月別アーカイブ: 2019年5月

人生の反省は何回も行う

スイカズラ

スイカズラ

他界したあと霊界で、今まで送ってきた人生を反省するということは、このブログでも何回か紹介してきました。しかし、人生の反省は一度だけではないと言ったら驚くでしょうか?

私の複数いる指導霊達に尋ねたところ、いずれの指導霊も人生を二度にわたって、反省したと回答しました。そして、私の指導霊だけでなく、他の多くのスピリットも同様だそうです。

まず最初の反省では、自分が地球に生まれてから、両親に育てられ、幼少〜老年〜他界まで、どのような出来事があったのかを映像を見ながら、すっかり忘れてしまっているような小さなことまで克明に振り返ります。この時見る映像は、私たちが知っているビデオとは少し違っていて、言葉や行動だけでなく、当時、心の中でどのようなことを思っていたかまでが再現されます。

反省には指導霊も同席します。しかし、指導霊はあえて感想を言わず、本来はこうすべきだったという意見も述べません。
そして時折、「その判断は正しかったと思いますか?」と質問するのだそうです。そして聞かれた本人は、どのように考え、行動した方が良かったか意見を述べることになります。

霊界に時間はありませんが、一生分の反省を綿密に行うので、地球の時間で換算すると、数年から十数年かかることもあります。

そして指導霊は、この人には真理のこういった部分に思い違いがあるとか、不足があると判断すると、その部分を補うための教育に行くよう勧めます。

教育施設は各界にあって、教育専門のスピリットたちによって行われます。

施設は地球の学校とは少し様子が異なります。木造で、一見すると集会所のような小さなものです。教室には机や黒板はなく、少人数制で、机や黒板はありません。各人自由に座ります。そして、ケースワークや討論形式で授業が行われます。ときには屋外に出て授業を行うこともあります。

真理の教育は、足りなかった部分の補完が行われたと判断されるまで、数年かけて行われます。
そして、再び人生の反省を行うのです。

すると、最初の反省ではあまり重要だとは思っていなかったが、実は大切なことだと気がついたり、こうすべきだったという考えに変化が起こるのだそうです。

もし人生の反省が2回で終わったとしても、ここまでに20〜30年くらいかかってしまうこともあります。

つまり、私たちの一生はそれくらい貴重なものだということです。
毎日を大切に、納得のいく生き方をしたいですね。

「自分は悔いのない生き方をしているのだろうか?」
そう思った時は、スピリチュアルカウンセリング で、ミニ人生の反省を行ってみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
霊界で人生の振り返りを行う
動機が重要
霊界で人生の反省をどのように行うのか

タフな相手に囲まれる幸せ

タフな相手に囲まれる幸せ | カレスティア

ジャガイモの花

スピリチュアルカウンセリングを行っていると、「再生の計画が不十分だったのでは?」と感じる方がたまにいらっしゃいます。

たとえば、誰を父母にするかを決め、その両親と「○○をしたい」とか、「今までできなかった○○に取り組みたい」と、詳細を決めてあるにもかかわらず、パートナーに関しては「できれば一緒になりたいね」と雑談レベルだったり、本人は結婚したいと思いつつも、相手の了承をとらないまま、こちらの世界にきてしまっている、というようなことがあるのです。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

まず、私達は闇雲にこの世に生まれてきているわけではありません。

今までの過去生をしっかりと反省し、自分の問題点は、ある特定の人との間に発生するのか、それとも誰に対しても起こりうることなのかを解析します。そして、その原因はどこにあるのか、どうやったら乗り越えられるのかを検討し、綿密な計画を立てます。それらができたら、再生の準備を始めます。

しかしこの綿密さが、どうやら仇(あだ)になることがあるようなのです。

ある人との問題を解決したいと思ったとします。その人とのトラブルは親子としての関係で発生するものであり、姉妹、夫婦では起きないことがわかったとします。そういった場合、その人の子供として生まれる必要があります。

