繰り返し見る夢


カレスティアのご予約はこちらから

新緑のもみじ

みなさんには繰り返し見る夢って、ありますか?
今日は繰り返し見る夢と過去生の関係について書きます。

繰り返し見る夢。
たとえば、路地裏をさまよっていて、あそこの角を曲がったら、ああやっぱり、あの家が見えてきたとか。
自分が子供になっていて、ほかの子たちといつものところで遊んでいる。誰なのかはわからないけれども、仲良しだということだけはわかっているとか。
起きた後、ああまた同じ夢を見た、というものです。

実は繰り返し見る夢は過去生の体験をもとにしていることがとても多いのです。

人はこの世に生まれると、過去生での記憶を少しずつ失っていきます。そして小学校に入学するくらいになると完全に忘れてしまいます。なぜ過去生を忘れてしまうのかというと、現世界での物質である肉体の波長と魂の波長が完全に同調してしまうからです。

しかし、人は眠りにつくと、魂だけが霊界を訪れます。このとき魂は肉体から離れますので、過去生を思い出すことができます。

では夢で見た通りのことを過去生で体験していたのかというと、そうではありません。ちょっとした「ひねり」が入るのです。

たとえば、家が現代の日本の家屋のように見えていても、過去生で見ていたのは100年くらい前の他の国の家だったり、着ている服が今風に見えていても、本当は200年くらい前の服だったりするのです。

ではなぜこのような「ひねり」が起こるのでしょうか。それは、魂は霊界に行っていても、現世界に残っている脳の影響を受けてしまうからです。実際に体験してきた事柄と現実との違いを脳が勝手に変換をして、つじつま合わせをしてしまうのです。

以前、お客様からよく見る夢の理由を知りたいと相談されたことがあります。どんな夢かというと、とても小さな店が立ち並ぶ商店街をお目当ての食堂に行こうとあちらこちらを探すけれども、見つからないというものでした。

お客様の指導霊に尋ねたところ、やはりこの夢は過去生の体験からくるものでした。そして、脳の変換もやはりおこなわれていました。

この夢の本当の姿は、いくさで荒廃し、焼け野原になったところにできたバラック街。戸板に食品や日用品を並べて売る即席の店がたくさん並び、品物を求めてたくさんの人が押し寄せているそんな街並みでした。

相談者の方はそのときの戦争で両親を失い、孤児になってしまいました。守ってくれる人は誰もおらず、お腹をいつも空かせていました。しかし、お金がありませんので、食べ物を買うこともできず、バラック街をさまよい続けていたのでした。

繰り返し見る夢は一見、ごく普通の日常の一部のように見えていても、そうではありません。過去生での重要な出来事であったり、現世の課題となる元の出来事であることがほとんどです。

繰り返し見る夢。重要なことだからこそ、思い出し、繰り返し何度も見ているのです。

繰り返し見る夢を正しく解釈することが、今世の課題をとく鍵になります。繰り返し見る夢が自分の力で理解することができない時は、スピリチュアルカウンセリングを受けていみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す