カテゴリー別アーカイブ: 前世

頭の良し悪しと過去生の関係

柿

世の中には本当に頭の良い人というのはいるもので、「教科書を3回読めば覚えてしまう」と、とてつもないことをさらりと言ってのけてしまう人もいます。・・・本当にうらやましい限りです。

さて今日は、頭の良い、悪いは、過去生における努力の結果なのか、ということを書きます。
結論を先に述べますと、「頭の良し悪しは、過去生とは関係がありません」しかし、「人生の目標を達成するために、頭の良い肉体を意図的に選ぶ」ことはあります。では、詳しく説明しましょう。

まずは、「頭の良し悪しは、過去生とは関係がない」についてです。

頭の良さというのは、脳のもともとのできが優れているということです。これはあくまでも肉体の良さであり、親からのDNAを引き継いだ結果です。過去生で学問に励んでいたとか、知能を使う職業が続いたから今世も頭が良いということではありません。

しかし、頭の良さをどのように使うかは過去生と大いに関係があります。

たとえば、頭が良いのに何の努力もせず、だんだんと成績を落とす人もあれば、努力を続けて、さらなる高みへと進む人もいます。
また、頭の良さを金儲けや自分が豊かな暮らしをするために生涯を過ごす人もいれば、人の役に立ちたい、もっと豊かな社会を築きたいと思って努力を続ける人もいます。

これらは過去生で、目標を明確に持たずにその場その場を切り抜けてきたのか、目標に向かって努力を積み重ねてきたのかといった怠惰生や緻密さといったもの。また、行動の基本となる考え方のベクトルが、自分に向いていたのか、それとも他人に向いていたのかの差です。そしてこれこそが、過去生から受け継いでくるものなのです。

行動の基本となる考え方をスピリチュアリズムでは「意念」とよび、ベクトルが自分に向いているのを「自己愛」、他人に向いているのを「隣人愛」とよびます。

もっとわかりやすくいうと、「性格」と言っていいでしょう。
つまり、「頭の良し悪しは過去生と関係はありませんが、どう使うかは過去生と大いに関係がある」ということです。

次に「人生の目標を達成するために、頭の良い肉体を意図的に選ぶことがある」について、説明しましょう。

たとえば、この世に生まれてきた目標が「医者になって、人々を病から救いたい」という人がいたとします。

この人の場合、人を救うためには、どうしても医者になる必要があります。そのためには、凡庸な頭では医者になるという最初の関門すら危うくなってしまいます。ですから、明晰な頭脳を持てる可能性が高いDNAを持つ父母を持つ必要があります。

実際にスピリチュアルカウンセリング を行ったお客様の中に、両親と過去生で全く縁がないのに、頭の良い肉体をもつために両親を選んだという方もいらっしゃいました。

つまり、「自分の人生の目標を達成するために、全く縁のない親を選んで、頭の良い体を意図的に選ぶこと」もあるのです。

「子供が真剣に勉強しないけど、大丈夫なのかしら」そんな悩みがあるときは、スピリチュアルカウンセリング で、お子様の特性を尋ねて、その上で対策を試みてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
自己愛と世間愛
隣人愛

酒に溺れる

酒に溺れる | カレスティア

ニラバナ

父が、または夫が「お酒を飲んで暴れる」、「お酒を飲んで、職場や近所の人ともめごとを起こしてしまう」という相談を受けることがあります。

指導霊にそういった方達の過去生を尋ねると、ほぼ例外なく過去生でもアルコール中毒だったり、麻薬や幻覚性のあるハーブを常習していた生き方を繰り返しています。そしていずれの過去生でも、日頃は借りてきた猫のようにおとなしくしているのですが、いろんな感情がいつも鬱積(うっせき)していて、それを酒や麻薬の力を借りて解放しているのです。

