スピリットと天使の服装

ツバキ

ツバキ

今日は霊界のスピリットたちと天界の天使たちの服装について書きます。
この内容については、スピリチュアルカウンセリング やミディアムシップを通じて知ったことを中心に、私の指導霊に確認がとれたものだけを記載しています。

まず、霊界にいるスピリットたちですが、彼らも私たちと同じように服を着ています。しかし、現世界の私たちとはずいぶんと様子が異なります。

デザインについて
羽飾りやコサージュといった派手な装飾は比較的下層のスピリットたちが身につけています。そして、階層が上がるにつれ、デザインはよりシンプルになってきます。たとえば襟とポケットつきのシャツから、やがて襟なし、簡単な縫製がされたもの、最後にはギリシャ神話の登場人物のように、ただの布をまとうだけになります。

色について
これも下層のスピリットほど一人がたくさんの色使いをしています。しかし、センスのある組み合わせとは言えないものが多いです。
階層が上がると、一人が使っている色数が少なくなってきます。たとえばあるスピリットはアースカラーでコーディネイトしていて、あるスピリットはグリーン系でまとめてめているといった感じです。
さらに階層が上がると全身が生成(きなり)色になります。そして最高層ではついに、白一色になります。

次に天界の天使の服装です。

天界とはいえ低い層の天使たちは、ギリシャ神話のように縫製がされていない布をまとっていますが、スピリットとは異なり、白く輝いています。階層がさらに上がると、抜けるような白さになり、輝きがさらに増します。
そして最高層の天使になると、何も着ていません。そう、裸なのです。これは、「私には何も隠し立てすることがない」ということと純真無垢の現れなのだそうです。

では、霊界や天使たちの服はどこで手に入れているのでしょうか。

私たちは、服をお店で買います。

しかし霊界のスピリットも天界の天使たちも、服は自分では買いません。また、作りもしません。
ある日突然、何の前触れもなく、自分のクローゼットの中に新しい一揃えが用意されているのだそうです。なんとも不思議というか、にわかに信じられないような話ですね。

服はそのスピリット(天使)が霊界(天界)への社会的貢献が顕著だった時や霊的向上がはかられたときに与えられるのだそうです。また、その界で大きなお祝い事がある時にも、一斉に新しい服が配布されるのだそうです。

スピリットがどんな服装をしているかを見ることで、どの程度の霊格であるかを推し量ることができます。しかし、スピリット同士ではそれができません。

なぜなら、霊界は同じ霊格の者同士で界を構成していますので、みんな似たり寄ったりの服装をしているからです。それゆえ、「あの人は私よりも霊格が高い」と思うこともありませんし、「私の方が偉い」と感じて悦に入ることもありません。

持ち物や服装でマウンティングをしたり、逆にコンプレックスを持ったりしていませんか?
スピリチュアルカウンセリング で、あなたの何がそうさせているのかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界の住まい
天使の容姿
天使に羽は生えていないんです

コメントを残す