カテゴリー別アーカイブ: 意念

マイナス思考

マイナス思考 | カレスティア

ヤマザクラ

もしあなたが「物事がうまくいかない」「人と溶け込めない」「明るい未来が望めない」と感じているのなら、習慣化している「マイナス思考」に原因があるのかもしれません。

人はこの世に生まれてくるにあたって、「過去生で道半ばだったことを成就したい」という大志や「過去生ではできなかったことを今度はしたい」という願望を持ってやってきています。つまり、現世であなたは何でも自由にすることができるし、あなたに制限をかけるものは何もないのです。

しかし実際のところ、自由にのびのびと人生を謳歌(おうか)している人は本当にわずかで、ほとんどの人が何かに縛られて生きています。そういった縛りの一つに「マイナス思考」というのがあります。

「○○になったらどうしよう」「うまくいくはずはない」と、失敗して困っているようなシチュエーションをぐるぐると頭の中で想像し、あげくの果てに「どうせ私なんか」と自己否定におちいってしまう。そういったマイナス思考と自己否定による「自己拘束」の悪習慣が身についてしまっている人の何と多いことでしょう。

こういった思考は、たとえ心の中で思っているだけにとどめていても、他人にわかってしまうものです。表情がいつも暗い、晴れやかな感じがしない、どんよりしている。そういった雰囲気が意図せずでてしまいます。そういった人には誰も好き好んで近寄ってきてくれません。仕事なら必要最小限の連絡事項はするでしょうけれども、友達づきあいまではしてくれません。ランチはいつも一人でポツンと食べることになりますし、気軽な飲み会にも誘われることもありません。

「人はなりたいような人になる」という言葉があります。これはスピリチュアリズムの観点からいっても事実です。

周りの人たちから浮いた状態で、いつも孤独でいたいと願っていなくても、貧乏くじを引き続けていたいと思っていなくても、頭の中でいつもマイナス思考を繰り返しているのなら、そんな自分になることを切に願っているのと同じなのです。

今までずっとイメージしてきた悲惨な状況、そのいくつが現実のものになったでしょうか?

かぎりなく”0”が、答えでしょう。

だったら、そんなことを考え続けても全く意味がないのはおわかりいただけると思います。
マイナス思考からきっぱりと縁を切って、自分を解放してみてはいかがでしょうか。

そうはいうけれども、どうしていつもマイナスのことを考えてしまうのだろう?
そういったときは、スピリチュアルカウンセリング で、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか。思いもよらない、原因がわかるかもしれません。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
クセ
意念は伝わる/a>

クセ

クセ | カレスティア

アンズの実が色づきました

「なくて七癖」という言葉があります。
この言葉の通り、自分では気がついていないけれども、クセになっていることって、案外多くあるものです。今日はそういったクセが、思っている以上に人と自分自身に影響を与えているということについて書こうと思います。

ところで、あなたの周りにこんな人はいませんか?
個人経営のレストランでお会計の時に、「おいしかったわ。でもちょっと味付けが濃いわね。」とか、
美容室で、「きれいに仕上がったわ、ありがとう。でも、もうちょっと手際よくやってくれるといいのだけど。」
と言ってしまう人。そう、「ひとこと多い人」です。

言っている本人は「お店がもっと良くなるためにアドバイスをしている」という気持ちなのかもしれませんが、言われた方はいくら客商売といえども、カチンときます。

サービスの提供は、その提供者に報酬を渡すことで等価交換、フィフティーフィフティーというわけではありません。

お店の人は、お客様に喜んでもらいたい、自分の持っている技術の全てでお答えしようといった、金銭を乗り越えた思いで行動しています。それなのに、そういったひたむきな気持ちで接してくれた人に、すべての面で100点ではないから、その点を突くというのは、思いやりに欠けた残酷な行為です。

こういった「ひとこと多い人」は、お店の人ばかりにでなく、家族や友人、知人にも知らず知らずのうちに、同じようなことをしているものです。

そして、こういった人は得てして「ふてぶてしい」容貌をしていることが多く、こういった人に限って「人から愛されたい」と願っています。

物事がうまく進まない、自分の望みの通りにいかない、そういったときは、自分の日頃の思考や行動に、よくないクセがないかをチェックするといいかもしれません。

「人並みの幸せが欲しい」
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリング で、幸せが手に入らない理由を尋ねてみませんか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
愛に反した行動と思考が魂を汚す
現世界では大丈夫でも、意識体の浄化としてダメなこと

人の不幸の上に成立する幸福はない

人の不幸の上に成立する幸福はない | カレスティア

花が少ないこの時期に水仙が咲いてくれると思わず笑顔になります

幸せというのは、身勝手な行動や他人の不幸といった「愛に反する行為」の上には決して成立しません。今日はそのことについて書きます。

私たちの住む社会は実に「愛に反する行為」に満ちあふれています。たとえば、
・妻子ある男性(女性)を愛する女性(男性)
・まともに残業代も支払わない経営者
・倫理や法に反することをしている公職者

あげだしたらきりがありませんが、問題なのは、こういった愛のない生き方をしている人たちが、一見うまくいっているようにいるように見えてしまう点にあります。

不倫をしている人は恋をしていて、きれいで輝いて見えますし、ルールにとらわれずに自由に生きていていることが、うらやましいと思わせることさえあります。

また、社員に当然の賃金も支払わずに、成功している経営者には、一等地のタワーマンションに住み、運転手付きの高級車に乗って、芸能人とお付き合いをし、華やかな生活を送っている人さえいます。

でも彼女ら(彼ら)をうらやましいと思うのは考えものです。
彼女らのきらめきは刹那的で、人生のごくわずかな期間にすぎないのです。

不倫は、相手の奥さん(夫)や子供を苦しめます。そういった人々の悲しみや憎しみは、目には見えない力となって働きます。
相手がちやほやしてくれるのは老いが顔や体型に出ない頃まで。いったん老いを感じさせてしまうと、捨てられてしまいます。「自分から別れた」と強がりを言っても、もう愛してくれる人は現れません。他人を苦しめた代償を支払う時期がやってくるのです。

真っ当な賃金を支払わない経営者は、社員の生活と心を痛めつけ、恨まれます。
社員たちのマイナスのマインドは社内全体に行き渡り、雰囲気が重苦しくなります。そして、辞める人が後を絶たず、時には社員が離反し、内部告発の憂き目にさえあいます。うまくいかなくなった組織というものは、あっという間に崩壊してしまいます。
社員ばかりではありません。取り巻きの人たちは人柄に魅かれていたわけではなく、お金が目当てでしたから、こちらも、あっという間に去っていってしまいます。
そして、求心力のない経営者ほど無力なものはないと知ることになり、どん底を味わいます。

うまくいっているわずかな期間だけを見て判断し、うらやましく思うのは早計です。
そして、念の力と因果律の二つの点からいっても、人の不幸の上に成立する幸福というのはあり得ないのです。

たとえ人を苦しめていたとしても、すべての道が閉ざされてしまうということはありません。人の痛みに気がつき、誤りを正すことができればやり直しはいつでもできます。
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
法則としての因果律 まとめ
なぜ因果律があるのか
「因果律」結果の良し悪しは何で決まる?