カテゴリー別アーカイブ: 再生の計画

自由きままに生きる

世の中には、家族や社会にとらわれることなく、自由きままに生きている人がいます。

たとえば、学校を卒業するとすぐに家を飛び出して、親とも連絡をあまりとらず、めったに帰らない。やりたいことに熱中しているのかというと、そうでもない。会社や組織に属するのでもなく、その時々に応じて、食うために働いている。知り合った人達とそつなく接しているが、特に親しくするというわけでもない。無二の親友がいるわけでもない。そういった人です。わかりやすくいうと映画の「寅さん」やムーミンにでてくる「スナフキン」のような人です。

そういった姿を見ると「自由でいいなあ」とあこがれるかもしれませんが、実はそういった人には、それなりの苦労があるのです。

たとえば、そういった人達の苦労は再生のときにいきなり発生します。

過去生で同じような生き方をしてきていることが多いので、濃密な人間関係を形成したことがありません。そのため、トラブルを抱えた相手がいない反面、良好な関係を結んだ相手もいません。

生まれるために父母を選ぼうとすると、はたと困ってしまうのです。そして、縁ともいえないような縁を駆使して、頼み込んで親になってもらいます。

現世界に生まれてくると、父母に対して、克服すべき事もありませんし、愛に苦しむこともありません。そして過去生と同じように、ある程度の年齢になると、また家を飛び出してしまうのです。

もちろん、パートナーとの約束もありません。

生涯にわたって独身を通すことが多いのですが、偶然が重なると、誰かと一緒になることもあります。しかしパートナーとの間にも課題も愛も憎しみもありませんので、よくいえばあっさり、悪くいえば温度感の低い夫婦関係になってしまいます。

さてここまで聞くと、「なんとも寂しいなあ」と感じるかもしれません。
しかし、当の本人は寂しさなんて、これっぽちも感じていません。なぜなら、過去生でも同じような生き方をしているからです。

もちろん、自由気ままに生きている人にも、人生の目標や課題はあります。

自由気ままに生きる人、膨大な資産を持っている人、まわりからチヤホヤされる人、いろんな人がいます。そういった他の人の人生を見てうらやましがるのは、ナンセンスなのかもしれませんね。

「自分は何をしたくて生まれてきたのだろう?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に人生の目的について尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
現世界に再生する理由
人生を生きる目的
人生の課題と願望、そして大志

一年の計

あけまして、おめでとうございます。
今年一年が、みなさまにとって素敵な年になりますように。

さて、年の始まりにふさわしく、「一年の計は元旦にあり」について、書こうと思います。

小学生の時に冬休みの宿題として、今年一年をどんな年にしたいかを書いた記憶のある方もいらっしゃると思います。子供にとって一年はずいぶんと先のことで、その日その日がすべてです。そこをむりやり考えて、やっとの思いで宿題を提出した、という方も多いのではないでしょうか。

しかしこの「一年の計は元旦にあり」は、一考の価値がある言葉です。

簡単な例をあげてみましょう。

「○○の資格を取りたい」と願う人が、たゆまぬ努力の結果、○○の資格を手に入れることはできます。
「○○の資格を取りたい」と思ったことさえない人が、気がついたら、○○の資格がとれた、なんてことはありません。

「○○を克服したい」と願う人が自分と向き合い、努力を重ねた結果、○○を克服することはできます。
「○○の克服したい」と思ったことさえない人が、いつのまにか、○○を克服することができた、なんてもこともありません。

当たり前のことです。

「どうしたいか」「どうなりたいか」を考えること、目標を持つことは、それを実現するための大切なステップです。

そもそも私たちは霊界から、こちらの世界に来るときに、「○○をしたい」「○○ができるようになりたい」と、熱い思いを持ってやってきました。

それは今、どれくらいできているのでしょうか?

私たちは、ついうっかりすると、日々の生活に追われてしまいます。何も考えずに決まりきったルーチンを繰り返してるだけになってしまいます。

仕事もお休み、街も静か、ほっと一息つける年始だからこそ、自分は何をしたくてこちらの世界にやってきたのか想いを巡らせ、必要があれば軌道修正の「一年の計」をたててみてはいかがでしょうか。

「自分は何をしたいと思って、生まれてきたのだろうか」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に人生の目標についてたずてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

過去の性別が与える影響

ねこじゃらし

ねこじゃらし

今日は、過去生の性別が今世にどれくらいの影響を与えるかについて書きます。

想像に難(かた)くないと思いますが、男性なのに細やかな気配りができ、柔和で繊細な感性あるという人は直前の過去生が女性であることが多く、また、女性だけれどもさっぱりとした性格で、あまり悩まず、うわさ話が嫌いという人は、直前の過去生が男性のことが多いです。

性別の違いを体験するという観点からいうと、再生は男性と女性を交互に繰り返すのが理想です。

しかし、男性ならではの失敗をした人は次の性も男性を選ぶことになり、女性も同様です。そういった事情から、ある特定の性別にかたよって、再生を繰り返すことも起こります。

ただし、同じ性別に生まれることは無制限ではなく、どうやら4回までという決まりがあるようなのです。なぜかといいいますと、長くスピリチュアルカウンセリング を行っていても、今回で5度目の同じ性別でした、またはそれ以上でした、という人をいまだかつて見たことがないからです。

なぜ、同じ性による再生が4回までなのかというと、どうやら同じ性を繰り返すことで、性による特性が濃くですぎて、弊害が発生するのを防ぐためのようです。

男性の再生が数多く繰り返されると、元々がどのような性格であっても、だんだんと粗野で暴力的になってきます。そして、思慮に欠け、物事を短絡的に考えるようになり、やがて享楽的志向が強くなっていきます。

女性の再生が何度も繰り返されると、不安や心配が強くなり、内向的で、自閉的傾向が強くなり、人から自分がどう見られているかを過度に気にするようになり、情緒も不安定になっていく傾向があります。

では、過去生で3回、4回と男性を繰り返した人が、女性として生まれたとき、ものすごく男っぽい女性なのかというと、そうとは限りません。もちろんそういう場合もあります。しかし、今まで男が続いてきたので、今度は女性であることを楽しんでみたいと気持ちを大きく切り替える人達もいます。

そういった人は、女性に関するものは、見るもの聞くものが初めてのことばかりなので、全てが新鮮で、女らしさを積極的に取り入れていこうとします。たとえば、雑誌やインスタグラムに掲載された、かわいいものやきれいなものをいっぱい吸収したいという欲求が高く、積極的に取り入れていきます。女性的な知識や物を身につけたり、持つことがうれしくてたまらない、という感じになります。

多くの女性が、可愛らしいものは好きだと思いますが、一体どこが違うのかというと、過去生が女性であった人は、自分の本来の中に女性的なものがあって、服や化粧品、アクセサリーを無意識のうちに選び出すことができます。そして、好き嫌いも、もともと自分の中にあります。

それに対し、過去生で男性が多く続いた人は、自分の中には審美性がないので、かわいいやきれいな物を知りたいという欲求があります。そして、情報を得たい、ファッション系のスクールに通いたい、ファッションリーダーから学びたいというように、まずは情報の吸収に力を入れます。そのあとに、自分を飾っていくという手順を踏む傾向にあります。

人から「ガサツだ、細やかさがない」と言われてしまう。それって、過去生のせい?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、自分の過去生を知ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
同じ性別を繰り返す
性を選ぶ