カテゴリー別アーカイブ: 意念

なぜ幸せではないのか

人はなかなか「幸せ」を感じることができません。今日のブログでは「どうして人は幸せを感じることができないのか」そして、「どうしたら幸せを感じることができるようになれるのか」について、お伝えします。

人は「幸せ」というものに対して貪欲です。とくに人生の節目には、幸せな選択ができるかどうか真剣に悩みます。たとえば「○○さんと結婚したら、幸せになれるかな」とか、「3社から内定をもらった。どの会社に就職したら将来幸せになれるかな」といったようにです。

こんなにも追い求めている「幸せ」ですが、人は「幸せの本質」を本当に理解しているかというと、案外そうでもありません。
なぜなら「幸せ」とは客観的事実ではなく、第三者から見て判断できないからです。

少したとえ話しをしましょう。

誰もがあこがれる一等地に住んで、高級車に乗り、シーズンごとに高級な服を買い、エステに通って、一流レストランでいつでも食事をすることができる。でも、満たされない気持ちや、むなしさを感じていたら、その人は自分のことを「幸せ」と思っているでしょうか。おそらく「ノー」でしょう。

もう少し近いたとえ話しをしましょう。

水道をひねったら飲み水が出てきて、夜になればスイッチを押すだけで照明がつき、お風呂もボタン一つでお湯がたまり、飢えることなく三度の食事ができる。

このブログを読んでくださっているほぼ全員が、上記に当てはまると思います。
でも、読者のみなさん全てが「幸せだ」と感じてはいないでしょう。

ほんの少し前まで、水は井戸まで汲みに行っていました。台所にある瓶に水をいれておかないと、飲み水に困ります。お風呂に入ろうと思ったら、湯船がいっぱいになるまで、バケツで水を汲まなくてはいけません。水がたまったら、薪に火をつけて、お湯を沸かします。火が消えたり、沸かし過ぎにないように気を配らなくてはいけません。飢饉や戦争がなく、飢えの苦しみから解放されたのなんて、人類の歴史でごく最近のことです。

昔の人たちが私たちの暮らしを見たら、まるで王族の生活のように見えるでしょう。
それなのに私たちは「幸せだ」とは感じていません。

このように「物の豊かさ」と「幸せ」は必ずしも一致しないのです。

では違う面に光を当てて、再びたとえ話しをしましょう。

あなたの両親は二人とも健在です。パートナーは仕事に励んでいます。子供たちは学校に行き、部活を楽しんでいます。あなたはパートとして働いています。夕方には家族そろって夕食を食べます。

なんて幸せなことでしょう!いえ、違います?

「母が用もないのに長電話をしてきます」
「パートナーは私の話を聞いてくれません」
「子供たちは勉強をしないで、ゲームばかりしています」
「パート先に嫌な人がいます」

きっとそう答えるでしょう。

人はどうしても「不足していること」に目が行きがちです。そして、その不足していることをなんとかしたいと思って、頭の中をいつもいっぱいにしています。これが「私たちが幸せを感じることができない原因」なのです。

幸せを感じたいのなら、不足していることに目を向けるのではなく「満たされていることに目を向ける」べきなのです。

たとえば、
「母は元気でなによりです」
「パートナーはゴミ出しをしてくれます」
「子供たちは私が作った食事をおいしいと言って食べてくれます」
「お仕事をさせてもらえています」
というようにです。

満たされていることに目を向けると、日々の暮らしが、たくさんの喜びにあふれていること、そして、それらはまるで奇跡のようだということに気がつくはずです。

ではまとめましょう。

「私たちが幸せを感じられないのは、不足に目を向けているからです。
幸せを感じたいのなら、日々当たり前と見過ごしているひとつひとつに感謝をすることです。」

たったこれだけです。

「幸せ」は誰か(人や会社)がもたらしてくれるものではありません。感謝できるかどうかにかかっている、このことをしっかりと心にとめておけば、幸せな人生を送ることができます。

感謝する気持ちになれませんか?
そういうときは、スピリチュアルカウンセリングで、胸のつかえを解いてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

攻撃をしない

ミント

初霜がおりました

意識体の浄化を目指す生き方において、「人を攻撃してはいけない」というのがあります。

「人を攻撃してはいけない」
実に当たり前のことですよね。しかし私達は、自分が思っている以上に、実は人を攻撃をしているのです。

ではいくつか例をあげてみましょう。こんな場面を見たことはありませんか。
・レジをしている人に、老人が大声をあげている。ひたすら謝り続けるレジの人を許そうともせず、延々と謝罪を要求している。

