親とはいえ、霊格が高いわけではない

親とはいえ、霊格が高いわけではない | カレスティア

子の立場からすると、親の常識に欠ける振る舞い、配慮に欠ける言葉、手本とはいえない生き様、これらは実に残念なものです。

こういった姿を見たときに「親なのに」「人生の先輩なのに」という感情が湧き上がるのはよくわかります。しかし、非難しても何もなりません。というよりお門(かど)違いなのです。

親は自分より先に生まれていますが、再生回数でいうと自分の方が先輩かもしれませんし、もっというなら、霊格は自分の方が上なのかもしれません。
ですから「親はかくあるべし」という姿を求めているのだとしたら、それはただの幻影を追いかけているのと同じです。

ただし、あなたがこの親を選んだということは事実であり、そこには意味があります。
親と子の関係や親の姿を冷静に見ているうちに、この親の元に生まれた理由に、はっと気付くこともあるでしょう。

親も霊的成長の階段を登る同志だと思えるようになったら、あなたはもう一段さらに上へ登ったことの証になるでしょう。

「親とどうもしっくりいかない」
そんな悩みは、ご自身のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみてはいかがでしょうか?
スピリチュアルカウンセリングで、スピリットガイドからのアドバイスをきくことができます。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す