月別アーカイブ: 2019年11月

夢を理解する

毎晩のように、夢を見ますが、そのほとんどは起きるとすぐに忘れてしまうのではないでしょうか。しかし中には、起きてしばらく経っても覚えている印象的な夢もあります。今日はそういった夢が何を意味しているのか、ひもとくヒントをお伝えします。

夢には辻褄(つじつま)が合わない、何を意味しているのかが分からない、というものが多くあります。実はこれ、脳が仲介することによって起きる現象なのです。

ある刺激、たとえば指導霊やスピリットからのメッセージ、予感、生きている人からの念といったものを脳がいったん受け取ります。そして、脳自身が脳に理解できる内容に自動変換してまうのです。これが、辻褄のあわなさや不自然さの原因であり、メッセージや情報が分かりにくくなる理由なのです。

ではいくつか例をあげてみましょう。

「繰り返し見る夢」
何度も見たことがある同じ内容の夢。これは過去生での体験を見ている可能性があります。
しかし、細部に着目しますと、町並みや人々が着ている服装が現代的だったりします。過去生の体験であるならば、相応の古さを感じるはずです。しかし、こういった不自然さこそが、脳が変換した結果なのです。

では過去生を夢で見ることに何か特別な意味があるかというと、あまり意味がないことの方が多いです。日常の一部を切り取ったような、特別なことが起きない夢であれば、単純にアカシックレコード(記憶の倉庫)から、再現されたに過ぎません。

ただし、重大な出来事が起こったり、強い感情を伴うような場合ですと、話は別です。過去生での出来事が、現在の行動を縛っていたり、感情をコントロールしていることがあります。つまり、生を超えたトラウマといってもいいでしょう。

「不吉なことを暗示する夢」
夢の中で嫌なことが起こるのではなく、不吉なことが起きそうだと暗示するもの、たとえば、不穏な言葉、悪意を持った人々の視線といったようなものは、これから嫌なことが起こるという警告かというと、そうではないことの方が多いです。

ではどういった時にこの種の夢を見るかというと、倫理・道徳に反することや自分の中にある正義に反していることをしたり、考えているといった時によく見ます。

「こんなことをしていてはいけない」という気持ちが、良くない将来が起きるのでは?という不安を見せているのでしょう。

「聞こえない夢」
誰かが必死に自分に向かって話しているが、声が聞こえない。そもそも、それが誰なのかがわからない、といった夢です。

こういった夢の場合、指導霊やスピリットが何かを伝えようとしているのではなく、あなたが周囲の人と意思疎通がとれていない時によく見る夢です。

自分には意志の疎通がとれていないという自覚はありませんが、相手から「ああ、分かってもらえてないなあ」という思いが繰り返されると、念が積み重なり、このような夢を見ることがあります。

夢を解釈するのは難しく、とても一筋縄ではいきませんが、見た夢を額面通りに受け取るのではなく、今の自分のあり方と照らし合わせると、理解できることが多くあります。
よくない夢を見た時は、自分の生き方に霊的真理や愛から離れているのではと考え、軌道修正をするきっかけにしていただくと良いでしょう。

「この夢にはきっと意味があるはず」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
夢枕に立った霊、本物?それとも夢?
予知夢
「虫の知らせ」はなぜ起こるのか

過去の性別が与える影響

ねこじゃらし

ねこじゃらし

今日は、過去生の性別が今世にどれくらいの影響を与えるかについて書きます。

想像に難(かた)くないと思いますが、男性なのに細やかな気配りができ、柔和で繊細な感性あるという人は直前の過去生が女性であることが多く、また、女性だけれどもさっぱりとした性格で、あまり悩まず、うわさ話が嫌いという人は、直前の過去生が男性のことが多いです。

性別の違いを体験するという観点からいうと、再生は男性と女性を交互に繰り返すのが理想です。

しかし、男性ならではの失敗をした人は次の性も男性を選ぶことになり、女性も同様です。そういった事情から、ある特定の性別にかたよって、再生を繰り返すことも起こります。

ただし、同じ性別に生まれることは無制限ではなく、どうやら4回までという決まりがあるようなのです。なぜかといいいますと、長くスピリチュアルカウンセリング を行っていても、今回で5度目の同じ性別でした、またはそれ以上でした、という人をいまだかつて見たことがないからです。

なぜ、同じ性による再生が4回までなのかというと、どうやら同じ性を繰り返すことで、性による特性が濃くですぎて、弊害が発生するのを防ぐためのようです。

男性の再生が数多く繰り返されると、元々がどのような性格であっても、だんだんと粗野で暴力的になってきます。そして、思慮に欠け、物事を短絡的に考えるようになり、やがて享楽的志向が強くなっていきます。

