月別アーカイブ: 2017年10月

国や両親、性別、パートナーを決める

国や両親、性別、パートナーを決める

雨上がりにまるで妖精のようなたたずまいで、蝶が2匹とまっていました。

再生の計画で、「浄化の課題」と「願望」そして、「大志」が決まったら、次に、どの国で、誰を父母にし、男の子と女の子のどちらが良いか、そして誰をパートナーにするのかを決めます。

もう少し詳しく説明します。

まず、国についてですが、現在の日本は戦争をしていませんが、世界にはテロや暴動が頻発している国もあります。
平和な国でなければ実現できない「浄化の課題」や「大志」もあれば、紛争中であったり、治安が悪化している国だからこそ実現できる「浄化の課題」や「大志」もあるのです。

国を決めたら、次に誰を父母にするのかを決めます。

「浄化の課題」のために、過去生で関係のあった人を親に選び、愛を中心とした関係を結べるかや和解を目指すこともあります。
厳しかった母を再び選んで、今度こそは思いっきり甘えたいという「願望」を持つこともあります。
そして、「大志」を実現するために、経済的に豊かな親や恵まれた環境を提供してくれる親を選ぶこともあります。

父母を決めたら、性別を決めます。

「浄化の課題」や「大志」を達成するために、男の方が良いのか、女性の方が良いのかを判断します。
現在は昔と比べて、社会参加や地位の面で、性差は随分となくなりましたが、それでもいまだに残ってます。国によって、宗教によっては大きな壁となって立ちはだかることもあります。

そして最後に、パートナーを決めます。

パートナーとは特別の事情がない限り、一緒になってから、どちらかが他界するまでの数十年間を共に過ごすことになります。そのため、魂の浄化として、とても重要な相手になります。おのずと「浄化の課題」の元になっている相手を選ぶことが多くなりますが、過去生で結ばれなかった相手を選んで「願望」を満たすこともあります。

世間一般的に「子は親を選べない」と言いますが、真相は全く違います。

子は親を選んで生まれてきますし、親も自分たちのもとに子供としてやってくることを了解した上で、親になっているのです。

「母親とどうしてもうまくいかない」
そういう時は、お母様との間に特別な課題を持っているのかもしれません。
スピリチュアルカウンセリングで、お母様とうまくいかない本当の理由を尋ねてみませんか?
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
愛されたいと願っている子
性を選ぶ
霊界で結婚の約束をしている
「再生の計画」前世と親子関係について

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

大志

大志 | カレスティア

ブルーベリーの実が雨で濡れて輝いていました


再生の計画で「大志」を持っているスピリットもいます。

たとえば、過去生で、幾度となくピアノと地道に向き合う生き方をしてきたスピリットの場合。

今生こそは、今までの努力の花を咲かせたい。そして、多くの聴衆の前で演奏し、人々の心を癒すことができるようなピアノ奏者になりたい、と願うことがあります。

また、過去生で何回も医師として生きた経験を持つスピリットの場合。

今生は、十分な医療を受けることができない人々に奉仕し、少しでも多くの命を救いたい。金儲けや富の誘惑には決して負けない。そして、へき地医療や海外医療に尽力したいという思いを持つこともあります。

ここでいう「大志」とは、再生のたびに同じことに取り組み、かつ今生でも、生涯を賭(と)して、さらなる高みを目指そうという、並々ならぬ決意を指しています。

そのため、現世界に生まれてくる全てのスピリットが「大志」を持っているわけではありません。むしろ少数派と言っていいでしょう。

それに対し、「浄化の課題」を持たずに、この世に生まれてくるスピリットはいません。なぜなら、現世界に生まれる最大の理由が「魂の浄化」なのですから。

そして、魂の初期の段階は志向のベクトルが他ではなく、己を向いています。そのため、他人への奉仕よりも、自己欲求の方が高く、再生する多くのスピリットたちは、「願望」を持っています。

人生が思うようにいかない。そう悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ


お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

願望

願望 | カレスティア

長い雨が終わり、晴れ間が見えてきました

再生の計画で「浄化の課題」と合わせて、「願望」を計画に入れます。

「願望」は実に千差万別です。

たとえば、過去生で家族や周りの人たちの意見に従って生きることが多かったスピリットは、今生では積極的な生き方をしてみたいと考え、故郷から遠く離れて、自分の実力を試すような生き方を望むことがあります。

また、過去生で幼い頃に他界してしまったスピリットは、「もっとお母さんに甘えたかった。今度生まれたら、また同じお母さんの元に生まれて、たくさん甘えよう」と願うこともあります。

