カテゴリー別アーカイブ: スピリット・ヒーリング

腸は脳の一部

アジサイ

「考えがまとまらない」「気持ちがすっきりしない」、そんな症状はありませんか?

もし悩みや心配事がないのに、このような症状が出ているとしたら、腸の動きを確認してみてください。そしてもし「最近お腹を下している」「消化不良気味かも」などがあったら、原因は腸にあるのかもしれません。

ダーウィンの進化論を持ち出すまでもなく、人の肉体は進化の過程の中で、現在の姿をしています。

最初のうちは、なまこやミミズなどのように、口→腸→肛門といった、ごく単純な構造をしている生き物でした。やがて、その腸が少しずつ胃や肝臓、すい臓といった複雑な消化器官を作り、やがて脳を作るまでになりました。

つまり、人の体のあらゆる臓器、たとえば脳、脊髄、食道、消化器から肛門までは一本につながっているという見方もできます。ですから、消化器の不調が脳にも影響を与えることは、想像にかたくありません。

実際、スピリットヒーリングでにお越しのお客様で、「なんだかもやもやする」ということを訴えられる方に対して、スピリットドクターから乳酸菌や酪酸菌などの整腸作用のあるものを具体的に品名をあげて、摂取するように勧められることもたびたびあります。

また、現代の食事、とくに加工食品やコンビニで販売されている食品類にはPH調整剤が使用されています。これは、食品の腐敗やそれによる食中毒を避けるために使われているのですが、PH調整剤を摂取することによって、腸内にある有用な菌類も殺してしまいます。

人の消化、吸収は消化液や胃腸の動きだけで行なっているのではありません。菌類の働きも借りているのです。

「気持ちがすっきりしない」そんなときは、腸の動きが順調かどうか、そして、加工食品ばかりを食べ続けていないか、見直してみるのも良いと思います。

「なんだか体調がすぐれない」
そんなときは、スピリットヒーリングを受けて、スピリットドクターからのアドバイスに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

スピリットドクターにはエゴがない

スピリットドクターにはエゴがない | カレスティア

あけまして、おめでとうございます。
みなさまにおかれましては、良いお年をお迎えのことと存じます。

さて、新年最初の投稿は、私とともに活躍しているスピリットドクターについて書きます。

現在、一緒に活動しているスピリットドクターは5人なのですが、全員に共通していることがあります。それは、「スピリットヒーリングだけで、そのすべてを治そうとはしない」ということです。

ヒーリングをしながら、あと2、3回スピリットヒーリングに来ていただければ、治るだろうなと私が思うようなときでも、スピリットドクターは「スピリットヒーリングだけで治しましょう」とは決して言いません。

「○○にある○○科を訪れなさい」とか、「体を温めなさい」というように、現代医療と併用して、お客様自身でできる生活習慣の改善や薬草などを勧めます。

私と一緒に活動しているスピリットドクターのひとりにハーブの専門家がいますが、彼女が勧めたいハーブが日本では案外手に入りにくいのを知って、最近では日本でも手に入れやすい漢方を勧めてくることもあります。
・・・スピリットドクター達も日夜研究をしているのですね。

さらに、お客様が自覚していない症状を見つけたときは、「○○病院でCTスキャンを受けなさい」「内視鏡検査を受けなさい」とかなり具体的な指示をします。

これらの言葉に従って、お客様が医療機関の診断を受けたところ、「脳に腫瘍がみつかった」とか、「腸にポリープがみつかった」とのメールをいただき、いずれも初期の症状で発見できたことに喜んでいらっしゃいます。そして「なんだか不思議ですね」とみなさんが一様に締めくくられるのをみて、私は少し苦笑します。

なぜ、スピリットドクターたちがは自分たちの力だけで治してしまわないのかというと、それは彼らの目標が「少しでも早い完治」を目指しているからなのです。名声を得ようとか、力を誇示しようなんていう気持ちは、少しもないのです。

「次は○○日後にスピリットヒーリングにきてください」というのは、現代医療や薬草では治すことができないときだけなのです。



「最近どうも体の調子が良くない」
そんなときはスピリットヒーリングで、スピリットドクターからの治療を受けてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。


こちらの記事もよく読まれています
スピリットドクターはなぜ病を治すのか
スピリットドクター

スピリットヒーリング後の違和感

スピリットヒーリング後の違和感 | カレスティア

レンゲ

今日はスピリットヒーリングを受けた後の「違和感」と、それがなぜ起こるのかについて解説したいと思います。

多くの方がスピリットヒーリングを受けた直後、多幸感に包まれ、家までの帰り道は、少し大げさに言うと宙に浮くような軽やかな感じになるそうです。
しかし、家に着いてしばらくすると「だるさ」や「気持ちが沈む」などの症状を感じるとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

一体なぜ、スピリットヒーリングという「癒し」を受けた後なのに、こういった「不具合」が発生するのでしょうか。

それは主に以下の3つのことが理由ではないかと私は考えています。
・免疫力の活性化
・波動調整の反動
・自分とは異なるエネルギーの流入
です。

まず1つめ「免疫力の活性化」について
これは肉体の健康に問題があって、ヒーリングを受けた場合によく起こります。

体の不調部分、たとえば特定臓器に問題があると、スピリットドクターはその臓器に集中してエネルギーを送り込んだり、動きが良くなるようにしたり、バランスを整えるなどの治療を行います。そのとき、お客様の肉体自身も自らを治そうと、全身の白血球やリンパ液が通常よりも活発になります。このことが身体への負担となり、疲れやだるさと感じるようです。
ちなみに、このことを好転反応と表現することもあります。

つぎに「波動調整の反動」
これも肉体の健康に問題がある場合に起こりますが、「免疫力の活性化」よりは頻度が落ちるようです。

魂に波動があるのと同様に、身体全体、個々の臓器にも波動があります。不調をきたしている部位は本来の波動よりも低調(低振動)になっています。
これは一般的に知られている医療や健康に関する知識とは異なるものなので、わかりにくいかもしれませんが、振り子をイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。
健康な振り子はある一定の振り幅で常に揺れています。しかし健康に問題のある部位の振り子は振れ幅が小さく、弱々しく揺れています。それを通常の振れ幅に治すために、いったん大きく振り子を引っ張って、揺れを呼び戻します。
この振れ幅の大きさが本人にとって、いっときの負担となり、不調を感じるようです。

そして最後に「自分とは異なるエネルギーの流入」
これは肉体の治療と不安や悩みといったメンタル面での治療、どちらにでも起こることです。

スピリットドクターが注ぎ込むエネルギーは、力強く、愛に満ちあふれたたものです。しかし、各人が持つ波動とは異なるエネルギーであることに変わりはありません。
そのため、自分の波動とは異なるエネルギーが満たされることによって、それが同調するまでの間、違和感となって現れてきます。それがだるさや精神的な沈み込みとして感じるようです。

いずれにせよ、「だるさ」や「気持ちが沈む」といった、不調はヒーリングを行った当日に限って起こります。
睡眠をとった翌朝には、言葉では表現できない、大きな愛に満たされる感じや爽快感に変わりますので、心配はいりません。

忙しすぎて、心も身体もクタクタ。
そんなときは、スピリットヒーリングで、本物の癒しを受けてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
スピリットドクターのアドバイス
スピリットドクター
スピリットヒーリングはどのように行われるか