カテゴリー別アーカイブ: 意識体

夜に見る夢、朝に見る夢

人は眠りについたあと、夢を見ます。ところでみなさんは、こんな夢を見たことはありますか?
・他界した家族と話をした
・アドバイスをもらった
・将来を示唆するような内容だった
というように、ただの夢と割り切っていいものかどうか判断に迷う夢です。

今日は夢で見た内容がスピリットと会った事実やメッセージ性があるものなのか、それとも、ただの夢なのかを判断する方法のうち、1つをご紹介します。

さて、このブログで以前書いたことがありますが、人は眠りについたあと、霊界を訪れ、指導霊と今日あったことの報告と善後策について話し合いをします。そしてときには、スピリットドクターに心と身体の不調を治してもらったり、またときには他界した家族と会ったり、霊界の街並みを散策したりしています。

でもこういった体験を毎晩しているわりには、霊界での出来事を全然覚えていませんよね。

実はこのことが、夢が真実なのかどうか判断するポイントになっているのです。
では詳しく説明します。

人は眠りについたあと、夢を見ているレム睡眠と、夢を見ないノンレム睡眠を繰り返します。ある研究報告によりますと、一晩で4回くらいのレム睡眠をしている、つまり夢を4回見ているのだそうです。

人が霊界を訪れるのは、眠りに落ちたあとの2時間後、つまり最初のレム睡眠の時がほとんどで、まれに2回目のレム睡眠のときなのです。この時に見ている内容が指導霊や他界した家族との対話や霊界での体験なのです。

霊界を訪れた直後に、なんらかの事情で目が覚めて、「夢を見てた」と思ったのであれば、これがまさに霊界での体験ということになります。

しかしここにはハードルが2つ存在します。

ハードルの1つ目
魂は肉体から離れ、魂だけの状態で霊界を訪れるのですが、魂が体験している出来事を脳は現実的論理性にもとづいて、勝手に書き換えを行なってしまうのです(繰り返し見る夢を参照ください)。そして、正確ではない、変な夢にしてしまうのです。

ハードルの2つ目
睡眠中に脳は、記憶の定着と消去を行ないます。脳が必要と判断したものは忘れてしまわないように記憶の定着をします。それに対して、不要と判断したものは捨ててしまうのです。
霊界での出来事を書き換え、変な夢にしてしまい、覚えていても意味がないものと判断して消去してしまうのです。

これが、霊界での出来事を私たちが全く覚えていないメカニズムです。

一方、覚えている夢というのは、夢を見たあと、少しずつ眠りが浅くなり、自然な形で目が覚めた時のものです。つまり一番最後の4回目のレム睡眠の夢なのです。

4回目のレム睡眠の夢は霊界での体験ではなく、脳が好き勝手に働いた結果であり、日頃いだいている願望の映像化でもあります。もちろん、メッセージ性もありません。

ではまとめます。
霊界での体験、スピリットとの対話、メッセージ性のある夢は眠りに落ちて1回目、または2回目に見る夢のこと。そして、明け方に見る夢はほぼただの夢ということになります。

将来を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に今の生き方を続けていると何が起こるのかを尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

シルバーコード

ツバキ

ツバキ

人の本体は魂であること、そして肉体は乗り物であるということをこのブログで、たびたび書いてきました。
さらに、人の魂は寝ている間に霊界を訪れるということも書きました。

ここまで読んで、ある疑問が湧きませんか。
「肉体から魂が離れてしまって、もし魂が肉体に戻れなくなったらどうするの?」と。

魂が肉体に戻れない、なんてことはもちろんありません。
その理由は、肉体と魂は「シルバーコード」とよばれる「ひも」で結ばれているからです。

このひもは伸縮自在で、魂が肉体の中にあるときは長さがほぼ0で、いったん魂が肉体から離れると、どんどん伸びていきます。私たちが霊界を訪れているときも、まるで犬が散歩をしているときのように、ひもで肉体とつながっているのです。そして霊界を去る時は、そのひもが縮んで、元の肉体へとひき寄せるのです。
このようなわけで、自分の肉体をどこに置いてきたのか分からなくなって、迷子になってしまうということはありません。

