決めているということはすなわち、相手の方と過去生において、何らかの関係があったという意味でもあります。

今日はパートナーとなる理由に「恩返し」を目的としているケースについて書きます。

しかし、恩返しで夫婦になるカップルというのは少数派です。とはいえ、一定数存在しているのも事実です。

スピリチュアルカウンセリング にお越しいただいたお客様の中で、実際にあったケースですと
・大ケガをして身動きが取れなくなっていたところを助けてくれた
・貧困を極め、食べ物にも窮しているときに経済的に援助してくれた
・土砂崩れにあい、埋もれているところを救出してくれた
などがありました。

恩の内容は様々でしたが、振り返ってみると、共通している点が3つありました。

まず1つめ、「生死を極めるほどの困難から救ってもらった」

私たちは生きく上で何度も、たくさんの人に助けてもらいます。ただし「生死を極めるほどの困難」から救ってもらうということは、そう滅多にあることではありません。
そういったことからいっても、まさに大恩といえるでしょう。

2つめ。「恩を返すことができなかった」

これだけの恩を受けたら、どのような形であっても、恩返しをするのが一般的だと思います。
しかし、恩返しの目的でパートナーを決めた方には、その場で別れてしまったきり、二度と会えなかったなどの理由で、恩が返せなかったという共通点がありました。

そして最後の3つ目の共通点は、霊界の考えと私たちの考え方の違いを感じるものです。それは、「恩を返す必要はないと言われのに、あえて恩返しを望んだ」ということ。

再生の計画のときに「あの時の恩がいまだに返せていないから、次の再生の時に妻(夫)になって恩を返したい」という計画をたてました。しかし、指導霊や周りのスピリットから「恩を返す必要はない」と説得を何度も受けていたのです。

霊的真理からいうと「恩は貸し借りではない」ということなのだそうです。
別の言い方をすると恩を受けた方は「心から感謝する」ことで十分。そして恩をかけた方は「見返りを希望しない」。これが霊的真理なのだそうです。

その点から言っても、「恩返しのために妻(夫)になることはナンセンスだし、そういったことよりも、課題がある相手をパートナーに選んで、魂の進歩向上を目指すべきだ。」と、指導霊から勧められたのです。

しかし、そういったアドバイスにも耳を傾けることなく、ひたすら「恩に報いたい」という一念で妻(夫)となる約束をして、夫婦になりました。
「恩返し」で夫婦になるというのは、恩を受けた方の「恩を返したい」という願望だったのです。

どうしてこの人と夫婦になったのだろう?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊から再生の計画を尋ねてみてはいかがでしょうか。パートナーとの方との思わぬ関係がわかるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
願望
「再生の計画」前世でも夫婦だった
「再生の計画」霊界で行なうこと

表の顔と裏の顔

ゴーヤの実

ゴーヤの実

今日は「二つの顔を持つことはよくない」ということを書きたいと思います。

みなさんの周りに、自分の思っていることをなんでも口にして場を凍りつかせたり、険悪な雰囲気になっても平気、という人がいると思います。
その一方で、いつも穏やかにしていて、嫌なことを言われても笑顔を崩さず、自分の意見はあまり言わず、平和主義者。そんな人も思い浮かべることができるかと思います。

さて、この二人、どちらが霊的には上なのでしょうか?

多くの方が後者を上げると思いますが、正解は先に述べた「好き勝手放題にやっている人」の方が上です。
この答えにショックをうける方や異論を唱えたい方もいらっしゃることでしょう。

確かに私たちは、幼い頃から親や先生に、「人前で感情を出してはいけません」「自分の意見をやたらに言ってはいけません」ということを教わってきました。そして、そうすることが、周囲との調和を生み、大人らしい生き方であり、美徳だと言われてきました。

しかし、この考えは人に「表の顔と裏の顔」をもたせる要因にもなっているのです。

「表の顔と裏の顔」とはどういうことでしょうか。例をいくつかあげてみます。

・いい嫁であることを演じたいので、ついつい義母の前では従順なふりをする。
・仕事の打ち合わせや会議で、本当は違う意見を持っているのだけれども、事案が順調に進まなくなるのを恐れて、賛同のふりをしてしまう。
・本当はだらしなくて、いい加減なのだけれども、人前ではそつなくこなしているように装っている。

