カテゴリー別アーカイブ: 再生の計画

過去の性別が与える影響

ねこじゃらし

ねこじゃらし

今日は、過去生の性別が今世にどれくらいの影響を与えるかについて書きます。

想像に難(かた)くないと思いますが、男性なのに細やかな気配りができ、柔和で繊細な感性あるという人は直前の過去生が女性であることが多く、また、女性だけれどもさっぱりとした性格で、あまり悩まず、うわさ話が嫌いという人は、直前の過去生が男性のことが多いです。

性別の違いを体験するという観点からいうと、再生は男性と女性を交互に繰り返すのが理想です。

しかし、男性ならではの失敗をした人は次の性も男性を選ぶことになり、女性も同様です。そういった事情から、ある特定の性別にかたよって、再生を繰り返すことも起こります。

ただし、同じ性別に生まれることは無制限ではなく、どうやら4回までという決まりがあるようなのです。なぜかといいいますと、長くスピリチュアルカウンセリング を行っていても、今回で5度目の同じ性別でした、またはそれ以上でした、という人をいまだかつて見たことがないからです。

なぜ、同じ性による再生が4回までなのかというと、どうやら同じ性を繰り返すことで、性による特性が濃くですぎて、弊害が発生するのを防ぐためのようです。

男性の再生が数多く繰り返されると、元々がどのような性格であっても、だんだんと粗野で暴力的になってきます。そして、思慮に欠け、物事を短絡的に考えるようになり、やがて享楽的志向が強くなっていきます。

女性の再生が何度も繰り返されると、不安や心配が強くなり、内向的で、自閉的傾向が強くなり、人から自分がどう見られているかを過度に気にするようになり、情緒も不安定になっていく傾向があります。

では、過去生で3回、4回と男性を繰り返した人が、女性として生まれたとき、ものすごく男っぽい女性なのかというと、そうとは限りません。もちろんそういう場合もあります。しかし、今まで男が続いてきたので、今度は女性であることを楽しんでみたいと気持ちを大きく切り替える人達もいます。

そういった人は、女性に関するものは、見るもの聞くものが初めてのことばかりなので、全てが新鮮で、女らしさを積極的に取り入れていこうとします。たとえば、雑誌やインスタグラムに掲載された、かわいいものやきれいなものをいっぱい吸収したいという欲求が高く、積極的に取り入れていきます。女性的な知識や物を身につけたり、持つことがうれしくてたまらない、という感じになります。

多くの女性が、可愛らしいものは好きだと思いますが、一体どこが違うのかというと、過去生が女性であった人は、自分の本来の中に女性的なものがあって、服や化粧品、アクセサリーを無意識のうちに選び出すことができます。そして、好き嫌いも、もともと自分の中にあります。

それに対し、過去生で男性が多く続いた人は、自分の中には審美性がないので、かわいいやきれいな物を知りたいという欲求があります。そして、情報を得たい、ファッション系のスクールに通いたい、ファッションリーダーから学びたいというように、まずは情報の吸収に力を入れます。そのあとに、自分を飾っていくという手順を踏む傾向にあります。

人から「ガサツだ、細やかさがない」と言われてしまう。それって、過去生のせい?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、自分の過去生を知ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
同じ性別を繰り返す
性を選ぶ

同じ人生の目標

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

人は霊界にいるときに、再生の計画をたてます。
そして、今世では「○○をしよう」というように、人生の目標をたてます。

しかし、たとえ人生の目標が同じであったとしても、人によって背景や立ち位置は随分と異なります。

例をあげて説明しましょう。
ここにAさんとBさんという二人の女性がいたとします。そして二人とも「自立した生き方をしよう」と、同じ人生の目標をもっていたとします。

Aさんは、幼い頃から両親や周囲の人の影響をほとんど受ける事なく、独自の価値観を持ち、イエス、ノーがはっきりしていて、人に迎合することはありません。

一方 Bさんは、何をするにも親がかりで、親が決めた学校に通い、就職先も親のコネで入りました。親にも、仲の良い友達にも「○○をしたい」と自分の意見を言ったことがありません。いつも誰かに合わせています。

ここまでですと、AさんとBさんが、同じ人生の目標を持っているとはちょっと思えませんよね。

この差は一体どこから来ているのでしょうか?
それは、過去生の生き方の差から来ているのです。

Aさんは、直前の過去生、2つ前の過去生ともに今と同様に女性でした。そしていずれのときも、親やパートナーの収入が低く、自らが一家の大黒柱となって働き、家族を養ってきました。