女性の再生が何度も繰り返されると、不安や心配が強くなり、内向的で、自閉的傾向が強くなり、人から自分がどう見られているかを過度に気にするようになり、情緒も不安定になっていく傾向があります。

では、過去生で3回、4回と男性を繰り返した人が、女性として生まれたとき、ものすごく男っぽい女性なのかというと、そうとは限りません。もちろんそういう場合もあります。しかし、今まで男が続いてきたので、今度は女性であることを楽しんでみたいと気持ちを大きく切り替える人達もいます。

そういった人は、女性に関するものは、見るもの聞くものが初めてのことばかりなので、全てが新鮮で、女らしさを積極的に取り入れていこうとします。たとえば、雑誌やインスタグラムに掲載された、かわいいものやきれいなものをいっぱい吸収したいという欲求が高く、積極的に取り入れていきます。女性的な知識や物を身につけたり、持つことがうれしくてたまらない、という感じになります。

多くの女性が、可愛らしいものは好きだと思いますが、一体どこが違うのかというと、過去生が女性であった人は、自分の本来の中に女性的なものがあって、服や化粧品、アクセサリーを無意識のうちに選び出すことができます。そして、好き嫌いも、もともと自分の中にあります。

それに対し、過去生で男性が多く続いた人は、自分の中には審美性がないので、かわいいやきれいな物を知りたいという欲求があります。そして、情報を得たい、ファッション系のスクールに通いたい、ファッションリーダーから学びたいというように、まずは情報の吸収に力を入れます。そのあとに、自分を飾っていくという手順を踏む傾向にあります。

人から「ガサツだ、細やかさがない」と言われてしまう。それって、過去生のせい?
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、自分の過去生を知ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
同じ性別を繰り返す
性を選ぶ

頭の良し悪しと過去生の関係

柿

世の中には本当に頭の良い人というのはいるもので、「教科書を3回読めば覚えてしまう」と、とてつもないことをさらりと言ってのけてしまう人もいます。・・・本当にうらやましい限りです。

さて今日は、頭の良い、悪いは、過去生における努力の結果なのか、ということを書きます。
結論を先に述べますと、「頭の良し悪しは、過去生とは関係がありません」しかし、「人生の目標を達成するために、頭の良い肉体を意図的に選ぶ」ことはあります。では、詳しく説明しましょう。

まずは、「頭の良し悪しは、過去生とは関係がない」についてです。

頭の良さというのは、脳のもともとのできが優れているということです。これはあくまでも肉体の良さであり、親からのDNAを引き継いだ結果です。過去生で学問に励んでいたとか、知能を使う職業が続いたから今世も頭が良いということではありません。

しかし、頭の良さをどのように使うかは過去生と大いに関係があります。

たとえば、頭が良いのに何の努力もせず、だんだんと成績を落とす人もあれば、努力を続けて、さらなる高みへと進む人もいます。
また、頭の良さを金儲けや自分が豊かな暮らしをするために生涯を過ごす人もいれば、人の役に立ちたい、もっと豊かな社会を築きたいと思って努力を続ける人もいます。

これらは過去生で、目標を明確に持たずにその場その場を切り抜けてきたのか、目標に向かって努力を積み重ねてきたのかといった怠惰生や緻密さといったもの。また、行動の基本となる考え方のベクトルが、自分に向いていたのか、それとも他人に向いていたのかの差です。そしてこれこそが、過去生から受け継いでくるものなのです。

行動の基本となる考え方をスピリチュアリズムでは「意念」とよび、ベクトルが自分に向いているのを「自己愛」、他人に向いているのを「隣人愛」とよびます。

もっとわかりやすくいうと、「性格」と言っていいでしょう。
つまり、「頭の良し悪しは過去生と関係はありませんが、どう使うかは過去生と大いに関係がある」ということです。

次に「人生の目標を達成するために、頭の良い肉体を意図的に選ぶことがある」について、説明しましょう。

たとえば、この世に生まれてきた目標が「医者になって、人々を病から救いたい」という人がいたとします。

この人の場合、人を救うためには、どうしても医者になる必要があります。そのためには、凡庸な頭では医者になるという最初の関門すら危うくなってしまいます。ですから、明晰な頭脳を持てる可能性が高いDNAを持つ父母を持つ必要があります。

実際にスピリチュアルカウンセリング を行ったお客様の中に、両親と過去生で全く縁がないのに、頭の良い肉体をもつために両親を選んだという方もいらっしゃいました。

つまり、「自分の人生の目標を達成するために、全く縁のない親を選んで、頭の良い体を意図的に選ぶこと」もあるのです。

「子供が真剣に勉強しないけど、大丈夫なのかしら」そんな悩みがあるときは、スピリチュアルカウンセリング で、お子様の特性を尋ねて、その上で対策を試みてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
自己愛と世間愛
隣人愛