・車を走らせていると後ろから来た車がパッシングをしてきた。道を譲るとなぜか幅寄せをしてきて、進路妨害をする。警笛を鳴らして、わめいている。

・ママ友の一人から、あることないことを言いふらされて、ママ友グループでの居場所がなくなってしまった。弁解のチャンスすら与えられない。

「これらは見たどころか、私がまさに経験したことです」と言いたくなるような内容だったのではないでしょうか。

これらの例で、実際に攻撃している人はもちろんいけませんが、着目してほしいのは、被害を受けているかたのほうなのです。

私達は、いくら平穏を願っていても、思いがけず、人から嫌なことをされることがあります。よく考えれば、自分のしたことに非はあるかもしれません。しかし、怒鳴られたり、立場をおびやかされるようなことまでしているとは言い難いのではないでしょうか。

こういったときに私達は何をしているでしょうか。

言い返したり、怒ったりしていませんか。
立場上そのようなことができなかったとしても、心のなかで相手をとっちめたり、のろったりしていませんか。

どちらが正しいとか、どちらに正義があるという話ではありません。

たとえどんなときでも、相手を攻撃してはいけないのです。
攻撃されたらやり返す、これは防衛本能です。しかし、意識体の浄化は、それさえも不可としているのです。

「左のほほを打たれたら、右のほほを差し出しなさい」
これはイエス様が言われた言葉です。

「人を攻撃してはいけない」
言うのは簡単ですが、行うのは実に難しいことです。

「自分はまだまだだなあ」
と思ったときは、がっかりするよりもまずはスピリチュアルカウンセリングで、指導霊の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
嫌がらせをされたら

夢を理解する

毎晩のように、夢を見ますが、そのほとんどは起きるとすぐに忘れてしまうのではないでしょうか。しかし中には、起きてしばらく経っても覚えている印象的な夢もあります。今日はそういった夢が何を意味しているのか、ひもとくヒントをお伝えします。

夢には辻褄(つじつま)が合わない、何を意味しているのかが分からない、というものが多くあります。実はこれ、脳が仲介することによって起きる現象なのです。

ある刺激、たとえば指導霊やスピリットからのメッセージ、予感、生きている人からの念といったものを脳がいったん受け取ります。そして、脳自身が脳に理解できる内容に自動変換してまうのです。これが、辻褄のあわなさや不自然さの原因であり、メッセージや情報が分かりにくくなる理由なのです。

ではいくつか例をあげてみましょう。

「繰り返し見る夢」
何度も見たことがある同じ内容の夢。これは過去生での体験を見ている可能性があります。
しかし、細部に着目しますと、町並みや人々が着ている服装が現代的だったりします。過去生の体験であるならば、相応の古さを感じるはずです。しかし、こういった不自然さこそが、脳が変換した結果なのです。

では過去生を夢で見ることに何か特別な意味があるかというと、あまり意味がないことの方が多いです。日常の一部を切り取ったような、特別なことが起きない夢であれば、単純にアカシックレコード(記憶の倉庫)から、再現されたに過ぎません。

ただし、重大な出来事が起こったり、強い感情を伴うような場合ですと、話は別です。過去生での出来事が、現在の行動を縛っていたり、感情をコントロールしていることがあります。つまり、生を超えたトラウマといってもいいでしょう。

「不吉なことを暗示する夢」
夢の中で嫌なことが起こるのではなく、不吉なことが起きそうだと暗示するもの、たとえば、不穏な言葉、悪意を持った人々の視線といったようなものは、これから嫌なことが起こるという警告かというと、そうではないことの方が多いです。

ではどういった時にこの種の夢を見るかというと、倫理・道徳に反することや自分の中にある正義に反していることをしたり、考えているといった時によく見ます。

「こんなことをしていてはいけない」という気持ちが、良くない将来が起きるのでは?という不安を見せているのでしょう。

「聞こえない夢」
誰かが必死に自分に向かって話しているが、声が聞こえない。そもそも、それが誰なのかがわからない、といった夢です。

こういった夢の場合、指導霊やスピリットが何かを伝えようとしているのではなく、あなたが周囲の人と意思疎通がとれていない時によく見る夢です。

自分には意志の疎通がとれていないという自覚はありませんが、相手から「ああ、分かってもらえてないなあ」という思いが繰り返されると、念が積み重なり、このような夢を見ることがあります。

夢を解釈するのは難しく、とても一筋縄ではいきませんが、見た夢を額面通りに受け取るのではなく、今の自分のあり方と照らし合わせると、理解できることが多くあります。
よくない夢を見た時は、自分の生き方に霊的真理や愛から離れているのではと考え、軌道修正をするきっかけにしていただくと良いでしょう。

「この夢にはきっと意味があるはず」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
夢枕に立った霊、本物?それとも夢?
予知夢
「虫の知らせ」はなぜ起こるのか