天使になる条件


今日は、天使になるにはどういったことが条件となるのかをお伝えし、人の最終目標は天使になることである、ということについて書きます。

まず最初にお伝えしておきたいことがあります。
それは「生まれつきの天使はいない」ということです。すべての天使は魂の浄化と向上、そして主からの愛を受け入れた結果として、天使になるのです。

天使になるルートは主に2つあります。
1つは「スピリット(人)」からのルート
2つめは「精霊」からのルート
です。

スピリット(人)と精霊は、全く別のものであり、現世界と霊界での接点はありません。しかし、天使になると天界で一緒になります。つまり、スピリット出身の天使と精霊出身の天使がいるということです。

精霊が天使になる方法まで言及すると長くなりますし、私たちには直接関係はありませんので、スピリット(人)が天使になる条件について書きます。

私たちスピリット(人)が、天使になるには
・世間愛を浄化すること
・自己愛を浄化すること
・隣人愛に生きること
この3つが必須条件です。
ちなみに、この3つを総じて「魂の浄化と向上」と呼んでいます。

この3つを完全に達成し、日頃の思考がこれに基づくようになると、霊界における最上の階層へと上り詰めることができます。つまり、最上位のスピリットになれるのです。

しかしいくら最高位とはいえ、まだスピリットであり、天使ではありません。
天使になるにはさらに
・善
・天的真理(霊的真理とは別)
・信仰
この3つを受け入れることによって、天界への道が開けるのです。
ちなみに、この3つを総じて「主からの愛」と呼んでいます。

ここで「主」と書きましたが、「神」または「仏」などに置き換えて理解していただいても問題ありません。また、「信仰」とありますが、「宗教」とは異なります。

この段階までくると晴れて、天使になることができます。

天使になってからもまだいくつもの階層があります。さらに上の階層に進んでいくためには
・純真無垢
・隠しだてがない
・真実の愛
を研ぎ澄ませていくことが必要になります。これらの純度が最高になると、天使の最高位である「最内奥の天使」になれるのです。

意外に思われるかもしれませんが、この世に生きるすべての人は、「最内奥の天使」を目指しているのです。今はたとえどんな最悪な生き方をしていたとしてもです。

地球に再生している私たちは、霊界の階層でいうと実はあまり高い方ではありません。残念ながら、結構下の方の階層です。最内奥の天使を目指す旅は、まだ遠く、始まったばかりなのです。

こちらの記事もお読みいただけると、より理解が深まります
精霊の役割
自己愛と世間愛
自己愛の原因
「世間愛」のまとめ
世間愛とはなにか?
隣人愛

自分の魂の課題を知りたいですか?
スピリチュアルカウンセリングでお客様の指導霊に尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

コメントを残す