カテゴリー別アーカイブ: 再生の計画

家族や先祖と似ているのはなぜ


このブログでもたびたび、わたしたちの本体は魂であり、肉体は乗り物だということを書いてきました。

しかしふと、こういう疑問を持ったことはありませんか。
「自分は祖父と容姿だけでなく、物の言い方が似ていると言われるのはなぜだろう」
「母と妹は性格がそっくり」
というようにです。

今日はなぜ、家族や先祖の中にそっくりな人がいるのか、その理由について書きます。

容姿というものはもちろん、先祖から受け継いできたものです。顔の輪郭が似ているとか、立ち姿がそっくりといったようなことです。これは、肉体の中に脈々と受け継いできたDNAが、ある人とその先祖を似たもの同士にしているのです。

では性格はどうなのでしょうか。

性格は、過去生での生き方のクセ、それも何度も繰り返してきた特徴的で固有の考え方がその人の性格を形成しています。ですから性格は、ひとりひとりのものであって、両親や祖父母からひきついできているものではありません。

でもなぜ、怒りっぽい性格や物の言い方が先祖や親の誰かと似ていることがあるのでしょうか。

この理由はとても簡単です。
人はこの世に生まれるときに、霊界で両親を選びます。誰彼構わず選ぶのではなく、過去生で縁があった人たちの中から選ぶのが一般的です。ということは、両親とは過去生でも家族であった可能性がとても高いことになります。

人の生き方のクセや考え方は、家族の中で形成されることがよくあります。たとえば、なんでも結論を急ぐ短気な性格の父を持つ子は、その様子を日々無意識に思考の中に刷り込んでいます。それゆえ父と同じように、すぐ結論が欲しがる短気な人になりがちです。

父も両親を選んできました。同じように過去生で家族であった人の中から選んでいる可能性が高くなります。そうするとまた同じように、父の性格形成に影響を与えた家族をその両親として選んでいる可能性が高いのです。

こういった繰り返しが、自分と祖父の性格が似ている、母と妹の考え方が似ているということになるのです。

性格についてはやはり、似ているだけで、全く同じではありません。ひとりひとりに起きる出来事は別であり、出来事にどのように向き合ってきたかもまた別なのです。よって、性格はその人固有のものであると言えるのです。

家族とのあいだに問題を抱えていますか?
ご自身の指導霊にどうしたら良いかを尋ねることができます。スピリチュアルカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

同じ課題が続くとき

日輪

日輪

人は現世に生まれるときに、たとえば「今回の人生では、○○を克服したい」というように、目標を決めて生まれてきます。これを「人生の課題」といいます。

人生の課題のテーマは人によって様々です。「相手の立場になって考えたい」とか「束縛しない」とか、「自己憐憫(れんびん)しない」とか、それこそ無数にあります。

人は現世に生まれると、人生の課題に対して、一生をかけて取り組むのですが、目標未達で終わってしまったり、未達どころか過ちの上塗りをしてしまうということがよくあります。そういった時は、再び来世へとその課題を持ち越すことになります。

スピリチュアルカウンセリングで多くの方と接していると、何度も繰り越された人生の課題というのは、決して珍しいことではないことがわかります。そして、繰り返される課題は、課題の対象が誰であるかによって、特徴があることがわかってきました。2つ例をあげて説明します。

1 人生の課題の対象が「特定の人」の場合

たとえば過去生で、ある人と兄弟姉妹になり、なんらかの問題が発生したとします。たとえば、「肝心なときに手を差し伸べることができなかった」とします。こういった時は、次の再生では兄弟姉妹ではなく、その方と親子になったりします。その人生でも解決できなかったら、さらに次の再生では夫婦になる。というように家族の中で立場を変えていくことが多いことがわかりました。

つまり、お互いに立場を変えることによって、過去に起きた問題「肝心なときに手を差し伸べられない」を克服しようとしているのです。兄弟姉妹でダメだった→親子でもダメだった→今度は夫婦になってみよう、ということなのです。

