波長にもっと気を配ろう


カレスティアのご予約はこちらから

マンサクの花

マンサクの花

今日は自分がどのような波長をしているのか、もっと注意を払うべきだということについて書きます。

私たちは「波長」とか「波動」といった言葉を日常的によく使います。
たとえば、
・あの人とはなんとなく波長が合わない
・あの人からイライラとした波動を感じる
といったようにです。

実は「波長」も「波動」も、ときには「雰囲気」も同じものなのです。波長、波動、雰囲気もともに「振動」を表しています。

この世の全ての物体は振動しています(高校化学で教わりましたね)。特に命のあるものは感情や思考に合わせて振動が変化します。これが波長の正体です。

波長を整え、より良いものへと変えていく。これがスピリチュアリズムの究極の目標の一つなのです。

しかし「波長」という言葉だとおそらくみなさんはピンと来ないでしょう。今日は分かりやすいように「波長=音楽」で、たとえてみます。

激しい怒りや暴力的な気持ち、全てがなくなってしまえと自暴自棄な感情のときは、魂から「パンクロック」の破壊的で、無秩序な激しい音楽が流れています。

誰かを恨んでいたり、世の中を呪っているときは魂から「デス・メタル」の地獄の叫びのようなボーカルと、のしかかるような重々しいビートが流れています。

うまくいかないことを誰かのせいにしたり、自分は報われていないという気持ちのときは魂から「ストリート・ヒップホップ」の批判的で、挑発的、それでいてどうせ俺はこの世界から抜け出せないんだという音楽が流れているのです。

「波長=音楽」をたとえると、こんな感じです。

魂からいつもパンク・ロックが流れている人は、なげやりで、攻撃的な感じがするので、建設的な考えを持っている人や将来をしっかり考えている人を寄せつけません。
その結果、自分の周りに生き方や人生のお手本となるような人が存在しません。

魂からいつもデス・メタルが流れている人は、穏やかな人や明るい気持ちの人を寄せつけません。暗く重い感じを常に漂わせていて、幸せとが平安からみずから無縁になっています。

魂からいつもストリート・ヒップホップが流れている人は、人を批判しているので、いさかいや争いがしょっちゅう起こります。

なんで自分は人づき合いがうまくいかないんだろう
良い友達に恵まれないんだろう
なんで不運ばかり続くのだろう
と嘆く前に、自分の魂からどんな音楽を流れているのかを注目してください。

良き友人や望むような未来を遠ざける音楽を出し続けているのは、自分自身なのです。あなたが日頃考えている頭の中の思考と感情が「音楽」を作り出しているのです。

あなたが望むような未来や、仲良くなりたい人たち、家族に平和と調和をもたらすような音楽が魂からいつも出ているようにもっと気を使ってはいかがでしょうか。

自分はどんな波長なのだろうか、魂からどんな音楽が流れているのだろうか?
気になったら、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。指導霊から改善の仕方の具体的なアドバイスをもらうことができます。

こちらの記事もよく読まれています
仲の良い友人から自分の霊格を知る方法
魂の状態は他人からわかる

コメントを残す