ところで、うたた寝をしている時に誰かに急に起こされて、崖から落ちるような夢を見てびっくりして起き上がったという経験をしたことはありますか?
これはシルバーコードが急速に縮んで、問答無用で魂を肉体に引き戻したことによっておきる感覚なのです。

通常の睡眠ですと、霊界を去ろうと考えると、シルバーコードがゆっくりと縮んでいって、魂は肉体へソフトランディングします。そして肉体に戻ってしばらくの間はうとうとしていて、やがてゆっくりと目を覚まします。これが一般的な目覚めです。

ちなみにシルバーコードは、どんなに伸ばしても、プツンと切れてしまうことはありません。どこまでも長く伸びていきます。では、シルバーコードは肉体のどこと繋がっているかというと、心臓とつながっています。

また、シルバーコードが切れるのは、事故や病気などで心臓が止まった時と、自分の意思でシルバーコードを切った時だけです。

脳死の状態ですと、シルバーコードは切れていませんので、肉体と魂はつながったままです。つまり、「生きている」状態なのです。
植物状態の患者さんが、ある日突然回復して、ベッドの周りで行われた会話を知っていたというのは、肉体はうまく機能していなかったけれども、魂が話を聞いていたからです。

さて、自分の意思でシルバーコードを切るというのはどういうことでしょうか。

これは前回のブログ「他界のプロセス」でもお伝えした通り、肉体の死が近づいて、天使や指導霊、善霊などがお迎えに来た時にはじめて、自分の意思でシルバーコードを切ることができるのです。

いくら「死にたい」という願っても、お迎えが来ていない限り、自分の意思でシルバーコードを切ることはできないのです。

霊的真理を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に直接質問をしてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
肉体は大切
夜寝ている間にする4つのこと

体や感情は月の運行の影響を受ける


月の満ち欠けは、人にかなりの影響を与えます。

たとえば、「赤ちゃんが生まれるのは満潮の時間帯が多い」という話を聞いたことがあるでしょうか。

自然分娩を行なっている産院で出産した経験のある方ですと、いつもはすいている分娩室に次々と妊婦さんがやってきて、順番待ちになり、結構待たされたという体験をされた方もいらっしゃると思います。

助産師をしている方から聞いたことがあるのですが、その方が務めている産院では、満潮の時間帯に助産師さんが多くなるようにシフトを組んでいるのだそうです。

また、「人が他界するのは干潮の時間帯が多い」というのもあります。

医療関係の方でしたら、入院患者さんが息をひきとるのがいっとき集中することをしばしば経験をされていると思います。その時間帯は干潮の時間とほぼ一致しているはずです。

さらに「満月には事件や交通事故が多発する」というのもあります。
これは、統計的にも証明されていて、事件や事故ばかりでなく、うっかりミスやケガもおこしやすくなります。

さてどうして、月の運行は人に影響を与えるのでしょうか。
それは、「人の体内の約70%が水分でできている」ことが関係しています。

月の満ち欠けで、海水が引っ張られたり、引き離されることで、潮が満ちたり、引いたりします。これと同じことが体の中の水分にもおこっているのです。

つまり、月の引力によって肉体が調子が悪くなり、その肉体に同調して、感情(魂)も不調になってしまうのです。

現在ですと、月齢や潮の干満を教えてくれるスマホアプリなどもあります。こういったものをうまく利用して、事前に調子が悪くなる可能性があることを知り、慎重な運転を心がけたり、大切ことを決めることを避けるなど、月の運行を把握して、かしこく過ごすのもいいかもしれません。

「最近どうも良い判断ができていない」
そんな悩みがあるのだとしたら、頭や心の整理がうまくできていないのかもしれません。スピリットヒーリングで、体と心をリセットしてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。