魂の状態は他人からわかる

魂の状態は他人からわかる | カレスティア

今年はクリがたくさんなりました

「魂とは行動や脳で考えている根本である」と前回、説明しました。

つまり、魂は目に見えないものなのですが、全く認知できないのかというと、そうでもありません。

こんな経験はないでしょうか。

◯◯さんの周りには、なぜか自然と人が集まって来る。
◯◯さんは愉快な人というわけでもないし、話が上手なわけでもない。いやむしろ、どちらかというとあまり話をしない方だ。なぜだろう?

これは、◯◯さんの魂がもつ温かさやおだやかさを人々が無意識のうちに感じ取り、◯◯さんの近くにいると癒されるとか、ホッとするといった体験を重ねているからなのです。

魂が持っている特性、これをスピリチュアリズムでは波動とか波長という言葉で表現します。そして、この波動(波長)をキャッチする能力を人は持っています。

次にこんな経験はないでしょうか。

△△さんは、整ったきれいな顔立ちなのに、なぜか険(けん)を感じる。決して、口が悪いわけでもないのに、なぜだろう?

これは、△△さんの魂の状態(心の中で思っていること)が、表情となって現れているからです。
きっと、△△さんが何にも考えないでぼうっとしている時や、おだやかな気持ちでいる時なら、もっと違った表情なのかもしれません。

けわしい魂の状態を長い年月に渡って続けていると、やがてシワとなって顔に刻み込まれていきます。ここまでくると、たとえおだやかな気持ちになったとしても、けわしさを感じる顔で固定されてしまいます。

魂の状態は本人の気づかないところで、他人に知られているものなのです。

自分の魂はどんな状態なのだろうか、良い状態といえるのだろうか?
そんな疑問を持ったときは、スピリチュアルカウンセリングで、ご自身の指導霊に相談してみてはいかがでしょうか
詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ

こちらの記事もよく読まれています
自分の霊格を知る方法
住んでいる街から、自分の霊格を知る方法
仲の良い友人から自分の霊格を知る方法

お読みの記事は連載記事です。カテゴリーで「スピリチュアリズム講座 入門編」を選択していただき、2017年8月25日の記事から時系列でお読みください。

コメントを残す