そして、過去生で助けてもらい、大恩を感じているスピリットは、今度は恩返しをしたいと決意し、ひたすらそのスピリットに奉仕をするような人生を選ぶこともあります。

このように、「願望」は必ずしも魂の浄化と直結しているとは限りません。

現世界で、体験したいとか、望みをかなえたいといった種類のものです。そのため、「浄化の課題」に比べると、「願望」はどうしても付録的要素が高くなります。しかし、多くのスピリットが「願望」を叶えたいものの一つとして、現世界に持って生まれてやってきます。

「自分は何をしたいと思って生まれてきたのだろうか?」
と、自分の人生を確かめたくなった時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ


お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

浄化の課題

浄化の課題 | カレスティア
魂の浄化のために、現世界への再生が必要だと考えたスピリットは「再生の計画」をたてます。

まず最初にやることは、自分の魂のどの部分を浄化するのか、「浄化の課題」を決めることです。

たとえば、他人の気持ちをくみとることができないとか、自己中心的な考え方をするとか、そういった弱点を1つか、多くてもせいぜい2つを選びます。

魂にたくさんの汚れがついているにもかかわらず、「浄化の課題」として多くを選びません。
なぜかというと、たくさんの浄化を望むと、それだけ人生が厳しいものになってしまい、負けてしまう可能性が高くなるからです。

「浄化の課題」が決まったら、浄化実現のために、さらに綿密な計画を立てます。

多くの場合、若い頃は、過去生で積み上げてきた性格をあえて、そのまま出るようにします。たとえば、他人の気持ちもわからず勝手なことを言ったり、自分さえ良ければいいというように、本能のままに振る舞い、それを制止させません。

そして、それは良くないことなんだと気づくために、疎(うと)んぜられて寂しい思いをしたり、大失敗をするといった「仕掛け」を用意します。

この「仕掛け」が発動したときに、自分の誤りに気づき、その後の生き方や考え方を修正することができれば、それで「浄化の課題」は達成したことになります。

しかし、それほどうまくいくものではありません。

1回目の「仕掛け」で気づかない場合は、2回目の「仕掛け」。
それでも気づかない場合は3回目、というように複数の「仕掛け」を用意しています。

もちろん、「仕掛け」を用意したのは自分自身です。
そして、気がついて欲しい、改めて欲しい、という思いを込めて、回を重ねるごとにより深刻で、厳しい体験をするようになっています。

自分が今、苦しく辛い状況であるのなら、今までに多くの「仕掛け」に気がつかず、改心の機会を落としてきたのかもしれません。そういったときは、自分の指導霊にどうしたら良いのかを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
現世界に再生する理由
若い頃は過去生を再現する
「再生の計画」自分が困難を仕掛けた

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

転生の終了

転生の終了 | カレスティア

すっかり秋だというのにハイビスカスが咲きました。超アップです^^

魂の浄化は霊界でも行なっていますが、似た者同士で社会を構成しているため、どうしても浄化の速度はゆっくりになります。

そのため「もっと早く浄化したい」「飛躍的に浄化をしたい」と考えるスピリットは現世界に再び生まれることを選択します。

それに対し、「現世界でやるべきことは全てやった」と判断するスピリットもいます。そういったスピリットは、もう現世界への再生を行いません。これが「転生の終了」です。

では、転生を終了したスピリットはどうするのでしょうか?

答えは「霊界で魂の浄化に励み、さらに上の社会を目指して努力を重ねていく」です。

これについて、もう少し詳しく説明します。

先ほどから何度も出てきていますが、霊界は似た者同士で社会を構成しています。
その社会の大きさはどれくらいかというと、実はとても小さくて、一つの都市くらいしかありません。そういったとても小さな社会が、無数といっていいくらい、たくさん存在しています。

そして、その社会と社会は独立していて、境界で向こうの社会をうかがい知ることもできませんし、自由に行き来することもできません。これは、山奥の集落が、隣の集落と遠い山道で隔てている状態を想像していただけるよいかと思います。

行き来ができるのは、教育や指導のため、特別な使命を帯びたスピリットが上から下へ行くときか、魂の浄化が進んだスピリットが下から上へ移り住むときだけです。

そして、この無数にある社会は下から上へと線状にあるのではなく、円すい型になっていて、下の階層ほどたくさんの社会があり、上に行くにつれて、社会の数は減っていきます。

魂の浄化の歩みを霊界で行うことを決めたスピリットたちは、最初に住んだ霊界をスタート地点として、たゆみない努力で魂を浄化し続け、ひとつ、またひとつと上の社会へと移り住み、魂浄化の旅の最終目的である「純真無垢」を目指すのです。

自分の過去生で、どんな生き方をしたのだろうか?もしかして、それが今生に影響しているのだろうか?
そんな疑問を抱いた時は、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
霊界の大きさ
霊界に四季はある?

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。