私はアルコール依存症も「コミュニケーション障害」の一種なのではないかと考えています。

自分の考えを人に伝えるのが苦手、そういった苦労をするくらいなら我慢していよう、独りでいようと、自分を押し殺してしまうタイプの「コミュニケーション障害」です。

そういった人の多くは、アイドルやアニメで自分を慰めているのですが、一部の人たちはアルコールに活路を見出しています。お酒は飲んでいる時は、嫌なことを忘れさせてくれます。しかし酔いがさめれば、どうにもならない現実が目の前に現れてきます。

人や会社から嫌なことを押しつけられているのなら、嫌なものは嫌と言うべきです。「そんなことできるわけがない」とあきらめてはいけません。なんにも反応しないから、相手はさらに図に乗ってくるのです。自分の思いをちゃんと相手に伝える、他の人からみたら実に他愛のないことです。しかし、それができないから、過去生から幾度となく繰り返し、現在に至っているのです。

今生こそ、アルコールに逃げないで、立ち向かわなくてはいけません。
そして、過去生の負のループから脱出しなくてはいけません。

これらはもちろん、本人の努力でするべきことです。しかし、ご家族の方にもやれることがあります。

それは、お酒を飲んで問題を起こす父や夫を「普段はいい人なのに」と思ってはいけません。いい人ぶっているのは、世間をだますうその姿なのです。お酒を飲んで暴れたり、暴言を吐いている時こそが、その人の本当の姿なのです。

「酒をきっぱりと断たせる」という毅然とした態度が家族に必要です。家族の努力だけでは無理だと判断したら、迷わずアルコール外来に連れて行き、いざとなったら入院させなくてはいけません。

迷路に入り込んでいる大切な人を救い出すこと、これが本当の家族の愛なのです。

家族のことで困っていることがあったら、スピリチュアルカウンセリング で指導霊から、家族としてできることを尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
コミュニケーション
コミュニケーションを断つということ

過去生で縁のない兄弟姉妹

センニンソウ

センニンソウ

今日は過去生で縁がなく、初めて近親者となった兄弟姉妹の立ち位置が、その数によって案外変わるものだということについて書きます。

まず、兄弟姉妹がいる場合、全員が自分と過去生で縁があるとは限りません。
兄弟姉妹のそれぞれが、父または母、時にはその両方と過去生で縁があり、それがゆえに父母として選んで生まれてきたとしても、兄弟姉妹である自分とは初めての組み合わせになることもあるのです。

そういった初めての組み合わせで、兄弟姉妹の数が二人の場合をみてみましょう。

過去生においてお互いに接点がありませんので、偏った愛や憎しみといったものがありません。そのため、対等な関係になりますので、良好な関係の兄弟姉妹になることが多くあります。

一方、兄弟姉妹が三人以上いて、一人だけが他の兄弟姉妹達と過去生で縁がなかった場合。

過去生で縁があった兄弟姉妹たちは、言葉では表せない絆のようなものを感じたり、逆に犬猿の仲であったりと、良くも悪くも濃厚な関係であるのに対し、初めて兄弟姉妹となるその人は他の兄弟からみて、妙にクールだったり、関係が希薄な感じがします。このことは兄弟姉妹の数が多ければ多いほど、たとえば四人、五人兄弟姉妹で、一人だけ初めての組み合わせといった時にはより顕著になります。

そういったとき、「○○ちゃんだけ、どうして雰囲気が違うんだろう」と気にかけたとしても、それは仕方のないことです。

その人は他の兄弟姉妹との課題をもともと持ち合わせていませんので、どうしても力が抜けてしまうのです。兄弟姉妹とのことよりもむしろ、父や母との関係を改善したい、または他の課題を持っていて、そちらに集中したいと願っているのです。

一人だけ毛色の違った兄弟姉妹がいる場合、へんにおせっかいするよりも、むしろそっとしておいてあげる方が、その人にとっての支援になります。

「うまくいかない兄弟姉妹がいる」
そういうときは、その兄弟姉妹となにか課題を持っているのかもしれません。スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
国や両親、性別、パートナーを決める
同じ組み合わせの再生がなんども続くと、厳しさが増してくる