あえて結婚しないことを選んだ

ナンテン

ナンテン

スピリチュアルカウンセリングでお客様とお会いしていると、再生の計画のときに、意図的に「結婚しないことを選んだ」という方が少数ではあるものの、いらっしゃいます。

では、なぜあえて「結婚しないことを選んだ」のか、いくつかのケースをあげてみたいと思います。

「結婚に懲(こ)りた」

過去生での結婚生活で、パートナーの暴力や信頼に対する裏切りがあり、毎日泣き暮らすような生活を続け、心身ともに衰弱してしまった。そして、「もう結婚なんて、こりごりだ」と、積極的に結婚しないことを選び、人生から結婚を解放することを望んだ。

「人生の目的を達成するにあたり、パートナーがいないほうが良いと思った」

極端に忙しい職業での活躍を希望していたり、いわゆる才能職に就きたいが、収入が不安定だったり、孤高であることを求められるなど。そして、誰にも縛られずに自由気ままに生きることを願った場合。

「対象をシンプルにしたい」

今回の人生の目的は親との関係の改善。過去生で何度も同じ失敗をしてきたので、なにがなんでも今生で決着をつけたい。そこで、向き合う対象をシンプルにするために、あえて結婚をしないことを決めた。

他にもいくつかありますが、再生の計画で「結婚をしないことを選んでいる」方たちにはある共通点があります。

それは、幼い頃から現在にいたるまで、「結婚したいという気持ちになったことがない」ということです。

ここで気をつけていただきたいのは、「不仲な親を見たことによって、結婚生活に夢を持つことができない」「熱い恋に落ちたことがない」という方は、結婚しないことを選んでいるわけでは必ずしもないのです。

たまたま、または必然的に再生の計画で決めたパートナーと、まだ出会っていないだけなのかもしれなのです。

「結婚したいと全く思わないけれども、結婚しないことを決めてきたの?それとも本当は会うべきパートナーが居るの?」
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に再生の計画について、尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で結婚の約束をしている

コメントを残す