人生の課題と願望、そして志(こころざし)

人生の課題と願望、そして志 | カレスティア

名前の通り毎年お彼岸になると咲くのは、ちょっと不思議です

人はこの世に生まれるにあたって、「課題」「願望」「志(こころざし)」のいずれか、または複数をもって、生まれてきます。スピリチュアルカウンセリングの体験を通して言うと「どれもない」ということはなさそうです。

「課題」は、過去生において未達成だったことへの再チャレンジが多いようです。
たとえば、良好な関係を結べなかった人と、親子となって、しっかりと向き合わなければいけない状況を作り、今度こそ和解できるよう、背水の陣で臨んで生まれてきたり。

「願望」は、たとえば「お母さんに思いっきり甘えたい」というように、過去生で何らかの痛みを感じていて、それを癒したいという願いです。こういった思いを持った魂は、現世界に生まれてくるのに、勇気が必要とした場合が多いようです。

「志」は、さらなる発展を望んでいる魂です。
たとえば、医療や芸術など、過去生において何度も同じ種類の努力を続けていて、今世でもっと極めたいと思っています。
着目すべき点は、単なる自己満足ではなく、他人への奉仕など、人との関わりを大切にしていることです。

自分の課題、願望、志は何なのか、いまいちど、思い出してみませんか。

じっくりと振り返ってみたけれども、人生の目的や志がわからない時には、お客様のスピリットガイド(指導霊)に尋ねてみてはいかがでしょうか。
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

ホームページ


こちらの記事もよく読まれています
人生を生きる目的

コメントを残す