ひきこもり

ひきこもり

スイカズラの甘い香りが庭に漂っています

ひきこもりには、家族とだけは話しができということもあれば、家族とすら話しもしないということもあります。いずれにせよ、社会との接触を拒んでいるという点では同じであり、本人はもちろん、家族にも実に辛いものです。

ご家族から相談を受けることも多いのですが、親ごさんは引きこもりになった理由として、信じていた友人に裏切られた、いじめを受けたなど、様々な理由をあげますが、スピリットガイド(指導霊)に尋ねると、どうやらそれらはきっかけでしかないようです。

「そもそもの原因は、今世よりも過去生にある。
過去において、生きていてもいいことがなかった、生きづらいと感じたまま他界し、再生の計画を立てる際も、現世界にやってくるのをかなり躊躇(ちゅうちょ)していた。それでもなんとか勇気をふりしぼり、現世界に生まれてきた。

現世界に生まれる際に、過去の記憶は全て消えているが、辛いことが起こると、過去に体験した感情がよみがえり、ひどくおびえてしまう。
そして、自分が傷つかないように、守るために、自分の城(部屋)や殻に閉じこもってしまうのだ」と言うのです。

もちろん、そういった過去生なのだから仕方がないということにはならず、個々人に応じた解決策とアドバイスはちゃんと与えられます。

それにしても、現代において引きこもりが多いのはなぜでしょうか?

過去に人々の心を傷つける特有の時代があって、その時代のスピリットたちが今、再生してきているのか。
それとも、そいうったスピリットたちを受け入れ、良い方向へ向かう機会が与えられる時代なのか。。。
きっと、理由があるのかもしれません。

「自分はなんのために生きているのだろうか?」そんな思いにあるときは、人生をシフトチェンジするチャンスかもしれません。
スピリットガイドの言葉を聞いてみませんか?
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す