もちろん、兄弟姉妹、親子、夫婦の順番に決まりはありません。どのような順番でもあり得ます。

2 人生の課題の対象が「不特定の他人」の場合

たとえばある過去生で「自分の考えを伝えるのが苦手」だったとします。この課題が解決されるまで、同じ課題による再生が繰り返されるのですが、課題を持ち越すたびに、その人はより寡黙になっていき、よりかたくなで、交際範囲も小さくなっていく傾向があります。やがて、その課題そのものがその人の性格に反映され、誰から見ても「自分の考えをうまく伝えられない」人になっていきます。

いずれの場合でも、課題を持ち越すにつれ、ハードルはより高くなっていきます。

さらに重要なこととして、課題の持ち越しには限界があるということです。

人生の課題の持ち越し回数はどうやら「3回」が限度のようなのです。
いまだかつて、「今回の人生で、同じ課題に4回目に取り組んでいます」という方を見たことがないのです。

もしあなたが「生き苦しい」と感じているのなら、同じ課題に何度も取り組んでいるのかもしれません。辛く大変ですが、逃げることなく、真正面から取り組んでみてはいかがでしょうか。指導霊の助言がきっと役に立つはずです。詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
人は何回くらい再生するのか
現世界に再生する理由

親と不仲だからといって、課題を持っているとは限らない

ヒメツルソバ

親との仲がうまくいっていなかったり、どうしても好きなれなくて、自分の未熟さや我の強さに悩んでいたとしても、そのことが必ずしも、人生の課題とは限らないということもあります。

私たちはこの世に生まれるときに、必ず親を選ばなくてはいけません。
なぜかというと、それはとても簡単なことで、たとえどのような立場の人であっても、父母なくしてこの世に生まれてくることができないからです。

そして多くの人が、父母を過去生で縁があった人の中から選びます。なおかつ、「ただ縁があった」というようなものではなく、愛憎があったり、裏切られたりというように、何らかの問題があって、それを乗り越えたいと思う相手を親として選んでいます。

しかし中には、親をこの世に生まれるための「手段としてのみ」で選んでいる人たちもいます。

たとえば、演奏家(ピアノやバイオリンなど)として成功したいという願いを持って生まれてくる人は、親選びはかなり慎重になります。なぜなら、親に財力があって、親が音楽に関心があり、幼い頃から楽器を習わせてくれること。なおかつ、自分の出生地の近くに優秀な先生がいる必要もあります。そうなると、過去生で縁のあった人から選ぶのは困難になります。

もう一つ例をあげましょう。たとえば、ある人と現世で、どうしても夫婦になりたい。その人がもうすぐ生まれそうだということを急に知ったとします。そうすると、じっくり親選びをしている時間はありません。その人と会うことができるような地域に生まれることが最優先になります。そうした場合、過去生で縁のあった人の中に、その地域で生活している人が一人もいないということもあります。

例であげた演奏家志望の人も、彼(彼女)を追いかけて産まれようとする人も、実は共通していることがあります。それはどちらも「願望」を人生の主たる目的として、生まれてくることです。

最初の例の人は、「演奏家として成功したい」という願望。二つ目の例の人は「彼(彼女)と結ばれたい」という願望です。
このように「願望」を人生の目的としている人は、過去生で縁のな人を親として選ぶ可能性があるのです。

このような方がスピリチュアルカウンセリング にお越しいただき、「親とうまくいかないのですが、どうしたら良いのでしょうか」と相談されたとします。すると指導霊からは「親とのことに悩む前に、あなたがこの世に生まれてきた目的がまだ達成していません。そのことに最大限の努力をしてください。親は、隣人としての善意にとどめ、過剰に思いわずらわないことです。」と言われてしまうこともあるのです。

現世で与えられた時間は思っている以上に短いです。

自分が本当にしたいこと、しなくてはいけないことに全力で向き合うことが大切です。人生の課題ではない事は「ほどほどに」ということもあるのです。

日頃心を痛め、悩んでいることは人生の課題なのでしょうか?
スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に本当の課題を確かめてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
願望