相続と指導霊

相続と指導霊 | カレスティア

秋咲きのバラが咲きました

スピリチュアルカウンセリング でうける相談内容は実にさまざまなのですが、ここのところなぜか相続、それも土地活用に関する相談が続いています。

親やパートナーが他界されたことによって急に土地を相続した場合、潜在している問題は複雑で、たとえば
・相続税を支払わなくてはいけなくなったけれども、手持ちや相続した現預金では支払いきれない。銀行に融資を受けてでも相続税を支払った方が良いのか、それとも土地を売却して支払った方が良いのか。売却するなら全て、それとも一部売却のどちらが良いのか。
・築年の古いアパートが建っている。このまま家賃収入を得た方が良いのか、それとも思い切って建て直した方が良いのか。建て直すにしても借り入れをしても大丈夫なのか。

など一筋縄ではいかない、たくさんの内容が含まれています。

しかしそういった困難な問題であっても、指導霊からの回答は実に明快です。

たとえば、
今、土地を売却することは勧めません。大変だと感じるかもしれませんが、有価証券は全て売り、不足している分については融資を受けて相続税を払いましょう。古いアパートは手を加えずに家賃収入を得ましょう。しかし、空室が出ても追加募集をせずに入居者がいなくなるのを待ちます。全員が退去したら、解体しましょう。この土地を買いたいという話が出てきますが時間差がありますので、それまでは駐車場にして、しばらく収入を得ましょう。別の土地に建っているマンションはリフォームし、さらに長く家賃収入を得られるようにしましょう。
といった具合です。

指導霊は私たちが思っている以上に私たちの不動産、現預金や有価証券といった動産についても正確に把握しています。そして、それらが将来どのような見込みを持っているか、私たちとは比較にならないくらいの先見があります。

それゆえ、不動産コンサルタントや投資家たちがリスク回避のために小出しの方策を打つのとは違って、実に大胆で迷いがありません。

さて、ここで疑問なのは、本来、人に対して魂の浄化や向上をのぞむ指導霊がどうして資産運用のアドバイスをするのかということです。それにはやはり理由があります。

生活に困窮したり、不必要な借金を背負うってしまうとお金のことばかりに関心が移ってしまい、魂の浄化に励めなくなってしまう。そして、現世でやろうとしていたこともできなくなってしまう、ということを懸念しているのです。
またときには、急な富を得ることが、再生の計画にもともと入っていて、そのふって湧いたかのような富を得て、さてどうするのかが課題ということもあります。

いずれにせよ指導霊は本来必要としていない苦労や回り道、貧困は望んでいません。
そして、私たちには想像もできないくらいの先々を考えてのアドバイスであることに間違いありません。

相続をすることになったけど、今まで親や夫に任せきりだったので、どうしたら良いのかさっぱりわからない。
そんなときは、指導霊にどうすることが自分にとってのベストなのかを尋ねてみませんか
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す