しかし、人が子供を産むことができる期間は、何十年もあるわけではありません。せいぜい10数年といったところでしょうか。

つまり、再生する時期はかなり狭い範囲で限定されてしまうというです。

一方、パートナーとなる人も過去生で縁があって、お互いにやるべき何かがある間柄であることが理想です。しかし、自分が生まれようとしている期間内にパートナーとして適任な人たちが、再生する予定がないことがあります。この場合、誰ともパートナーの約束をすることができずに、現世界に生まれて来ざるを得ません。

また、人生の反省や親との計画に時間をかけ過ぎてしまったため、パートナーを誰にし、何をするかまで手が回らなくなってしまうこともあります。この場合、この人をパートナーにしたいと思いつつも、再生のタイミングが迫っていて、相手から了承を得ることも、詳細な計画もたてられずに、現世界に来ることになってしまいます。

こう考えると、取り組むべき課題のある人たちを父母、パートナー、子供に迎えられるということは、とても幸運だと言ってもいいのかもしれませんね。

自分の再生の計画は万全だったのだろうか?
そう疑問を持った時は、スピリチュアルカウンセリング でご自身の指導霊に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくはホームページをご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています
人生の課題と願望、そして大志
「再生の計画」自分が困難を仕掛けた
「再生の計画」前世と親子関係について

弱点に気がつかない

弱点に気がつかない | カレスティア

「岡目八目」という言葉があります。

碁を打っている当事者よりも、はたで眺めている人のほうが、全体の局面をよく理解できるということから「第三者には、当事者よりもかえって物事の真相がよくわかる」という意味で使われます。

人生の課題においてもこの「岡目八目」がよくあります。

たとえば、自分はコミュニケーションはどちらかというと得意な方で、人ともうまくやっていけていると思っている人がいたとします。

しかし実際は、自分が言いたいことばかりを言っていて、必要な会話は何もできていなく、無駄な言葉を多く発して自己満足しているだけ。相手が何を思って、何が言いたいかは全く理解できていない。その結果、相手は顔にこそ出さないものの、苦手だ、できればつきあいたくないとさえ思われている、ということはよくあります。

こんなこともあります。

自分は集中力が高く、仕事ができる、と思っている人がいたとします。

しかし実際は、自分の仕事だけに没頭していて、チームのみんながどのような状態をなのかを見てないし、把握もしていない。その結果、チーム全体の足を引っ張っている。自分には達成感があるかもしれないが、同僚からは仕事ができないやつだ、できれば一緒に仕事をしたくないと思われている。こういうこともよくあります。

「自分はできている。全く問題ない。むしろ得意だ」と思っていることの中に課題があるということがよくあります。

こういった悲劇は、自分を客観的にみつめる冷静さに欠けているから起きるのです。

すべてを自分中心に考えずに、第三者の視点にたち、自身の行動や心の中を定期的にチェックすることを心がけてください。すると、思わぬことに気がつくかもしれません。

もし、赤面してしまうようなことが発見できたら、暗闇から抜け出し、一歩、前進できたと言ってもよいでしょう。あとは改善に向けて着手するのみです。

自分の課題とは一体、何なんだろう?
そう思ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、指導霊にご自身の課題を尋ねてみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

ヘブンリー・カフェ 6月開催のお知らせ

カレスティア渋谷サロン
ヘブンリー・カフェ 6月開催のお知らせ

6月9日(日)にカレスティアの渋谷サロンで瞑想と、紅茶を飲みながらのリラックスしたトーク交流会を行います。
ヘブンリー・カフェに参加するのがはじめてという方、カレスティアのスピリチュアルカウンセリングやミディアムシップをまだ受けたことがないという方も、もちろん歓迎です。

トークの話題としては、
・スピリチュアリズムに関すること
・魂の浄化について
・スピリットの世界

などなど、私、村田哲郎からの話はもちろん、参加していただいたみな様が体験した出来事や、日頃、疑問に思っていることを質問していただき、みな様の考えをうかがったり、村田はどのように考えるかなどを自由な感じでトーク交流したいと思います。ご希望の方は下記のリンクからお申し込みください。

日時
6月9日(日)14:00開始 16:00終了予定 定員になりました

場所 カレスティア 渋谷サロン ご予約の方に詳しい行き方地図をお送りします
費用 3,000円
内容 瞑想、トーク
募集人数 5名

ヘブンリー・カフェは4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に開催しています。