お金

お金 | カレスティア
マンサクの花が咲きました

私達が地球に再生してくる理由の一つに、「地球でしか体験できないことを通して、自分はどのように考え行動するか、そして、正しい判断ができるかを試している」というのがあります。

霊界は地球ととてもそっくりなのですが、霊界にはないものもあります。その一つが「お金」です。

地球に生きる私達にとって、「お金」は必要不可欠です。

私達は肉体を持っていますので、食べ物をとり続けないと生きることができません。また肉体を保護し、暑さ寒さから身を護るために衣服が必要です。そして肉体を風雨から避けるために住まいが必要です。人が生きるのに最低限必要な衣食住を得るためには「お金」が必要です。

生を永らえるということを通して、私達は「お金」に対して、脅迫心を潜在的に持っているといっても過言ではありません。

また、「お金」には「目に見える」という特性があります。

お金がたくさんある、少ししかない、といったもやっとした感覚値ではなく、「預金が何千万円ある」とか「家中集めても何万円しかない」といった絶対的な数値として把握することができます。

さらに「お金」には「運」と呼ばれる不確かなものも作用します。

たとえば宝くじに当たる、相場で当てる、遺産を相続したというように、本人の努力とは関係ないことでも手に入れることもあります。

「お金」は本来、「人にどれだけ役立ったか」「人にどれだけ喜んでもらえたか」の対価です。

収入が少ないのであれば、「自分はその程度にしか人の役にも立ってないし、喜んでもらえてもいないんだ」と考えるべきです。それでよしとするならその収入に見合った生き方をする。それが嫌だと思うのなら、もっと人の役に立ち、喜んでもらえるように努力をするべきなのです。

もしあなたが、「宝くじがあたったらいいなあ。そうしたら、家を買おう、新車を買おう」と思っているとしたら、それは「努力が足りませんよ。もっと日々の自分を見つめ直しなさい」というサインかもしれません。

もしあなたが、「お金持ちの家に入って盗んでこようかな」「風俗で稼ごうかな」と、楽をして大金をつかもうと夢想してしまうのなら、お金というものの原理原則が理解できていないのかもしれません。生活に困窮しているわけでもないのにそう思ってしまうのなら、かなり重症です。

もしあなたが会社の経営者で、なるべく非正規雇用を増やし、スタッフは薄給で働かせ、自分の収入を少しでも増やしたいと思っているのなら、それは強欲です。

安定した収入があるにもかかわらず、「病気になったらどうしよう」「働けなくなったらどうしよう」という気持ちがいつも頭をよぎる方は、そういった強迫観念が湧き上がってくる原因を探ぐる必要があります。

「お金」に対して、自分はどのような感情を持っているか見つめ直してはいかがでしょうか。
あなたがこの地球で何をしに来ているのか、何に問題を抱えているのかがわかるかもしれません。

どうしていつもお金のことばかり考えてしまうのだろう。 そういったときは、あなたの過去生に理由があるのかもしれません。スピリチュアルカウンセリングで指導霊に尋ねてみてはいかがでしょか。 詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
富を得た経緯が大切
魂の浄化において清貧は必要か
仕事の意味を知る

コメントを残す