月別アーカイブ: 2022年5月

生きづらさの原因

野ばら

人は一人で生きているわけではありません。家庭ではパートナーや子供といった家族、仕事に出れば上司に同僚、取引先とたくさんの人たちに囲まれて生きています。こういった中で、センサーを働かせ、予測をするをすることが大切だということについて書きます。

渋谷には有名なスクランブル交差点というのがあります。歩行者の信号が青になると、全方位から一斉に人が歩き出し、向こう側へと渡るのですが、人の量が桁違いに多いのが特徴です。この交差点で人々がどのように渡っているのかを観察をすると、あることがわかります。

それは、外国の人は何回も人にぶつかりそうになって、ようやく向こう側に渡るということです。

日本人の多くはスマホを見ながら下を向いて歩いてるのですが、誰もぶつかりそうになりません。それに対して外国の人は前を見ながら歩いているのに、何回も人にぶつかりそうになります。

また渋谷の街を歩いていると外国の人がたくさんいらっしゃいます。彼らがグループの場合、たいていが横になって歩いています。後ろから誰かが足早に近づいてきても、とうせんぼをした状態のまま、おしゃべりに夢中になって歩いています。

日本人グループ場合、横になって歩いて、話に夢中になっていても、後から人がやってくると、スッと道をあけます。

いったいどういうことでしょうか。それは、日本人は「センサー」をいつも強く働かせていて、「予測をしている」ということです。

日本人は歩きながらスマホに没頭しているようで、実は周りの人と自分との距離感を気にしなが歩いています。これが「センサー」です。

後ろからやってくる人の気配を感じたら、邪魔になっているのではないかと「予測をして」道をあける、ということをしているのです。

この記事でいいたいのは「なんて日本人は素晴らしいのだ」ではなくて、日本人には「センサーを常に働かせ、予測をする」ことが暗黙のうちに強く求められているということです。

秩序があり、スマートな国民性ではありますが、見方を変えると、こういったことが苦手な人には「生きづらい国」なのです。
しかし、この国に生まれ、この国で生きているのですから、愚痴を言っていても始まりません。

自分は周りとうまく溶け込めていない、スムーズな人間関係を作れない、そう感じている方は「センサーを働かせる」「予測をする」ということが手薄になっていないかセルフチェックをしてください。

「センサー」は気をつけようと心がければ、少しずつ磨かれていきます。

「予測をする」はずばり、「考える」ということです。
自分のことだけに夢中になっていてはだめです。今の状態を続けているとどうなるだろうと「考える」ことが必要なのです。

生きづらさには必ず原因があります。その原因を探し出すことが大切です。でも、もし見つからない場合は、「センサーを働かせ、予測をする」ことで、ずいぶんと変わることができるはずです。

生きづらいと感じる本当の原因はなんでしょうか。その原因と対策を指導霊に尋ねることができます。詳しくはホームページをご覧ください。

我が子の方が再生回数が上

霊格とこの世に生まれる再生の回数は密接な関係にあります。魂の浄化や進歩向上には、どうしてもある程度の再生回数が必要です。それゆえ一般的に、再生回数が多ければ、霊格も上ということになります。もちろん例外もありますが。

今日は夫婦や親子というのは基本的には同じような霊格(=再生回数)の者同士で家族を構成することが多いのですが、ときには親よりも子供の方が再生回数が上、ということも決して珍しくはないということについて書きます。

では本題に入りましょう。

みなさんは、お子さんを自分より下だと思っていませんか?
たとえば、
・うちの子は世間知らずだから
・間違いのない道に進ませてあげよう
・この子の才能を発見してあげたい

親としてこう考える気持ちは良くわかります。我が子はあぶなっかしくて、可愛いものです。

でも、
・世間知らずなのはまだこの世に生まれてからの経験数が少ないだけのこと
・間違いのないっていうのは、あくまでもあなたの人生観ですよね
・才能って、人に発見してもらうものなのでしょうか
ちょっと意地悪な言い方をしましたが、こういう見方もできるのです。

親よりも再生回数の多い子供の場合、幼い時はこの世での経験数が当然ながら少ないのですが、歳を重ねるにつれ、思慮の深さ、自信のあらわれなどは親を凌駕(りょうが)することが多くなります。

