カテゴリー別アーカイブ: 再生の計画

向き合うべき親がいない

向き合うべき親がいない | カレスティア

ノウゼンカズラ

以前のブログで、計画していた両親とは違うところに生まれて来た子が、やがて成長し、親元を離れて、気がつくとすっかり親のことを忘れている。そして「自分は冷たい人間なのではないか」と悩んでしまうというケースについて書きました。

今回は、計画とは違う両親のもとに生まれたことによって、人生の目的に影響が出てしまう場合について書きます。

まずは、このブログにまだあまり馴染みがない方のために、ごく簡単に再生の計画について説明します。

人は何度も再生を繰り返しています。
そして、むやみに生まれ変わっているのではなく、それぞれに目的や願望を持って生まれてきています。
さらに、目的や願望が達成することができるよう、時代や国、地域をどこにするか、そして、誰を両親にするのか、性別をどちらにするのを決めます。
これらの計画が決まったら、大人の魂から、幼子の魂へ移行して、現世界に生まれる準備をします。

では、ここから本編です。

再生したいスピリットは、お母さんとなる人のお腹の中に赤ちゃんができるのをじっと待ちます。そして、期待通りにお母さんのお腹に赤ちゃんができれば、胎児の中へと入っていきます。

しかし、待っていても赤ちゃんができない場合もあります。

そういったとき、スピリットはこの夫婦に子供ができるのをいつまでも長々と待つことはできません。なぜかというと、すでに幼子の魂になってしまっているので、再生しなくてはいけないからです。

計画とは違う両親のもとに生まれざるを得なくても、人生の目的が果たせるよう、なるべく条件が揃った両親を選びます。

しかし、人生の主たる目的が親との和解であったり、この親でなくてはならない、という場合は問題が発生しがちです。

たとえば、現世界に生を受けて、幼少時代も大人になっても「○○をしたい」という目標も、「○○をしなくちゃ」という使命感も感じられず、日々がなんとなく過ぎ、「自分はいったい何をしたいのだろう?」と悩んでしまうことが起こりうるからです。

そういった場合は思い切って、興味を持てたことはなんでもやってみるというのもひとつの手です。そして、親も含めて、出会う人たちと真摯に接していくのです。

向き合うべき親がいるということは、見方を変えれば生まれた時からハードルがあるということ。しかし、そのハードルがないのですから、束縛なくあらゆることに挑戦できるという意味でもあります。

やりたいことをやれる自由さを手に入れ、愛を基準に生きていけるかを腕試しをしてみる。そう考えると、実に魅力的で意味のある人生に変わるのではないでしょうか。

「本当にこの親は、自分で選んだ親なの?」
そう思ってしまうのなら、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
計画した両親とは違うところに生まれてきた子
国や両親、性別、パートナーを決める

人は何回くらい再生するのか

人は何回くらい再生するのか | カレスティア

クワの実

人は魂の浄化のために、再生を何度も繰り返しています。

では、何回くらい再生したら、現世界への再生は終わりになるのでしょうか?
5回とか、10回というように、ある程度の目安はあるのでしょうか?

答えは、「再生の回数は人によって異なる」です。

まあ、当然と言えば当然ですね。
ではなぜ、人によって再生回数が異なるのでしょうか。それは、魂の汚れの厚みが人によって異なるからです。

浄化を着実に進めて、汚れの膜を一枚、また一枚と確実にはがしている人もいれば、なかなか進まない人もいます。逆に浄化するどころか、再生のたびに汚れの厚みを増やしている人もいます。だから、再生の回数は人によって異なるのです。

「再生の回数が多い人ほど、霊格が高い」みたいな表現をする方もたまにいらっしゃいますが、魂の浄化の進み具合、つまり霊格の高さと再生の回数には何の関係もないのです。

つまり、わずかな再生の回数で現世界への再生を終わりにできる人もいれば、何十回も再生を繰り返していて、それでもまだ、道半ばの人もいるということです。

自分は魂を浄化できているのだろうか?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
魂の浄化
愛に反した行動と思考が魂を汚す
赤ちゃんの魂は無垢ではない/a>
再生は霊界視点の方がわかりやすい

浄化が進むと人間関係が薄くなっていく

浄化が進むと人間関係が薄くなっていく | カレスティア

アップルミント

再生の計画のときに両親や兄弟姉妹、パートナーといった家族、そしてライバルや友人を選ぶということは、すなわちその人と何かをしなくてはいけない、すべき何かがあるということです。そしてその多くが、過去生において良好とは言えない、マイナスの関係にあったことを意味しています。

その良くなかった関係を克服すべく、お互いに話し合い、今度こそは良好な関係を結べるようにチャレンジします。

お互いに和解し、良い関係を結べることができると、もうその人とするべきことはなくなりますので、次の再生で再び縁を結ぶことはありません。

つまり、再生するたびに過去生で問題を起こした人たちとの清算を順調に繰り返し、新たな人と問題を起こさなかったとしたら、やがていつかは向き合うべき人が「0」になる時がきます。

