スピリットガイドの導き

スピリットガイドの導き | カレスティア

水濡れるもみじ。きれいですね。

日々多くの方にスピリチュアルカウンセリングにお越しいただいていますが、しみじみと思うことがあります。それは「必要な時に、必要なメッセージが与えられている」ということです。

カレスティアにお申し込みをいただくまでのきっかけは、お客様によって様々です。たとえば、グーグル検索で見つけたとか、友達から勧められたなど。

でも、それは偶然ではないと思うのです。

と言いますのは、スピリチュアルカウンセリングを終えて、メッセージの全体像を俯瞰(ふかん)すると、ほぼ全ての方が、人生において大切な過渡期にあるか、重要な選択の時だったということが多いのです。

お越しになるお客様の全てに悩みがあったり、迷いを感じて、お越しいただくとは限りません。比較的、楽な気持ちでお越しいただく方もいらっしゃいます。しかし、スピリットガイド(指導霊)との対話を進めていくと、本人が見過ごしていた重要なことに話が及び、気づきとアドバイスをもらうことが多いのです。

そして多くの方が「ここに来たのはきっと、スピリットガイドの導きだったと思います。」とおっしゃいます。

「必要な時に、必要なものが与えられる」やはり、これは本当のことでしょう。

「スピリチュアルカウンセリングを受けてみようかな?」
そう思った時は、スピリットガイドがあなたに伝えたい何かがあるのかもしれません。
詳しくホームページをご覧ください。

ホームページ


スピリチュアルブログをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメントを残す