月別アーカイブ: 2015年9月

病(やまい)の原因

病(やまい)の原因

柿が色づいてきました

無事、ブラジルから帰ってまいりました。
お待たせてしていたお客様、本当に申し訳ありませんでした。張り切ってお仕事させていただきます。^^

今日は病(やまい)とスピリットヒーリングの関係について書こうと思います。

病にかかってしまうのは原因、つまり理由があります。
大きく分けると2つに分けることができます。

まず1つめ、
A.細菌やウィルスを原因とするもの。これは外因性で、本人が病の原因になっていません。
そして2つめ、
B.本人の心のありようや生き方を原因とするもの。
この2つです。

残念ながら、A.の病にはスピリットヒーリングは効力を発揮しません。医者や薬によって、病を直すしかありません。
スピリットヒーリングで有効なのはB.です。

実は、人を苦しめている病のほとんどはB.なのです。
では、B.には具体的にどんな病があるのでしょうか。
ガン、心臓病・心血栓症、脳血管疾患、糖尿、高血圧・低血圧、白内障、胃腸疾患・潰瘍、聴覚障害、ぜんそく、結石、子宮筋腫、ヘルニアなどなど、あげだしたらきりがありません。

これらB.の病は、本人自らが作り出している病なのです。

次回は、B.の病にかかる原因の一つ、「かたくなな心」を取り上げたいと思います。

長年苦しめられている病がある場合は、スピリットヒーリングを受けてみませんか?詳しくは「ヒーリング」をご覧ください。

ヒーリング

スピリットガイドのメッセージと自由意志

スピリットガイドのメッセージと自由意志

私はスピリチュアルカウンセラーとして、たくさんのクライアントさんとお会いし、たくさんのスピリットガイドとコンタクトをとっていますが、どのスピリットガイドも例外なく共通していることがあります。

それは、「スピリットガイドから、◯◯をしなさい」という命令が一切ないということです。

クライアントさんの悩みに対し、「それは◯◯が原因となって、今の状況になっているのですよ」とスピリットガイドが丁寧に説明してくれます。
そして、「◯◯のようにしたら、もっと状況が良くなりますよ。いかがですか?やってみますか?」と続きます。

場合によっては、「◯◯すると◯◯という結果になります。または◯◯とすることも可能で、その場合は◯◯という結果になります。どちらを選んでも良いのですよ。」と言われることもあります。

スピリットガイドが「◯◯しなさい」と命令したことは、私が記憶する限り一度もありません。

スピリットガイドが命令してしまい、クライアントがそれを丸呑みにして行動に移すと、まるで操り人形のようですね。
これでは自分の人生を生きているとは言い難くなります。

スピリットガイドは限りない愛を与えつつ、その人が気づき、より正しい行動がとれることをひたすら待っています。そう、忍耐です。

スピリチュアルカウンセリングという機会を利用して、気づきのチャンスを与えますが、それでも決して命令はしません。
これこそ、スピリットガイドの真実の愛なのだと思います。

「自分はなんのために生まれてきたのか?」そんな疑問がわいた時には、スピリットガイドのメッセージを聞いてみませんか。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

プラーナ

プラーナ

人も動物も、地球上の全ての生き物は食べ物と水だけで生きることはできません。

無意識のうちにプラーナというものを取り入れています。
いつ取り入れているのかというと、基本的には24時間、一日中取り入れているのですが、眠っている間は特にたくさんとり入れています。

では、プラーナとはいったいなんでしょうか?
それは「エネルギー」と言っていいでしょう。

エネルギーのソース(源)は人によって意見が少々別れるところではありますが、主という方と、宇宙という方、地球の磁場と言う方がいらっしゃいます。
・・・ちなみに私は主であって欲しいと思っています。

では、無意識に取り入れているプラーナを意図的に多く取り入れると生命エネルギーがさらに充満し、肉体も意識体も活発になるのでしょうか?

もちろん「Yes」です。

プラーナを積極的に取り入れる方法は以前にもご紹介した「チャクラの瞑想」をご覧ください。

プラーナが充満すると、オーラも大きくなりますので、防御力も高まります。
他人の波動を受け取ったり、人混みでつらい思いをしなくてすむようになります。

チャクラの瞑想は自分に行うマグネティックヒーリングです。良いことづくめですので、チャクラの瞑想を日々の習慣にしていただけるとうれしいです。

「自分はほんとうに自分らしい生き方をしているのだろうか?」そんな疑問がわいた時には、スピリットガイドの意見を聞いてみませんか。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ

ヒーリングを大別すると3つに分けられる

ヒーリングを大別すると3つに分けられる

ヒーリングにはたくさんの種類がありますが、使用するエネルギーを基準にすると、3つに分けることができます。

まず1つめは、マグネティックヒーリング。
これは地上のエネルギー、または宇宙、ソースといわれているものからのエネルギーをいったんヒーラーの体に通して、クライアントに注ぐものです。
レイキや気功がこれにあたります。
ここでいうマグネティックは磁気という意味ではありませんので、磁気ヒーリングと考えるのは妥当ではありません。

2つめは、サイキックヒーリング。
超能力によるヒーリングと思っていただいて良いと思います。
ヒーラーの超越的能力により、ヒーラー自身のエネルギーを使用して行うヒーリングです。
ヒーラーのエネルギーを使うため、連続して多くのクライアントをヒーリングするのが難しく、ヒーラーがエネルギー回復を行う必要があります。

そして3つめが、スピリットヒーリング。
ヒーラー自身のエネルギーはまったく使用しません。
ヒーラーが行うことは、スピリットドクターが活動しやすいように媒体に徹し、環境を作り上げていくことで、実際のヒーリングはスピリットドクターによって行われます。
ヒーラーは疲れを感じることがありませんので、連続してたくさんのクライアントをヒーリングすることが可能です。

体調がどうもおもわしくない。医者に行ってもなんともないと言われてしまう。
そういう時はスピリットヒーリングを受けてみてはいかがでしょか。
詳しくはヒーリングをご覧ください。

ヒーリング

菜食主義

菜食主義

スピリチュアリズム関連の勉強会に参加していると、ベジタリアンの方や、さらに厳格なビーガンの方が少なからずいらっしゃいます。
そして、菜食主義の方と食事に関するお話をしていると、ときどき違和感を感じることがあります。

というのは、「生き物を殺生するのは次元の低い行為だ。菜食主義は霊的レベルが高い」という話になる場合が多いのです。

でもそれって、本当なのでしょうか?

私たちは霊界にいる時は愛のエネルギー(プラーナ)を摂って命をつないでいます。ですから、殺生はしません。
でも現世界に生まれると肉体を持ちますので、この肉体を養うためには食事をとらないと生きていけません。
つまり、人は植物と違って、光合成ができないので、生き物の命を絶って食べることでしか、生きられないのです。

動物も魚介類も植物もすべては生き物であり、進化の違いこそあれ、スピリットが宿っています。野菜にももちろん、スピリットが宿り、霊的進化を重ねています。

菜食主義であっても、生命をちょうだいしているのだという感謝の気持ちを持っていただけたらうれしいなと思います。

「自分の人生の目的はなんだろう?」そんな疑問をもったときは、スピリットガイドからのメッセージを受け取ってみませんか。詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