また、人生の目標を達成するための計画が親よりもしっかりしていて、何をするために生まれてきたのかを無意識に把握していることがほとんどです。そのため、親から言われる見当違いなアドバイスは受け入れません。

才能は過去の人生の積み重ねから生まれるものです。決して発掘するような種類のものではありません。親からなんと言われようと、夢中になってやっていることや、小さい頃から一貫して「○○になりたい」といっていることがあるのでしたら、それが才能なのです。

あなたのお子さんが
・親の意見をどこ吹く風といった感じで聞き流している
・子供の方が落ち着いていて意見を言いにくい
・まるで祖父母と接しているような気持ちになることがある
ということがあったとしたら、お子さんの方があなたよりもずっと人生の先輩なのかもしれません。

そういう場合は、世間の常識や人としてのルールを教えるにとどめ、あとは我が子を信じて、あたたかく見守る方が、お互いにとって良い結果になることでしょう。

子育てや子供の進路で迷っていたら、スピリチュアルカウンセリングで、我が子が歩もうとしている道を尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
現世界と霊界を行き来する理由
赤ちゃんの魂は無垢ではない

霊感

「霊感」だと思っている場合のほとんどが、実は「霊感ではない」ということについて、書きます。

世の中には「自分には霊感がある」って思っている人が結構多くいらっしゃいます。
たとえば
・交差点の角にたたずむ人影が見えたけれども、もう一度見るといなかった
・喫茶店のボックスシートに寂しげに座っている人がぼんやりと見えた
というようにです。

こうおっしゃる方に「それはいつ頃の話ですか」と尋ねると「3年くらい前です」とか、「年に数回見ます」といった返答をされる場合がほとんどです。

数年前にせよ、年に数回にせよ、頻度がずいぶんと少ないですよね。意地の悪い言い方かもしれませんが、本当に霊感があるのなら、スピリットの姿は毎日のように見え、声も毎日のように聴こえるはずです。

つまり、スピリットを毎日見たり、毎日聞こえるのでなければ、「たまたま霊界と波長があっただけ」ということになります。つまり「霊感がある」とは言えません。

むしろ、霊感がないのに、スピリットを見たり聞いたりしていることに問題があります。
どうして問題なのかを説明します。

人や動物、石や金属など、全てのものが振動しています。これを波長といいます(詳しくは、「波長にもっと気を配ろう」をお読みください)。

そして人には人特有の波長帯域、つまり振動数の上限と下限があります。この波長帯域を超えてしまった時、つまり「逸脱した時」にスピリットを見たり、聞いたりするのです。

では、波長帯域の逸脱は何と関係があるのでしょうか。それは「衰弱」と「思考」です。

病気が進行し、もうだめかもしれないと思っている家族が、ベッドの上であらぬ方向を見てしきりに意思表示していたり、すでに他界した両親がお迎えに来た、と言うのを聞いたことがあるかもしれません。これは、生命エネルギーが極端に衰弱したことによって、人の波長帯域を逸脱し、スピリットを見ることができるようになった証拠です。

波長帯域を逸脱するもうひとつの理由「思考」は、日頃何を考えているかです。具体的にはネガティブな思考です。
たとえば
・昔の出来事にとらわれて後悔している
・現在起きている問題に良い対処できず袋小路に入り込んでいる
・物事を前向きにとらえることができず、うっせきした気持ちでいる
といった感じです。

こういった状態を長く続けていると、やはり波長帯域が逸脱し、スピリットを見るようになります。

「私には霊感がある」と、言う人があなたの周りにいませんか。
もしそういう人がいたら、その人の性格を思い出してみてください。決して明るくて前向きな人ではないはずです。簡単に言うと暗く後ろ向きな印象を与える人ではないでしょうか。

スピリットが見える、スピリットの声が聞こえるという人は、自分の日頃の思考内容をしっかりと見つめ直す必要があります。

もう一度話しがしたい大切な方がいらっしゃいますか?
ミディアムシップで、他界した方とお話をすることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
波長にもっと気を配ろう