「表の顔と裏の顔」というと、大層なことのように聞こえますが、このように、ごく日常的にやりがちなこと、これもれっきとした「表の顔と裏の顔」なのです。

「場を読まないで好き勝手なことを言っている人」は「表の顔と裏の顔をもって、大人の振る舞いができる人」よりも霊的には上ですが、周囲の人を嫌な気持ちにさせたり、自己中心的な考えをしている点から見ると、いまだ霊的成長の過程であることは間違いありません。

最終的に目指しているのは、いかなるときも一つだけの顔(ありのままの自分)で、自分が思っていることをちゃんと表現し、それを人にわかってもらえるよう努力をすること。そして、相手にの気持ちも理解して、どうやったらみんなにとってベストなのかを考え、行動できるようになること。これがゴールなのです。

階段は飛ばして昇ることはできません。
私たちがまずやるべきこと、それは、「いかなる時も一つの顔(ありのままの自分)でいる」ことです。
これは結構難しい課題でもあります。

「人とうまくやっていけない」
そんな悩みがあるときは、スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。自分では気がつかない盲点がわかるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

同じ人生の目標

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

人は霊界にいるときに、再生の計画をたてます。
そして、今世では「○○をしよう」というように、人生の目標をたてます。

しかし、たとえ人生の目標が同じであったとしても、人によって背景や立ち位置は随分と異なります。

例をあげて説明しましょう。
ここにAさんとBさんという二人の女性がいたとします。そして二人とも「自立した生き方をしよう」と、同じ人生の目標をもっていたとします。

Aさんは、幼い頃から両親や周囲の人の影響をほとんど受ける事なく、独自の価値観を持ち、イエス、ノーがはっきりしていて、人に迎合することはありません。

一方 Bさんは、何をするにも親がかりで、親が決めた学校に通い、就職先も親のコネで入りました。親にも、仲の良い友達にも「○○をしたい」と自分の意見を言ったことがありません。いつも誰かに合わせています。

ここまでですと、AさんとBさんが、同じ人生の目標を持っているとはちょっと思えませんよね。

この差は一体どこから来ているのでしょうか?
それは、過去生の生き方の差から来ているのです。

Aさんは、直前の過去生、2つ前の過去生ともに今と同様に女性でした。そしていずれのときも、親やパートナーの収入が低く、自らが一家の大黒柱となって働き、家族を養ってきました。

Bさんも、ここしばらくの過去生で女性でした。いずれのときも、過保護気味の親に育てられ、親が決めた相手と結婚しました。そして、親も伴侶も資産家で、経済的に豊かな生活を送ってきました。

それにしてもここまで異なるAさんとBさんがともに「自立した生き方をする」という目標を持ったのはなぜでしょうか。

それは、Aさんが働き、収入を得ていたのは、自らの意思で決めたことではなく「私が家族を養わなければ、家族が飢えてしまうから」必要に迫られてのことでした。だからこそ今度は、自らの意思と選択で、自分のために「自立したい」と願ったのです。

Bさんは、いつも親や夫の言う通りに生きてきて、自分の人生を歩んできたという実感がありませんでした。だから今世は、自分でしっかりと物事を決めて、収入も得て「自立した生き方をしたい」と考えたのです。

以前のブログで「若い頃は過去生を再現する」ということを書きましたが、幼少期、少年期、そして社会人になって2、3年までは、過去生の生き方とそっくりになります。そして、そういった生き方に行き詰まりや不都合を感じたときに「さあどう生きるか」と、いよいよ人生の本番になるのです。

たとえばAさんは、過去生で、より多くの収入を得ようとして、肉体労働や危険を伴う職業についていたのなら、今世でも、手っ取り早く収入を得られる道を選びがちです。
しかし過去生で、頑張っている割には評価されない悔しさを体験しているのなら、今世では安易に仕事を選ばずに、人に認めれ、一目置かれるような仕事に就きたいという気持ちの葛藤があるかもしれません。

Bさんは、ぬるま湯から抜け出すことができず、ついつい流されてしまいがちでしょう。親からの支援を受けずに、自分の収入だけで生きていくことに魅力を感じつつも、決断できずにいつの間にか時が経ってしまうかもしれません。

このように、同じ人生の目標を持っていたとしても、その中身は随分と異なるものなのです。

「自分は何をするために生まれてきたのだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の再生の計画を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
若い頃は過去生を再現する
浄化の課題
願望
大志