そこまでいくと、再生する時には縁のない夫婦の元に生まれ、成人してパートナーとめぐり会っても、やはり初めて会う人になります。

ここまで読んで「なんとも寂しい話だな」と思った方もいらっしゃるとは思いますが、実はそうでもありません。

負の人間関係を全てクリアするということは、すなわち「次の段階へ進む」ことになるからです。

家族、友人、知人、職場の仲間たち、パートナー、あなたの周りにいるすべての人が、あなたにたいして意地悪をしたり、冷たくすることもありません。おだやかで、良好で温かな人たちに囲まれることになります。

そして、人間関係以外の他のテーマ、たとえば人生をかけて取り組んでみたいと思えるようなことにチャレンジし、さらなる高みへと目指していくことになるのです。

どうしてもしっくりいかない家族がいますか?
スピリチュアルカウンセリングで、どうしてその人とうまくいかないのか理由を尋ねみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
現世界に再生する理由
人生を生きる目的
性を選ぶ

計画した両親とは違うところに生まれてきた子

計画した両親とは違うところに生まれてきた子 | カレスティア

プラムの実が色づきました

以前ブログで、予定していた夫婦の元に赤ちゃんが宿らず、もうこれ以上、妊娠することはないだろうと判断すると、別の夫婦の元に生まれるということを書きました

こういった子供の場合、反抗もしないし、逆に依存もしないし、実に育てやすい良い子になります。そして、大人になるとあっという間に親から離れていってしまいます。それゆえ、少し物足りなさも感じるものです。

しかし、子どもの視点から両親を見ると、少し違うものになります。

まず、(過去性による愛憎がないため)父、母共に分け隔てなく自分に接して育ててくれたが、深い愛を感じることができない、かといって憎しみも感じられない。大人になって、家族に縛られることなく、やりたいことをやっているが、ふとしたときに、親のことをすっかり忘れている自分に気づき「冷たい人間なのではないか」と悩むようになります。

もし仮にやりたいことも見つけられず、地域性や古い考えを受け入れ、親と同居し続けている場合は、年老いてゆく親を見て、やはり先ほどのようにどこか親身になれない自分を感じて悩むことになります。

ドライな考え方をする人や、あまり深くものを考えることのない人であれば、こういった悩みもないのでしょうが、多くの場合はこういった問題に直面することになるでしょう。

さてどうしたら良いかというと、縁のない両親の元に生まれた子は「親孝行すべきという考えは捨てた方が良い」と、私は思います。

日本は儒教の影響を少なからず今に残していますので、子は親に尽くすべし、孝行すべしといった考え方が染みついています。そして、年老いた親との過ごし方に理想を描いてしまいがちです。でもこれは、ある家族においては当てはまったとしても、我が家は違うんだと考えたほうが良いでしょう。

そして、年老いた親を「親」というよりも、人生を生きる「先輩」としてとらえ、人としての敬意と善意で接した方が、きっと良い結果になるのではないでしょうか。

親との接し方で悩んでいませんか?
ご自身の指導霊に親とどう接したら良いか尋ねることができます。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
希望する夫婦のもとに生まれることができないとき

愛されたいと願っている子

愛されたいと願っている子 | カレスティア

ビヨウヤナギ

今日は小学生以下のお子様、特に未就学児をお持ちの方に読んでいただきたい内容です。

突然ですが、質問です。「あなたのお子さんは甘えん坊ですか?」

「ママ、ママ(パパ、パパ)」と言ってしがみついて来たり、あなたがいないと何もできないという感じですか?
実はそれって、特別なのかもしれません。

お二人以上のお子さんをお持ちの方は、客観的に見るとわかると思いますが、お子さん全員が甘えん坊というわけではないと思うのです。
お子さんが一人しかいない場合は、他のママ友に尋ねてみてください。そうすれば、他のおうちの子よりも、我が子が甘えん坊かどうかがわかると思うのです。

甘えん坊なのには、きっと訳があります。

たとえば、過去生において、あなたとお子さんは親子または兄弟姉妹といった血縁関係にあったのかもしれません。それにもかかわらず、深い信頼関係を結ぶことができなかった。そして今度こそは、深い愛で結ばれたいと願って生まれて来たのかもしれません。

甘えん坊のお子さんには「今、忙しいから後でね」とか、「◯◯できるようになりましょう」といった論理的な言葉で納得させるのは、できるだけ避けてください。

「大変だな」と思っても、毎日ぎゅっと抱きしめてあげて「大好きよ」と声に出してあげてください。そのとき、お子さんが心から満足している様子を見ることができるはずです。あなたに愛されていることを日々確認することによって、この世に生まれて来た目標の一つを達成できるのかもしれません。

「子供に何をしてあげるのがベストなのかしら?」
と悩んだときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊のアドバイスを聞いて見ませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
育てやすい子と手のかかる子
好きになれないわが子
親の因果が子に報う?