Bさんも、ここしばらくの過去生で女性でした。いずれのときも、過保護気味の親に育てられ、親が決めた相手と結婚しました。そして、親も伴侶も資産家で、経済的に豊かな生活を送ってきました。

それにしてもここまで異なるAさんとBさんがともに「自立した生き方をする」という目標を持ったのはなぜでしょうか。

それは、Aさんが働き、収入を得ていたのは、自らの意思で決めたことではなく「私が家族を養わなければ、家族が飢えてしまうから」必要に迫られてのことでした。だからこそ今度は、自らの意思と選択で、自分のために「自立したい」と願ったのです。

Bさんは、いつも親や夫の言う通りに生きてきて、自分の人生を歩んできたという実感がありませんでした。だから今世は、自分でしっかりと物事を決めて、収入も得て「自立した生き方をしたい」と考えたのです。

以前のブログで「若い頃は過去生を再現する」ということを書きましたが、幼少期、少年期、そして社会人になって2、3年までは、過去生の生き方とそっくりになります。そして、そういった生き方に行き詰まりや不都合を感じたときに「さあどう生きるか」と、いよいよ人生の本番になるのです。

たとえばAさんは、過去生で、より多くの収入を得ようとして、肉体労働や危険を伴う職業についていたのなら、今世でも、手っ取り早く収入を得られる道を選びがちです。
しかし過去生で、頑張っている割には評価されない悔しさを体験しているのなら、今世では安易に仕事を選ばずに、人に認めれ、一目置かれるような仕事に就きたいという気持ちの葛藤があるかもしれません。

Bさんは、ぬるま湯から抜け出すことができず、ついつい流されてしまいがちでしょう。親からの支援を受けずに、自分の収入だけで生きていくことに魅力を感じつつも、決断できずにいつの間にか時が経ってしまうかもしれません。

このように、同じ人生の目標を持っていたとしても、その中身は随分と異なるものなのです。

「自分は何をするために生まれてきたのだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の再生の計画を指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
若い頃は過去生を再現する
浄化の課題
願望
大志

タフな相手に囲まれる幸せ

タフな相手に囲まれる幸せ | カレスティア

ジャガイモの花

スピリチュアルカウンセリングを行っていると、「再生の計画が不十分だったのでは?」と感じる方がたまにいらっしゃいます。

たとえば、誰を父母にするかを決め、その両親と「○○をしたい」とか、「今までできなかった○○に取り組みたい」と、詳細を決めてあるにもかかわらず、パートナーに関しては「できれば一緒になりたいね」と雑談レベルだったり、本人は結婚したいと思いつつも、相手の了承をとらないまま、こちらの世界にきてしまっている、というようなことがあるのです。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

まず、私達は闇雲にこの世に生まれてきているわけではありません。

今までの過去生をしっかりと反省し、自分の問題点は、ある特定の人との間に発生するのか、それとも誰に対しても起こりうることなのかを解析します。そして、その原因はどこにあるのか、どうやったら乗り越えられるのかを検討し、綿密な計画を立てます。それらができたら、再生の準備を始めます。

しかしこの綿密さが、どうやら仇(あだ)になることがあるようなのです。

ある人との問題を解決したいと思ったとします。その人とのトラブルは親子としての関係で発生するものであり、姉妹、夫婦では起きないことがわかったとします。そういった場合、その人の子供として生まれる必要があります。

しかし、人が子供を産むことができる期間は、何十年もあるわけではありません。せいぜい10数年といったところでしょうか。

つまり、再生する時期はかなり狭い範囲で限定されてしまうというです。

一方、パートナーとなる人も過去生で縁があって、お互いにやるべき何かがある間柄であることが理想です。しかし、自分が生まれようとしている期間内にパートナーとして適任な人たちが、再生する予定がないことがあります。この場合、誰ともパートナーの約束をすることができずに、現世界に生まれて来ざるを得ません。

また、人生の反省や親との計画に時間をかけ過ぎてしまったため、パートナーを誰にし、何をするかまで手が回らなくなってしまうこともあります。この場合、この人をパートナーにしたいと思いつつも、再生のタイミングが迫っていて、相手から了承を得ることも、詳細な計画もたてられずに、現世界に来ることになってしまいます。

こう考えると、取り組むべき課題のある人たちを父母、パートナー、子供に迎えられるということは、とても幸運だと言ってもいいのかもしれませんね。

自分の再生の計画は万全だったのだろうか?
そう疑問を持った時は、スピリチュアルカウンセリング でご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
「再生の計画」自分が困難を仕掛けた
「再生の計画」前世と親子関係について