法要

法要 | カレスティア

カリンの実

今回は仏教に焦点を当てて書きますが、神道やキリスト教、その他の宗教にも当てはまる点が多いと思いますので、置き換えてお読みいただければと思います。

ご家族が他界されたあと、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌・・・と法要が続きますが、スピリットは、法要をどのようにとらえているのでしょうか。

これはスピリットの生前の宗教観と密接に関係があります。

まず生前、お寺で開かれる講や法話に足しげく通い、お仏壇の前でお経を唱えていたような方であったのなら、ぜひとも回忌ごとに法要をしてあげてください。僧侶がお経をあげ、家族が法要を催してくれることに感謝と満足感で満たされるでしょう。

あまり熱心な信者でなかったり、むしろ無宗教に近い感じの方だったのなら、回忌にとらわれることなく、他界した日、誕生日といった、そのスピリットの記念日に、数年ごとに偲ぶ会をしてみてはいかがでしょうか。
場所は必ずしもお寺である必要はなく、レストラン、ご自宅、どこでもいいでしょう。縁のある方々が集まり、スピリットにまつわる思い出を語り合ってください。スピリットは、自分のために集まってくれ、自分を思い出してくれることに喜び、感謝します。

法要にせよ、偲ぶ会にせよ、皆さんが会食でワイワイとしているときに、スピリットが楽しそうに、みんなの話の輪に加わり、次のテーブルへと移動していく姿をよく見かけます。そんな時のスピリットの表情は笑顔にあふれ、本当に楽しそうにしています。

「法要なんてナンセンス」といわずに、都合がつくのであれば、法要、または偲ぶ会をしてあげてください。スピリットはきっと喜びますよ。

「今の自分は、人生の目標にかなった生き方をしているのだろうか?」
そんな疑問を感じたときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す